対応エリア

神奈川県の交通事故発生状況

  平成25年 平成26年 前年度比
発生件数 33847 30434 -3413
死者数 168 185 17
負傷者数 40389 35998 -4391

※国土交通省のデータ参考

神奈川県の事故発生の背景

日本の中でも2番目に多い人口を誇っている都道府県が、神奈川県です。東京都とは隣接する関係にあり、首都高速道路湾岸線や国道1号線などで繋がっています。通勤や通学のために自動車で東京都まで向かう人も多いかと思いますが、神奈川県内を移動するよりも時間がかかりやすく、運転に疲れてしまうこともあるでしょう。人は疲労した状態で自動車を運転すると、判断力が鈍ってしまいます。皆さんもぼうっとしていて、曲がらなければならない信号を直進してしまった経験などがあるかと思います。判断力の鈍りは交通事故を発生させかねません。神奈川県では平成25年から26年にかけての交通事故発生数が30434件となっていて、これは関東地方内では東京都・埼玉県に次いで多いのです。夕暮れ時は視界が悪くなって人の動きが見えづらくなり、夜になると余計に見えにくくなるため、ヘッドライトをきちんと点灯させて前方の状況を確認しましょう。ヘッドライトやテールランプは消耗品のため、切れてしまったら交換をして安全に運転できるようにしてください。神奈川県は人口の多さから交通事故も多いのですが、運転に疲れたら休息を取るなどの工夫をしていくことが大切です。

神奈川県で廃車を処理する運輸局、陸運局、運輸支局

局名 関東運輸局 電話番号 代表:045(211)7204
管理課:045(211)7253
技術課:045(211)7255
整備課:045(211)7254
保安・環境課:045(211)7256
管轄地域 東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、千葉県、茨城県、栃木県、山梨県 FAX番号 045(201)8813
取扱ナンバー 水戸、土浦、つくば、宇都宮、那須、とちぎ、群馬、前橋、高崎、大宮、川口、所沢、川越、熊谷、春日部、越谷、千葉、成田、習志野、袖ヶ浦、野田、柏、品川、世田谷、練馬、杉並、足立、八王子、多摩、横浜、川崎、湘南、相模、山梨、富士山
住所 〒231-8433 神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57番地 横浜第2合同庁舎
アクセス ・みなとみらい線「馬車道駅下車」4番・2番出口よりすぐ
・JR根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町駅下車」徒歩10分
・JR根岸線横浜市営地下鉄「関内駅下車」徒歩15分
受付時間 開庁時間
8:30~12:00、13:00~18:15(平日)
局名 湘南自動車検査登録事務所 電話番号 050(5540)2038
管轄地域 平塚市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、南足柄市、高座郡、中郡、足柄上郡、足柄下郡 FAX番号 0463(54)9040
取扱ナンバー 横浜、川崎、湘南、相模
住所 〒254-0082
神奈川県平塚市東豊田字道下369番10
アクセス ・JR平塚駅北口 (神奈川中央交通バス)4番線
平65系統(大島経由田村車庫行)
湘南車検場前下車、徒歩2分
受付時間 登録申請受付時間
8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間
8:45~11:45、12:45~15:45

神奈川県の廃車手続きの流れに関して

長い間車に乗り続けていると、車の様々な部分が劣化してきます。車をこまめにメンテナンスしていれば、長く乗り続けることが出来るのですが、仕事で忙しいという方は車をメンテナンスする時間もありません。そのため、10万キロほど走った車は、様々な部分に支障をきたして、ほとんど買取に出しても良い値が付きません。そうなると自動的に廃車の手続きを行わなければならなくなります。自分で廃車の手続きを行う場合は以下のような手順を踏みます。

・解体業者に車の解体をお願いする
・自動車の廃車手続きを行うために、陸運局などにもっていく必要な書類を集める
・陸運局の窓口で廃車手続きを行う

全ての作業を別々のところで行わなければならないことや、書類を集めて記入するというだけで大変な時間がかかってしまうため、仕事で忙しく働いている人にとっては大変な作業となってしまいます。そこで廃車手続きを業者に任せるという方も多いようです。神奈川県でも多くの廃車引取り業者が存在しており、陸運局が遠すぎるので、自分では手続きが行えないという人も利用しています。お困りの方は一度神奈川県内の廃車引取り業者について調べてみてはいかがでしょうか。

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼