お役立ちコラム

廃車の手続きについて

車検切れした車を廃車にする方法と注意点

車検切れした車を廃車にする方法と注意点

 

「車検が切れた車をどう処分していいのかわからない…」「車検切れでも、公道を走らなければ問題ない」。このように車検切れの車を放置している方もいるのではないでしょうか。
しかし、車がボロボロだったり破損していたりする状態でも、車を所有していることに変わりはありません。つまり、車のナンバープレートを所有している限りは自動車税の支払い義務が生じるのです。

 

今回は、車検切れした車を放置するデメリット、そして廃車にするための手順と注意点についても解説していきます。

 

 

 

 

車検が切れたまま放置していると何が困る?

うっかり車検の時期を忘れていて、期間が過ぎてしまっていたとき。また、もう走れなくなった車を車検に通さなかったとき。そのまま車検切れの車をガレージに停めている人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、車検が切れた状態だとしても、毎年1年分の自動車税を支払う義務があるのです。この税金は車のナンバープレートに対してかけられるもので、車が古びた状態でも、支払いが滞ると税金未納とみなされてしまいます。

 

もう一度車検を通そうとした場合は、未納になっていた分の自動車税を支払う必要があります。また車検を通そうとしても車検が切れてしまった車は公道を走れないため、車検場に持っていくのも一苦労。こっそり運転していて警察に見つかった場合、免許停止の処分になります。さらに車検切れの車には保険も効かないので、事故を起こしてしまうと大変な金額を自分1人で背負うことになってしまいます。

 

上記のような事態を避けるためにも車検が切れた車は放置せず、運輸支局に出向いて正しい対処をおこなうことが大切です。運輸支局で廃車にする手続きをおこなえば、車検切れの期間に自動車税を支払う必要もなくなります。

 

 

車検切れしている場合の廃車の手続き方法とは

車検切れしている場合の廃車の手続き方法とは

車検切れの車を廃車にするには、「永久抹消登録」、「一時抹消登録」、「解体届出」の3つの方法があります。手続きは車を所有している本人しかできません。そのため、別の所有者の場合は、まず所有権の解除をすることが必要になります。その後、車の所有権を変更してから手続きをおこないましょう。

 

以下に各手続きの内容をご紹介します。

 

・永久抹消登録の手順

この手続きは、事故で車が大破した場合や災害に遭い使用できなくなった車などに対しておこないます。まず、印鑑証明書や車検証などの必要書類を持参して、お住まいの地域を担当している運輸支局に行きます。運輸支局の窓口で他に必要な用紙をもらえるため、その場で記入しましょう。

車のナンバープレートは返納窓口へ持っていき、返却後に手数料納付書に確認印をもらいます。全ての書類が揃ったら窓口へ提出。その後、自動車税、自動車取得税申告書を税の申告窓口へ提出してください。

 

・一時抹消登録の手順

名前の通り、仕事の長期出張や病気で入院した場合など、一時的に車を使用しない場合に手続きです。また車の売買を個人でおこなうときや車の下取りに出して車を手放す場合などもこちらの申請手続きが必要になります。

ナンバープレートの返却と確認印をもらう作業までは永久抹消登録と同様におこないます。その後、登録手数料にかかる印紙を場内の窓口で購入し、手数料納付書に貼付しましょう。一連の手続きが完了すると、通知書が交付されます。その後、自動車税、自動車取得税申告書を税の申告窓口へ提出してください。

 

・解体届出の手順

一時抹消登録が完了した後に、車を解体することがあります。その際におこなうのが、こちらの手続きです。手順は上記2つのパターンとほぼ同様です。書類を揃えて運輸支局に行き、残りの書類をすべて窓口に提出します。

 

 

車検切れの車はどうやって運ぶ?

先ほどご紹介したように、車検切れの車は公道を走ることができません。その場合、車を運びたい場合はどのような方法を選べばよいのでしょうか。まず考えられるのは積載車で運ぶ方法です。レンタカー会社から積載車を借りることも可能ですが、自分で運転するのが不安な方はロードサービスの業者に依頼してみましょう。

 

もうひとつは、仮ナンバーを取得して自分で運転する方法です。車の状態がよほど悪い場合は難しいですが、自走できる車には有効です。仮ナンバーには赤い斜線が入っており、これを付けていると最大5日間限定で公道を走ることが可能になります。

 

このときの注意点は、自賠責保険の加入をしなくてはならないということです。車検切れの車で事故を起こした場合はすべて自己責任になってしまうため、仮ナンバーを取得する際には必ずこの証書を提出しなければなりません。

 

保険会社から自賠責保険の証書をもらった後は、車検証や免許証を持って役所に向かいましょう。仮ナンバー発行の費用を支払えば手続きは完了です。

 

 

業者に引き取ってもらうメリット

業者に引き取ってもらうメリット

廃車を業者で引き取ってもらうと、どのようなメリットがあるのでしょうか。そもそも、価値のなくなった車を引き取ってもらうためには手数料を支払わないといけないのでは?と考える人も多いはず。しかし、引取り業者は廃車の活用方法を心得ているため、無料で引き取ってもらうことも可能なのです。

 

たとえば、廃車を解体してパーツの金属を売れば、業者にとっては利益となります。他にも人気のある車種や販売台数の多い車種の場合は、部品の供給源として保管されます。こういった価値が大きい場合は、無料引取りだけでなく、買い取りをしてもらえることもあるのです。

 

もし買い取りが可能であれば、思ってもみない収入になり、依頼側としても嬉しい驚きです。しかし、無料で引き取ってもらうだけでも解体費用や面倒な手続きを省くことができるため、大きなメリットとなります。

 

業者に依頼すれば、長年走行した車や事故車など、自走不可能な車も任せることができます。「自分であれこれ調べたり手続きをしたりする手間を省きたい」「この車でも買い取りしてもらえるのかな?」。このように車の処分でお悩みの方は、一度業者に連絡してみるとよいでしょう。

 

 

まとめ

車検が切れてしまった後も「手続きが面倒」と放置すると、後々さらに面倒な事態を引き起こしかねません。今回ご紹介したように、ご自分の状況に合わせて適切な対処をおこなってください。また、車検切れの車を移動する際には十分な注意が必要です。

 

たとえ運輸支局が近所にある場合でも、仮ナンバーを取得せずに運転して警察に見つかると「無車検者運行」として大きな処罰を受けることになります。車の運搬は積載車を利用するか、必ず仮ナンバーを装着するようにしてください。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。