お役立ちコラム

普通車を廃車にする手続きの流れ

普通車を廃車にする手続きの流れ

車が必要ではなくなった場合、その車をどのようにすれば良いのでしょうか。使わないにも関わらずそのまま放置していると、自動車税などのランニングコストが掛かり続けてしまいます。そのため、必要のなくなった車は廃車にしてみてはいかがですか?

 

廃車にするための手続きにはいくつか種類があり、準備しなければいけないものも多くありますが、それぞれの手続きは状況や場面に応じて使い分けることもできます。

 

今回は廃車の主な手続きを3種類紹介しながら、それぞれの特徴もご紹介していきます。詳しい手順を知ることで、スムーズな廃車手続きを行うことができるようになります。

 

 

廃車の手続きは3種類

車を廃車にしたいと考えた際には、いくつかの手続きをしなくてはいけません。この手続きの方法は主に3種類あります。1つずつ確認していきましょう。

 

・一時抹消登録

一時抹消登録は、一時的に車を使わなくするために行う手続きのことです。主に海外出張や引っ越し、入院などで長期間車を使うことができない場合に使われます。一時抹消登録を行った場合でも、再登録をすることで再びその車を使用することができます。その際は再び車検を受けなければいけないので注意してください。

 

・永久抹消登録

永久抹消登録では、手続きをすればその車に乗れなくなります。事故や故障、老朽化などが原因で修復不可能になってしまった車などによく使われる手続きです。自然災害などが原因で、車の行方が分からなくなってしまった場合もこちらの手続きを使うことができます。

 

・輸出抹消登録

輸出抹消登録は、車を海外に輸出する際に行わなければいけない手続きです。

 

以上が廃車の際におこなう3種類の手続きになります。目的や内容が異なってくるので、状況に応じた手続きをしなければいけません。

 

一時抹消登録の手順

一時抹消登録の手順

一時抹消登録を行う際の大まかな手順は以下の通りです。

 

1.ナンバープレートの取り外し
2.必要な書類の準備
3.陸運局での手続き
4.ナンバープレートの返納
5.窓口に申請書の提出
6.自動車税の還付手続き

 

ナンバープレートは手続きの際にも必要になるので大切に保管してください。その他手続きで必要になる書類は以下の通りです。

 

・車の所有者の印鑑証明書
・実印
・申請書
・ナンバープレート2枚
・車検書
・銀行の振込先情報
・手数料納付書
・一時抹消登録申請書
・自動車税・自動車取得税申告書

 

手数料納付書や申請書は陸運局内で購入可能です。陸運局は基本的には平日の9時~16時まで営業しているため、時間内に手続きを行ってください。手続きの際には手数料が350円かかります。印紙を購入し、それを手数料納付書に貼りつけ提出します。

 

ナンバープレートを窓口に返却することで、確認印と確認シールを受け取ることができます。これを申請書とともに提出してください。これらが終わりましたら、持ってきた書類一式を窓口に提出します。

 

不備がなければ、一時抹消登録証明書を受け取ることができます。一時抹消登録証明書は永久抹消登録する際や、再登録する際に必要になるので、なくさないように保管しましょう。

 

最後に自動車税の還付手続きを行います。一時抹消登録では自動車重量税の還付はありませんが、自動車税の還付を受けることが可能です。こちらの手続きも陸運局内ですることが可能です。

 

永久抹消登録の手順

1.ナンバープレートの取り外し
2.車の解体
3.必要な書類の準備
4.陸運局での手続き
5.ナンバープレートの返納
6.窓口に申請所の提出
7.自動車税の還付手続き

 

永久抹消登録をする場合は、車の解体を業者に依頼しなくてはいけません。その際に、リサイクル料金の証明書となる自動車リサイクル券を受け取ってください。解体が終わり次第、業者から解体報告記録日の連絡をもらいます。解体報告記録日は手続きを行うときに必要になるので忘れないようにメモしておきましょう。

 

永久抹消登録を利用する際の書類は以下の通りです。

 

・車の所有者の印鑑証明書
・実印
・申請書
・ナンバープレート2枚
・車検書
・銀行の振込先情報
・自動車リサイクル券
・解体報告記録日、解体に係る移動報告番号

 

移動報告番号は、リサイクル料を支払った際に受け取る使用済み自動車引取証明書に記載されています。解体報告記録日と共に申請書に記入しなければいけないので準備しておきましょう。

 

陸運局での手続きは一時抹消登録の際と同様に、ナンバープレートの返納をし、必要書類を窓口に提出しますが、自動車税に関しては違いがあります。永久抹消登録では、車検が1か月以上残っている場合に自動車重量税の還付を受けることが可能です。自動車重量税還付申請書を窓口で受け取り、記入してから窓口に提出しましょう。

 

輸出抹消登録の手順

輸出抹消登録の手順

最後に輸出抹消登録の手順についてです。

 

1.運輸支局に申請
2.輸出抹消登録が済んだかの確認

 

輸出抹消登録を利用する場合は、輸出抹消仮登録を運輸支局等に申請しましょう。この申請は輸出をする6か月前から可能です。その後、運輸支局等から輸出抹消仮登録証か、輸出予定届出証明書が発行され、交付を受けたのち、税関に提示することで通関が可能になります。

 

輸出抹消仮登録証は輸出時に一時抹消登録がされていない場合に交付され、輸出予定届出証明書は一時登録抹消登録がされている場合に交付されます。輸出抹消仮登録証明書の交付を受けた自動車は、国土交通省により確認を受けます。税関に対して輸出をしたという事実の確認が取れれば、正式な輸出抹消登録となります。輸出抹消登録に関しては、車検は関係なく自動車重量税の還付もありません。

 

もし輸出抹消仮登録をしたにも関わらず輸出することなく、期限である6か月が過ぎた場合は、輸出抹消仮登録証を15日以内に運輸支局に送り返さなければいけません、返納が済めば、対象の車に一時抹消登録証明書が交付されます。

 

まとめ

車を廃車にするためには、一時抹消登録、永久抹消登録、輸出抹消登録の3つのうちどれか手続きをしなければいけません。それぞれの特徴を理解してくことで目的に合った廃車手続きをすることが可能です。

 

正しい手順で廃車手続きを行うことで、トラブルなく廃車にすることができます。さまざまな書類の提出や手続きがありますが、しっかりとした準備と知識を持って廃車を行いましょう。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。

最短翌日に引き取りにうかがいます!0800-805-8245
  • 無料引取依頼
  • 買取査定依頼