お役立ちコラム

廃車の目安は10万キロって本当?

廃車 10万キロ
車の廃車のタイミングは一般的に10年もしくは10万キロだと言われています。

実はこれはあくまで目安であり、自動車の利用状況や、環境などで大きく変動します。耐久年数未満であっても扱い方に問題があれば早めに故障が発生しますし、大切にメンテナンスを行えば20年以上現役で活躍する自動車も多くあるのです。
 
また、廃車として出そうと思っていた自動車であっても、実は買い取れる場合がありますので、一度当サイトにお問い合わせください。
 
 

 
 

10年・10万キロはあくまでも目安

自動車の寿命は一般的に「10年・10万キロ」と言われています。これは目安であり、定期的なメンテナンスや乗車方法、環境、車の保管の仕方などで状態は大きく変動します。
 
最近の自動車は性能が向上しているため、一般的な頻度でのメンテナンスであっても10年以上や10万キロを超えた乗車も可能です。しかし、表面上や乗車中には気づかない痛みや劣化は存在します。定期的な点検は必ず行うことが大切です。
 
自動車は安全性が求められる精密機械です。実際に人を乗せて高速で動くため、道路の中央で停まってしまったり、突然ブレーキが利かなくなるなどの故障が発生してしまうと、大きな事故や運転者が加害者になってしまうだけでなく、被害者加害者の双方が亡くなってしまう可能性があります。車の耐久年数・走行距離は、一般的な扱いをした時に問題なく走行できる目安なのです。
 
また、この10万キロというのが浸透した背景には、メーカー保証が関係しています。一般的な自動車の特別保証が、新車登録から10万キロもしくは5年以内が多いからかもしれません。
 
 

車の本当の寿命は?廃車のタイミングを見極める

車の本当の寿命は?廃車のタイミングを見極める
車の寿命はいつなのでしょうか。日本では上記のとおり10年10万キロが浸透していますが、海外では全く違います。日本のように狭い国土内で運転する場合、運転方法がストップアンドゴーになります。道路の幅が狭い道が多く、信号機も多いため、停車回数が多くなります。
 
一方で広大な国土を持つアメリカではどうでしょうか。アメリカでは通勤外出で車を使用する際、長距離運転の頻度が高く、ものの数年程度で10万キロは優に超えてしまいます。10万キロ運転したから廃車…とはならず、海外では故障したパーツを交換することで半永久的に乗車するケースも少なくありません。
 
上記のように故障や不具合のあるパーツを交換するという条件下では、自動車の寿命・走行距離は存在しないことになります。どのタイミングで交換するのかは、現在使用している自動車の修理費用と、新車または中古車購入費用の金額の差や、個人のタイミングが一番の要因でしょう。
 
 

お得に廃車にできる方法があるのをご存知ですか?

10年落ちなどの自動車は、一般的な買取店舗やディーラーに価格査定をしてもらうと、下取り価格が急に下がってしまう場合があります。エンジンなどの各部品の経年劣化、長距離にわたって走行しているため、メンテナンスしなければならず、費用がかかってしまうので、中古業界であまり人気がなく、価値が下がってしまうからです。
 
下取りに出したら、値段が全くつかず、無料で引取なら可能と言われてしまったケースも多いようです。自身の愛車を「廃車」にする場合、気になるのは廃車費用です。廃車する自動車の状況によって費用が変動しますが、およその内訳は以下になります。
 
廃車にかかる総額 = 引取費 + 解体費 + 登録抹消費用 + 諸経費
 
廃車費用は総額およそ数万円ほどかかります。廃車にしてお金がかかるくらいなら…と無料で引き取ってもらう人も多いかもしれません。自動車を廃車にすると処分にお金がかかり、無料で引き取ってもらうと何も帰ってきませんが、実はこの2種類の方法以外に取れる3つ目の選択肢をご存じでしょうか。
 
 

廃車にするつもりが買い取ってもらえることも

廃車にするつもりが買い取ってもらえることも
実は廃車は買い取ってもらえることができます。日本では廃車扱いの自動車であっても上記で紹介した通り、海外ではまだまだ使用できる魅力のある車なのです。日本で使用されている車は耐久性・品質も高く、また使用者が丁寧に使う傾向にあります。特に日本車は海外でも人気なため、耐久年数が10年超えてしまっているものや、10万キロ以上の走行車でも、引き取り手は多くいるのです。
 
そのため、値段がつかなかった車や廃車でかえって費用がかかってしまうような自動車であっても、廃車の引き取り業者であれば、値段がつくことがあるのです。特にRV車や大型車両は人気が高く、見積りを行うと思わぬ金額がつくこともあるようです。
 
廃車の買取業者に見積りを行ってもらう際は必ず複数の業者から相見積りを行うようにしましょう。様々な業者から見積りを行うと、比較でき、引き取ってもらった際に受け取れる金額を上げれる可能性があります。また、買取業者を選ぶ際は、以下のような部分にも着目する必要があります。
 
・電話が何度もかかってきてしつこい
・見積書や説明が不明瞭
・突然担当者と連絡がつかなくなった
・廃車の依頼後に、末梢登録書がもらえるか
・車の納税通知書が送られてこないか
 
上記の5点やその他不審な点がある場合は、悪徳業者の可能性があります。見積りの金額が高額であったからと即決するのではなく、必ず複数の業者を比較して、慎重に取引することを心がけるようにしましょう。
 
 

まとめ

自動車は一般的に年数が10年、走行距離10万キロ経過すると、寿命と言われていますが、使用者のメンテナンスや環境などで変動します。寿命に近かったり、超えてしまった自動車は、値段がつかないことも多くあり、無料引取もしくは廃車費用がかかってしまう場合があります。
 
日本国内では人気がなく値段がつかないような車でも、海外では需要があります。そのためか廃車買取専門の業者であれば、値段がつくことがあり、買い取ってもらえることがあります。
 
廃車を行う際は車検の確認をしましょう。車検が残っている場合、自賠責保険料、自動車重量税の過払い分が還付される場合があります。また、複数の業者から相見積りを行うことが大切です。悪徳業者に遭遇するリスクの低下につながるだけでなく、買い取り金額がアップする場合があります。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。

最短翌日に引き取りにうかがいます!0800-805-8245
  • 無料引取依頼
  • 買取査定依頼