お役立ちコラム

廃車にかかる費用は?廃車するときの流れや必要なものを紹介します

廃車にかかる費用は?廃車するときの流れや必要なものを紹介します

 

自動車を「廃車」にするには、時間と手間と費用がかかるのが一般的なイメージではないでしょうか。実際に、選ぶ方法によっては費用がかさみますし、手続きもかなり複雑です。しかし、「廃車」のシステムを理解した上で適した手段を選ぶことで、かかる労力や最終的な利益が全く違ってくるのです。

 

廃車にする手段は、大きく分けて2つあります。自分で廃車手続きをする方法と、廃車業者に依頼する方法で、それぞれにメリット・デメリットがあります。そこで今回はどちらの方法が自分に合っているのか、廃車までの流れをご紹介します。きっと納得できる方法が見つかるでしょう。

 

 

出費ばかりじゃないかも?廃車の費用とシステムを知ろう

まずは「廃車」とはどういった状態のことで、手続きを行う前にどんなことを知っておくべきなのか。廃車の基準と、お金に関する注意点を簡単に説明します。

 

廃車と判断する基準は?

事故車、もしくは故障車で、買取りがほぼ望めないものを廃車とみなすのが一般的です。また、単に車検が切れて放置しているだけの車や、スクラップにしただけの場合は廃車したことになりません。車を「廃車」とするには、後にご紹介する登録抹消などを行い、正式な書類手続きをすべて完了させる必要があります。

 

還付金が戻ってくる?

廃車手続きをすると、還付金が戻ってくることはご存知でしたか?きちんと手続きを終えることで、前払いした状態になっている自動車税・自動車重量税などが、抹消登録日の翌月から3月までの月割り金額が還付されます。ただ、軽自動車税については制度上、還付を受けられません。

 

廃車手続きすると受け取れる還付金の目安は、自動車税還付金+自動車重量税還付金と、自賠責保険などの還付金を足した金額になります。

 

廃車でも買取してもらえる方法がある!

廃車は「車として再販」するか、「パーツとして再販」するかによって、買取価格は全く違ったものになります。廃車扱いとなった車をディーラーや車販売業者などに下取り査定に出してしまうと、値段がつかないばかりか処分費を払うことになる可能性があります。

 

廃車処分で利益を得るには、廃車買取業者や廃車工場に見積りを依頼し、タイヤやバンパー、ガラスなどの原材料や、バッテリーなどの部品に価値を付けてもらいましょう。処分費がマイナスから一気にプラスになる可能性があります。

 

廃車手続きの流れを紹介します

廃車手続きの流れを紹介します

 

廃車手続きを行うには、車の使用開始時に登録した「車籍」を抹消して、最終的にはナンバープレートを取り外して廃棄する必要があります。完了までは各種費用と複雑な手続きが必要になりますので、事前に流れを抑えておくとよいでしょう。

 

自分で手続きを行う場合

廃車手続きを行う運輸支局は平日のみの運営ですので、平日の都合がつかない場合は休みを取って申請しに行くことになります。

 

  • ① 必要書類と手数料を用意する
  • ② 解体業者(廃車買取業者)を決める
  • ③ 解体業者に依頼するなら解体費用を用意する
  • ④ 解体業者に自動車を持ち込む
  • ⑤ ナンバープレートと解体報告書を受け取る
  • ⑥ 運輸支局で手続きとナンバープレートの返納を行う
  • ⑦ 抹消登録申請書を購入し、記入する
  • ⑧ 必要書類を提出する
  • ⑨ 手数料納付書にサインをする
  • ⑩ 保険の解約手続きをする
  • ⑪ 還付金の受け取り手続きをする

 

運輸支局での複雑な手続きは行政書士に依頼することもできますが、事前に依頼先を探しておく必要があり、別途費用も必要です。

 

業者に任せる場合

事故等を起こしてしまい修理したとしても、中古車販売店では買い取ってもらえなかった自動車だとしても、廃車買取業者であれば価格がつくことが多いです。 廃車手続きなども業者が行ってくれるので、自分で面倒な手続きなどをしなくてもよいので便利です。

 

  • ① 比較サイトなどで無料一括査定をする
  • ② 査定額を比較し希望の業者を決める
  • ③ 業者から指定された書類を用意
  • ④ 業者が車を引き取りに来てくれる
  • ⑤ 売却料を受け取る
  • ⑥ 保険の解約手続きをする

 

廃車にするときにかかる費用と、注意したいこと

・廃車を行うには「自動車リサイクル券(預託証明書)」が必要

今まで使用してきた車には、自動車リサイクル料金がすでに支払ってあります。その際に発行された自動車リサイクル券(預託証明書)はきちんと保管してありますか?もし見つからなければ専用のサイトにアクセスして、「自動車リサイクル料金の預託状況」を検索してみてください。リサイクル料金検索で車検証にある車台情報、登録情報を入力すれば印刷できます。

 

・フロンガスリサイクル料金のチェック

エアコンのフロンガスのリサイクル料が、未払いになっている場合がまれにあります。こちらも専用のサイトで原状を確認することができますので、事前に調べておくと安心です。

 

・車検切れだと公道を走れず、廃車の引き渡しで大出費に

廃車予定の車を放置している間に車検が切れてしまうと大変です。車検切れの車は運転はもちろん、牽引でも公道を走れません。うっかりこのような事態で積載車に積むしかなくなると、思わぬ費用と手間がかかってしまいます。

 

廃車に関するよくある質問や注意点

廃車に関するよくある質問や注意点

 

廃車手続きに関する質問でよくあるものの一部をまとめます。この他、ケースによって答えが大きく変わってくる質問などについては、ディーラーや役所、廃車業者などに問合せてみるとよいでしょう。

 

車検が切れていても廃車手続きできる?

廃車手続きに限定して言えば、有効期限切れの車検証でも行えます。しかし上記でも触れた通り、車検が切れた車は行動が走れず、自分では業者に持ち込めなくなってしまいます。

 

その場合は積載車に来てもらうか、市役所に臨時運行許可申請を行いましょう。 公道を一時的に運行できる臨時運行許可証と、仮ナンバーの貸し出しを受けることができます。(自賠責保険に加入している車であることが条件です)

 

ローンが残っていても廃車手続きできる?

廃車予定の車の所有者が自分であれば手続き可能です。廃車手続き後もローンの残りがある場合は、引き続き支払う必要があります。所有者が自分でなくディーラーや信販会社である場合は、ローンが完済していても所有者の印鑑証明書や委任状等がなければ、廃車手続きを行うことはできません。

 

ローンを支払っている途中であれば、ディーラーや信販会社が所有者になっていることが一般的ですので、ローンの借り換えなどを所有者に相談するのがよいでしょう。

 

廃車の解体は自分でやってもよい?

車を解体するには自動車リサイクル法により許可が必要ですので、解体の技術があったとしても無許可ではできません。車に取り付けされているナビやステレオなどを勝手に取り外すことは法令違反にあたるのです。

 

違反者は3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金が科されますので、自分での解体や部品の売却は絶対に行わないようにしましょう。

 

まとめ

廃車手続きには還付金の確認や、諸費用の準備、解体業者探しと最後の複雑な手続きなど、なかなか大変な工程が待っています。手順や方法をいくつかご紹介しましたが、自分にとって一番損のない廃車の方法は分かりましたか?

 

ケースによって、自分で廃車手続きをした方がお得になる場合もあり、逆にそれではマイナスになってしまう場合もあります。しかし、廃車買取業者に依頼することで売却利益を出すことができ、難しい手続きも無料代行してもらえる業者が多いため満足度が全く違ってくるでしょう。

 

車検切れで移動もままならない車も請け負ってくれますので、自分で必死に手続きしたり費用をかけてレッカー車を呼んだりするくらいなら、ぜひ一度無料査定などで廃車買取業者を比較検討してみてください。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。