お役立ちコラム

事故車の廃車と修理、賢いのは?場合別に解説!

事故車の廃車と修理、賢いのは?場合別に解説!

自動車が激しく損傷したときには、修理をするか廃車にするかのどちらかを選択することになるでしょう。多くの人がお得な方を選びたいと考えるでしょうが、何を基準に判断すればよいのかわからないという方もいらっしゃると思います。損傷具合や車種、加入している保険の内容など、ケースによってお得な選択は変わってきます。

 

ここでは修理か廃車かを選択するために着目したいポイントについて紹介します。修理したほうがお得になるケースや廃車にしたほうがお得になるケースだけでなく、事前に知っておきたいそれぞれのデメリットなどについても紹介していきます。
ご自身のケースに照らし合わせ、どうするのが一番よい選択なのかを考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

廃車にする?修理に出す? 着目するポイントは?

事故に遭ったなどの理由で車が損傷した場合、軽度の傷であれば修理して乗り続けようと考えるでしょう。しかし、大きな損傷の場合は廃車にしたほうがよいのか迷うと思います。

 

    その際に着目したいのは、

  • ・修理費がどの程度かかるのか
  • ・自動車保険が適用されるのか
  • ・修理で元通り使用できるようになるのか
  • という3つの点です。

修理すれば直る損傷でも、あまりにも莫大な修理費がかかるのであれば、廃車にしたほうが費用は安く済むということがあります。しかし、加入している自動車保険が適用されれば修理費用を大幅に賄うことができることもあります。

 

また、損傷が激しいため修理をしても元通りにすることは難しかったり、少し違和感が残るため安全性が気になったりするというケースもあります。
廃車にするのか修理に出すのかを決めるには、費用と修復具合を細かく見極めることが重要です。

 

 

修理するほうがお得な場合

修理するほうがお得な場合

自動車保険によって修理費用が全額賄える場合、廃車買取をしてもらい車を新しく購入するよりも、修理するほうがお得になることがあります。

 

しかし、注意していただきたいのが、保険で賄える費用の限度です。
自動車保険に加入しているから修理費用は賄えるだろうと考える方もいらっしゃいますが、事故車の修理費は全額出してもらえないケースがあります。保険により賄える金額は、直したい車の市場価格によります。現在どのくらいの価格で購入できる車なのかで保険金額が変わるため、古い車であるほど市場価格が低く、賄える修理費も安くなります。

 

たとえば、50万円の修理費がかかるけれど、乗っていた車の市場価値が30万円である場合は、30万円までしか保険で賄うことができません。
しかし、保険特約の車両全損修理時特約などに入っている場合は市場価格以上の保険金を支払ってもらえることがあります。一度加入している保険内容についてチェックしてみましょう。

 

このように、修理を考えているときは、まずは修理費用と保険金額を確認し、廃車買取の金額がいくらになるのかも調査することが大切です。費用を調査した結果、修理費用を保険金で全額賄うことができる、または、賄えないとしても廃車にして買い替えるよりは修理費用のほうが安く済む場合には、修理に踏み切るとよいでしょう。

 

 

廃車にするほうがお得な場合

修理費を支払うよりも、廃車の買取金額を新車購入に充てたほうが安い費用で済む場合は、思い切って廃車にしましょう。

 

たとえば、フレーム部分の修理や交換が必要な場合には修理に高額なお金がかかります。高度な技術、また特別な設備が必要で、部品代も高額なため修理交換費用に100万円以上もかかってしまうことがあるのです。

 

また、事故の際にエンジンルームが水没した車も廃車にしたほうがよいでしょう。水没した車の修理は単純な破損よりも費用が高額になるからです。エンジンルームが錆びてしまうことで電気系統が故障するなど、この先また修理が必要になることも考えられます。タイヤが水に浸かった程度であればよいですが、シートに水が達するほどであれば今後のことも考え廃車にしたほうがよいでしょう。

 

 

修理・廃車のデメリット

修理・廃車のデメリット

事故車を修理した場合と廃車にした場合のどちらにも、発生しうるデメリットがあります。あとから問題が起こり後悔してしまわないよう、修理か廃車かを選択する前にデメリットについて知っておきましょう。

 

・修理をする場合のデメリット
一度事故車となり修理した車は「修復歴車」という扱いになります。修復歴車は売却時に買取価格が大幅に下がってしまいます。そのため数年後に売却して新しい車を購入しようとしても、買取価格が思っていたよりも低くなることがあります。
また、車両保険で修理費を賄ったために、翌年から保険料が高くなってしまうというケースもあります。車両保険金額を支払ってもらう前に、一度保険内容を見直すようにしましょう。

 

・廃車にするデメリット
場合によっては下取り価格がつかないことがあり、ただ廃車にして買い替えをすることになる可能性があります。
また、廃車登録をするのにリサイクル料を支払わなければならず、たいしてお得にならない場合もあります。

 

自分で廃車するのは難しい?廃車買い取り業者を利用する手もあります

廃車にしようと思ったときには、さまざまな手続きをおこなわなければならず、また処分するための解体費用がかかってしまいます。車のローンが残っており、車体の名義が販売店やローン会社にある場合は、ローンの組み換え手続きが非常に大変です。

 

廃車買い取り業者はこれらの面倒な手続きを代わりにおこないます。手続きにかかる手間や時間を無くすことができ、また解体費用がかかりません。車のローンが残っていても売却するまでの手続きを代わりにおこなってくれるため、手軽に売却することができます。
買取価格がつかないような事故車でも無料で引き取ってくれる業者も多く、自分で廃車にするよりもお得です。

 

 

まとめ

事故車を修理するか廃車にするかを判断するためには、修理費用がいくらかかるのか、保険でいくら賄えるのか、廃車にした場合にはいくらで買い取ってもらえるのかなど、調べるべきことがたくさんあります。面倒な作業ではありますが、この工程を怠ると思わぬ金額がかかってしまい損することもあります。どうするのが一番お得なのかを考え、修理か廃車かを選択しましょう。

 

廃車にする場合にはしなければならない手続きが非常に多いです。仕事の合間などにすべての手続きをおこなうのは非常に面倒ですし、だからといって長期間うやむやにしていると、車を使用していない期間にも税金がかかってしまったということも起こりかねません。廃車にするのであれば、廃車引取業者へ依頼して簡単に売却するなど、自分に合った方法を選択しましょう。

 

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。

最短翌日に引き取りにうかがいます!0800-805-8245
  • 無料引取依頼
  • 買取査定依頼