対応エリア

秋田県の交通事故発生状況

  平成25年 平成26年 前年度比
発生件数 2518 2270 -248
死者数 48 37 -11
負傷者数 3146 2819 -327

※国土交通省のデータ参考

秋田県の事故発生の背景

東北地方の中でも日本海側に位置する秋田県では、平成25年から26年の間の交通事故発生件数が2270件となっていて、前年度と比較すると248件減少しています。秋田県は全体の約90%は特別豪雪地帯に指定されていることから、雪が積もりやすいことが気候上の特徴となります。そのためか県内の一部道路は冬になると閉鎖されることがあり、該当区間にはバリケードやゲートが設置されて進入できなくなります。雪が降りやすい場所では運転に最大限の注意を払うようにしましょう。秋田県にお住まいの皆さんの中にはスタッドレスタイヤを装備するなどして、自動車を冬の時期に対応できるようにしている人も多いかと思いますが、それだけでは交通事故を防ぐことはできません。確かにスタッドレスタイヤは雪道の上でも安定しやすくなるようなタイヤなのですが、路面状況によってはスリップしてしまうことがあります。スリップを起こすと急には停止することができず、ハンドル操作が効かなくなるので、他の自動車や人、ガードレールなどあらゆる対象を相手に事故を起こしてしまうのです。秋田県は雪が積もりやすいのですが、雪道を運転する際はスタッドレスタイヤのような装備はもちろん、余裕を持った運転が何よりも大切です。

秋田県で廃車を処理する運輸局、陸運局、運輸支局

局名 秋田運輸支局 電話番号 050(5540)2012
管轄地域 秋田県全域 FAX番号 018(864)0250
取扱ナンバー 秋田
住所 〒010-0816 秋田県秋田市泉字登木74番地の3
アクセス ・JR秋田駅下車(約5km)
・秋田中央交通バス(新国道土崎行き、堀内行き、五城目行き、船川日鉱前行き)で運輸支局前下車、徒歩3分
受付時間 登録申請受付時間
8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間
8:45~11:45、12:45~15:45

秋田県の廃車手続きの流れに関して

お米で有名な秋田県。そこにはたくさんの方が農業を営まれています。こうした農地が多い地域の傾向として、交通手段が車に限定されやすいということがあります。秋田県でも車をよく使っているという人は多いのではないでしょうか?そのような場所だと少し面倒なのが、長く乗ってきた車や事故でボロボロになってしまった車を手放す時、いわゆる「廃車」にする時です。
廃車の手続きは秋田県では秋田運輸支局という、陸運局で行われます。書類も複数揃える必要があり、多い時だと10近い書類を集めなければなりません。
そのような書類をあちらこちら探しまわって集め、さらに地域によっては遠い陸運局へ持ち込むのはとても時間のかかる作業になります。
廃車を考える前に考えたいのが車の買取りサービスの利用です。車を廃車にするにもお金がかかりますが、売るとなればお金が帰ってきますし、車を廃車にする手間も省けます。
秋田県でもこうした車の買取りサービスを行っている業者も多いので、諦める前に一度相談してみても良いでしょう。しかしどうしても廃車にするしか方法が無いという場合は、廃車引取りサービスを利用してみましょう。
廃車の引取りサービスを利用すれば面倒な手続きにかける時間を省けます。また、廃車引取り業者が買取りを行っている場合もありますので、一緒に相談してみても良いかもしれませんね。

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼