お役立ちコラム

廃車の手続きについて

ローンが残っている車を売却することはできるのか

ローンが残っている車を売却することはできるのか

 

ローンが残っているにも関わらず、今の車をやむなしに売却する場合もあります。ローンの支払いが済んでいない車は売却できるのか?売却するにはどうすればいい?など、いくつかの疑問点を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は車のローンが残っていても売却することは可能です。

 

今回はローンが残っている車の売却方法をご紹介します。売却する際には所有権の問題があり、反してしまうと罪に問われる危険性があるため注意が必要です。正しい方法を理解することでトラブルに巻き込まれず、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

 

 

 

 

 

ローンが残っていても車は売れる!

ローンの支払いが残っていても車を売却することはできます。車の所有権は法律により定められており、保管管理の責任や所有権はその車の保有者にしかありません。誰が所有者なのかは車検証に記載されています。

 

車検証には「所有者」と「使用者」が記載されており、所有者の欄が自分の名前ではなかった場合は自由に売却することができません。あやまって売却してしまうと、横領罪や占有離脱横領罪などの罪に問われてしまう危険性があるため注意しましょう。ローンの有無は車の査定には無関係です。ローンが残っているからといって査定額が安くなるといったことはないので安心しましょう。

 

 

 

 

売却方法は車の所有者で変わる

売却方法は車の所有者で変わる
ローンが残っていたとしても車の売却は可能です。車の名義人によって売却方法は異なるため注意しましょう。

 

・自分所有の場合

車の所有権が自分であった場合は、売却手続きも比較的簡単におこなうことができます。自分だけでなく家族も同様です。これは銀行系ローンを利用している場合に多いですが、車を売却する権利は所有者にしかありません。そのため家族が所有者の場合は本人の同意を得て、委任状などの書類を準備しなくてはいけません。

 

利用しているローンによっては支払中の売却を禁止している場合もあるため、事前に確認をしておきましょう。車の売却ができたとしてもローン自体がなくなることがないため注意が必要です。

 

 

・ディーラーなどが所有の場合

ディーラーや中古車販売店でローンを購入すると、車検証の欄がローン会社やディーラー、クレジット会社の名義になります。自分が普段その車を使用していたとしても、所有者がディーラーなどになっている場合の所有権は法律上自分ではありません。そのため自由に車を売却することができなくなります。

 

所有者が自分ではない車を売却するためには、ディーラーやローン会社の持つ所有権を解除し、自分の名義にしなくてはいけません。ローン残積の返済は必要になりますが、車を売却することによって得た代金を支払いに利用することができます。

 

 

 

 

それぞれの売却方法

自分に所有権がない場合は、車の名義を自分に移さなくてはいけません。名義変更をする際には、いくつかの書類が必要になるためそれぞれ確認しておきましょう。

 

・自動車検査証(車検証)

・新旧所有者の印鑑証明書・委任状

・譲渡証明書

・納税証明証

・新たな所有者の車庫証明証

 

車検書は所有権が解除されることで自分名義に変更されます。印鑑証明書は発行から3か月以内のものが必要です。手続きを自分でおこなう場合には、旧所有者の印鑑証明証のみで手続きを進めることができます。委任状も同様に、自分でおこなう場合は旧所有者の委任状のみで良いですが、買取店などの業者に依頼する際は自分のものも必要になるため注意しましょう。

 

自動車税を納めていなければ名義の変更をすることができないため、納税証明証が必要になります。延滞金などが発生している場合は全て完納した後に発行するようにしましょう。譲渡証明証は所有権を解除した際にディーラーやローン会社から送ってもらいます。家族の名義を自分に変更する場合には、旧所有者である家族の押印も必要です。車庫証明証は、名義を家族から自分に変更した場合のみ必要となります。

 

 

これらの書類を準備することで、所有者が自分になり自由に売却することができるようになります。所有者が元々自分の場合でも書類がいくつか必要になるためご紹介します。

 

・自動車検査証(車検証)

・印鑑証明証

・自賠責保険証明証

・自動車納税証明証

・委任状

・車庫証明証

・実印

 

これらの書類を用意することで車の売却は可能です。売却は買取専門店やディーラーに依頼しましょう。所有者が自分でない場合は、手続きが異なるため注意が必要です。

 

 

 

 

車を買い替えるときの注意点

車を買い替えるときの注意点
所有者がディーラーや中古車販売店であった場合は、車の買い替えをする際に現在のローンを完済しなくてはいけません。完済することで所有権の解除をすることができます。そのため、買い替える際の売却代金は重要です。

 

査定額がローンを上回る場合は、査定額でローンの完済をおこなうことができるため、所有権の解除や売却をスムーズに進めることができます。しかし査定額がローン残積を下回った場合は、残りの金額を自分で支払わなくては所有権が解除されません。所有者が変更されなければ、買い替えもできないため注意が必要です。

 

業者で売却をおこなう際には、売却代金がいくらになるのかをしっかりと確認しておきましょう。売却後の負担を軽減するためにも、少しでも高く買い取ってもられる業者を選ぶことが重要です。

 

 

 

 

まとめ

ローンが残っていたとしても車を売却することは可能です。しかし車の所有者が誰であるのかが重要であるため、事前に確認しておくようにしましょう。

 

所有権を持っていないにも関わらず売却をしてしまうと、トラブルに巻き込まれる危険性があります。自分が所有者ではない場合は必要な書類を準備し、所有権を自分に変更してください。買い替えをおこなう際にはローン残積にも注意することで、売却後の負担を減らすこともできます。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。

最短翌日に引き取りにうかがいます!0800-805-8245
  • 無料引取依頼
  • 買取査定依頼