対応エリア

長崎市の交通事故発生状況

  平成25年 平成26年 前年度比
発生件数 2605 2300 -305
死者数 10 10 0
負傷者数 3212 2857 -355

※長崎市統計年鑑平成27年版のデータ参考

長崎市の事故発生の背景

かつて南蛮貿易が行なわれ、コーヒーやジャガイモなどの食べ物が伝来したことで知られる都市が、長崎市です。市内には6つの国道が通り、重要な道路として活用されていますが、一部の区間では路面電車が自動車と一緒に走行していることが特徴です。路面電車は市民の足として欠かせない存在ですが、それと自動車が衝突するような事故が発生しています。このような事故が起こる理由には、信号無視や、前方をしっかり確認していないなどの基本的な動作が欠けていたことが挙げられます。車道と線路は柵などで区切られていないので、この中へ誤って入ったことによる事故もあります。路面電車へ乗り降りする人が道路を歩くこともありますが、その際に接触する事故も起きています。長崎市では平成25年から26年にかけて2300件の交通事故が発生していて、前年度よりは305件減っています。市内中心部はターミナル駅や官公庁の存在からどうしても混雑しやすいのですが、そこが事故多発地点となっているのです。場所によっては信号待ちの時間が長かったり、渋滞を起こしやすかったりしますが、そこでも安全に通行できるよう、安全確認を欠かさずにしていきましょう。

長崎市で廃車を処理する運輸局、陸運局、運輸支局

局名 長崎運輸支局(東長崎庁舎) 電話番号 050(5540)2083
管轄地域 長崎市、島原市、諫早市、大村市、雲仙市、五島市、南高来郡、南松浦郡、西彼杵郡 FAX番号 095(839)4804
取扱ナンバー 長崎、佐世保
住所 〒851-0103
長崎県長崎市中里町1368番地
アクセス ・JR長崎本線「長崎」駅下車(約17km)県営バス(諌早行)で「つつじが丘入り口」バス停下車、徒歩3分
・JR長崎本線「諌早」駅下車(約10km)県営バス(長崎行)で「つつじが丘入り口」バス停下車、徒歩3分
・JR長崎本線「市布」駅下車(約2km)徒歩
受付時間 登録申請受付時間
8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間
8:45~11:45、13:00~15:30

長崎市の廃車手続きの流れに関して

長崎市は異国情緒溢れる港町、江戸時代以降に貿易港であった影響からこの特長的な街並みが生まれました。3方向を山に囲まれていることから、長崎市は勾配が多く、移動方法はもっぱら自動車やオートバイになります。この車の買い替えの指標の一つに、走行距離が挙げられるかと思います。走行距離10万キロメートルを境にして、中古の買取り価格は大きく変化するのです。もちろん、中古としての価値が下がったとしても、パーツの価値が残っている場合が多々あるかと思います。その場合、廃車引取りを考えてみてはいかがでしょうか。状態によっては買取をしてもらえる場合もあるようです。
廃車扱いにするには走行「できない」車、つまり自動車に走行できないという印を付けなければなりません。そのため、ナンバープレートや所有者・自動車の書類を持って陸運局で手続きを行います。
廃車手続きを行うメリットは、税金などの維持費対策になります。走行できない車に対してかかる自動車税はありませんので、廃車状態にすることで、課税を防ぐことができるのです。また、廃車引取りを利用することで、駐車場の料金や各種維持費用も抑えることが出来ますので、積極的に利用したいですね。
自動車やオートバイの利用頻度が高い長崎市では自動車の走行距離が延び、自動車の買い替えの頻度も高くなりがちです。廃車手続きを利用して、賢く買い替えを行ってみてはいかがでしょうか。

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼