お役立ちコラム

故障した車、買取はしてくれる?知って納得。買取理由とは

故障した車、買取はしてくれる?知って納得。買取理由とは

 

故障車の処分に困っている方はいませんか?動かなくなった車や修理に出すと高額になるからといった理由で、今ある車を売りたい人もいるでしょう。

そこで疑問になるのが「故障車でも売れるの?「売れても安いのでは?」です。

 

車をずっと乗っていればいつかはどこか故障します。故障の症状で、修理をして再び乗るのか、売って新車を買うのかに分かれます。

小さな故障や、よほど思い入れのある車であれば修理もいいですが、大きな修理で費用が高額になる、ポンコツで乗るには不便となってしまったのなら手放す覚悟も必要です。

 

車を売る経験は人生で何度もなく、中には今回が初めてという方もいるでしょう。いざ売るとなったら知識がないため、どこで売るのか、どうやって売るのかなど何もわからないです。このような状態で売りに出せば損をしてしまう可能性も高いです。

 

今回は、故障車を買い取ってもらうために知っておくべき情報をお伝えします。

故障車を売ろうとしている人には、ぜひ読んでほしい内容が詰め込まれているので、最後までご覧になってください。

 

どんな故障車でも買取してくれるの?買取できる理由とは?

故障車だからといって買取ができないことはありません。どんなひどい故障車でも買取をしてくれる可能性はあります。しかし、なかには状態のレベルによって買取ができないという業者もいるので注意してください。

ではなぜ、動かないような車でも買取をしてくれるのか、カラクリを説明します。

 

買取と下取りの違い

まず、最初に知っておくべき「買取」と「下取り」についてですが、この2つは似ているようでまったくの別物です。買取は買取専門業者に車を売却しますが、下取りはディーラーに新しい車を購入する代わりに、引き取ってもらうことです。

 

〇買取のメリット

・高値で売却できる

複数の業者から見積もりを取ることで、買取価格を比較できるため一番高い金額をつけてくれた業者へ売却できます。

車の装備品に人気の物があれば、その分高く値をつけてくれる可能性もあります。

 

〇買取のデメリット

・値段が安定しない

市場価格が変動するため、価格が安定しません。

また、業者によって価格がバラバラなので自分で決めないといけません。

 

〇下取りのメリット

・手間がかからない

車を購入するときに一緒に手続きをしてくれるため、こちらが何もしなくても簡潔に終わります。

 

〇下取りのデメリット

・査定額が低い

買取と比べて安くなりがちです。ほかの業者で高値がついても、そこの基準に合わせて下取り額を変更してくれることはあまりありません。

 

日本の品質はトップレベル

日本の車は世界から見ても人気で、国内だけではなくあらゆる国で乗られています。これは日本の品質がトップレベルによいからで、耐久性にすぐれ何十万キロと走れます。とくに東南アジアでの人気は高く、街では日本の有名メーカーの車ばかりです。

 

そして日本の車検制度も高品質のひとつの理由です。海外ではそのような制度がないため、メンテナンスもされません。しかし日本は車検によって高水準な整備と修理がされるので、海外から見ると安全と信頼があります。このようなことから、品質のよい日本の車は海外で需要が高いのです。

 

部品が売れる

故障車でもとくに問題のないパーツは商品になります。海外では日本の車は人気なので、部品だけでも需要があります。

また、古い車種になると、メーカーも部品を持っていないため、こういったとき故障車でも部品のみ使えます。

 

素材が売れる

車の素材といえば、ほとんどが鉄でできています。内部の装飾品はプラスチックばかりですが、ボディーは頑丈な鉄のフレームが使用されています。金属は資源としてリサイクルもできるので、故障車でも事故車でもどんな車でも商品としての価値があります。

 

故障のレベルで買取額も変わる。査定ポイントを解説

故障のレベルで買取額も変わる。査定ポイントを解説

 

故障車は、普通の車よりも査定額が下がると思う方もいいですが、故障個所によっては査定にあまり響かないこともあります。次に箇所ごとの査定額を解説します。

 

バッテリー

バッテリー上がりの故障であれば査定額はあまり変わりません。充電で動くのであれば問題ないでしょう。まれにバッテリー交換になりますが、交換になると査定額がマイナスになります。

 

ライト

灯火ライトが切れているときは、球を交換する程度なので査定額はそんなに心配することはありません。

 

エアコン

エアコンとなると複雑そうな構造なので査定に響きそうですが、実はエアコンの修理は安価で済むことが多いのです。そのため査定でも普通の車と変わらないです。

 

傷やへこみ

傷やへこみを修理するのは、叩く・磨くといった工程で人件費としてみるとそんなに高くありません。そのため傷やへこみでは買取の影響は少ないでしょう。

 

エンジン

エンジンは車の重要部分なため、故障して修理になると大きな金額になります。そのため、買取査定にも響きそうですが、中にはこういった車専門の買取業者もあるため、専門に依頼するとあまり価格が下がることもないのです。

 

高額査定をしてもらうためのコツをご紹介

愛車を売るなら少しでも高く売りたい、と誰でも思います。

ちょっとしたコツを抑えるだけで、高額査定につながります。ぜひ試してみてください。

 

洗車をしよう

汚れているから安くなることはありませんが、やはり見た目がきれいであれば印象もよくなります。

外見だけではなく、車内も整理整頓がされているとどのように車を扱ってきたかも見えてきます。雑に扱ってきたのか、大切にしてきたのか、後者のタイプでいたほうがよいでしょう。

 

アピールポイントは?

いざ査定が始まったとき、何を伝えるか自分でアピールポイントを抑えておきましょう。どんなオプションがついているか、純正品はあるか、そして売却するのにこちらの条件がもしあるなら、きちんと伝えておきましょう。

 

保証書と整備記録

もし自分が中古車を買うなら、前のオーナーの乗り方が気になります。保証を受けるための保証書と、これまでに行った整備について記録されている整備記録があるとないとでは、断然売りやすくなります。準備をしておきましょう。

 

純正品の用意

パーツを交換して社外品を使用している方も多いでしょう。純正品は処分せず、保管しておいてください。査定前には純正品のパーツがあるかの確をして査定をだします。

 

パーツは外さない

車にこだわり、カスタマイズされている方は、社外品パーツがついているでしょう。それらは査定にだすとき、取り外さないでそのままだしてください。むしろそのカスタマイズの市場価値があれば、査定額も上がる可能性があります。

 

修理をしない

ちょっとした傷やへこみなら保障内で修理できることがあります。そのようなときは、その箇所だけ修理をし、それ以上の修理はしないでください。

修理をしても修理代が査定額に乗せられることはありません。修理期間が長いと、その間にいつのまにか市場価値が下がっていた、ということもあります。

 

事故歴、故障を隠さない

事故歴があると査定に響きそうだから…と隠すことはやめましょう。必ずあとからわかるものです。事故歴・修理歴はちゃんと申告してください。あとあとトラブルになりかねません。

 

査定から売却の流れを把握しよう

査定から売却の流れを把握しよう

 

ここでは査定から売却までの流れを説明します。

車を売却するとき、自分が何をしたらよいか知ることで、スムーズにことが運びます。

売却に必要な書類も紹介しているので忘れないようにしてください。

 

1. 査定する業者を選ぶ

どこで査定をしてもらうのか決めます。一括見積もりで比較しながら、自分が納得できる業者を厳選しましょう。

 

2. 愛車をきれいにする

査定をする前に、洗車や掃除をしてきれいにしておきましょう。小さな傷やへこみも簡単に修復できるなら、市販のアイテムで手を加えておきましょう。

 

3. 業者に言うべきことは伝える

愛車のアピールポイントを伝えることで、重点的によい部分を見てもらえます。また希望価格を直接伝えると、業者も要望に沿えるよう頑張ってくれえるかもしれません。注意点は、相場より安く伝えると足元を見られ、低価格をつけられる恐れもあります。

 

4. 書類の手続き

・自動車検証

・自賠責保険証明書

・自動車納税証明書

・印鑑登録証明書

・リサイクル券

 

これらが売却には必要です。中には準備に時間がかかる書類もあるため、あらかじめ余裕をもって揃えておいてください。

 

5. 入金

査定が終わり手放したら、あとは業者からの入金です。ディーラーの下取り売却だと、次の車の購入式になりますが、買取業者での売却なら自由なお金です。

 

悪徳業者にひっかからない!売るとき注意すべき点は?

業者の中には人をだまし、自分たちの儲けのみを考えて安く査定をする悪徳業者も存在しています。このような業者にだまされないように注意点をまとめてみました。

 

・買取額を比較する

一括査定で複数の業者から見積もりをもらうことで相場がわかります。その中から、いちばん高額な業者を選ぶことも自由です。ただし高額でも相場から大きく外れた業者はやめましょう。あとから結局低額にするなど、トラブルがある可能性が考えられます。

 

・査定に来たときの対応

目で見るだけではなく、持ち主との会話の中で確認できることもあります。優良な業者は知識があるため、車の状態についてわかりやすく説明してくれます。よい点も悪い点もはっきりいってくれる業者にしましょう。

 

・査定時間

早くても10分はかかります。査定はちょっと見て終わるような仕事ではありません。エンジンの様子など、中もしっかりどのような状態か確認が必要です。30分もかけてくれると丁寧に見てくれている証拠です。

 

まとめ

思い出のつまった愛車を手放すときは、できるだけよい条件とよい業者に出会うことですっきりとお別れができます。一括査定で相場をだし、一番の高額で売るのももちろんよいですが、それ以上に大切なのは信頼できる業者であることです。

 

ディーラーでは受け付けてくれないような故障車でも、専門業者なら喜んで対応してくれるでしょう。そしてあなたの愛車の一部が世界のあちらこちらに現役で活躍してくれるのなら、思い残すことはありません。

 

故障車でも買取はできます。

ぜひ今回の記事を参考に、高額査定ポイントを抑え、信頼できる買取業者を選んでください。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。