対応エリア

沖縄県の交通事故発生状況

  平成25年 平成26年 前年度比
発生件数 6664 6242 -422
死者数 52 36 -16
負傷者数 7906 7523 -383

※国土交通省のデータ参考

沖縄県の事故発生の背景

国内でも最南端に位置している都道府県が、沖縄県です。2003年に「ゆいレール」と呼ばれるモノレールが開通するまで鉄道路線が長らく無かったため、車社会になっていることが特徴です。自動車は便利な移動手段ですが交通事故を引き起こすこともあり、沖縄県では平成25年から26年にかけて6242件の交通事故が発生しています。特に追突事故が多いようで、その原因としては慢性的な渋滞が挙げられます。車社会として自動車の台数が多くなっていますが、朝晩のラッシュ時は県内各所に通勤客が集まり、なかなか先へ進めなくなります。進まないからといってスマートフォンやカーナビなどに注視したり、ぼうっとしたりと注意不足から追突事故に繋がるのです。沖縄県は物流に関しても自動車が主要な存在なので、道路では荷物の積み下ろしのために停車するトラックもよく見かけますが、これに誤って追突する事故もあるようです。トラックやバスなどの大型車両を無理に追い越すことで、反対車線の自動車と衝突事故を引き起こすケースも報告されています。沖縄県は車社会ですが、安全運転は欠かせないといえます。飲酒運転から起こった事故も多いようで、県のシンボルといえるシーサーを使った看板を警察署が立てるなど、飲酒運転を減らす取り組みも続いています。

沖縄県で廃車を処理する運輸局、陸運局、運輸支局

局名 沖縄総合事務局運輸部 電話番号 代表:098(866)0031
車両安全課:098(866)1837
管轄地域 沖縄県全域 FAX番号 098(860)2369
取扱ナンバー 沖縄
住所 〒900-0006
沖縄県那覇市おもろまち2-1-1 那覇第2地方合同庁舎2号館
アクセス ・那覇空港から沖縄都市モノレール(約9Km)で、おもろまち駅下車徒歩約15分
・合同庁舎前バス停徒歩1分
受付時間 -
局名 宮古運輸事務所 電話番号 050(5540)2092
管轄地域 宮古島市、宮古郡 FAX番号 0980(73)3861
取扱ナンバー 沖縄
住所 〒906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里1037番地の1
アクセス ・利用交通機関・宮古空港から(4km)
タクシー(12~13分)
受付時間 登録申請受付時間
8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間
8:45~11:45、12:45~15:45
局名 八重山運輸事務所 電話番号 050(5540)2093
管轄地域 石垣市、八重山郡 FAX番号 0980(83)5065
取扱ナンバー 沖縄
住所 〒907-0002
沖縄県石垣市字真栄里863番地15
アクセス ・石垣空港から(約12km)、タクシー利用(20~25分)
・石垣港から(約4km)、タクシー利用(約10分)
受付時間 登録申請受付時間
8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間
8:45~11:45、13:00~15:45

沖縄県の廃車手続きの流れに関して

広くて美しい海がたくさんあることから、毎年日本国内外から多くの観光客が訪れるのが沖縄県です。沖縄県には全体的に電車がほとんど通っていないため、主な交通手段は車となっています。また、観光客向けにレンタカーショップも多くなっています。こうした車を多く使用する地域では、それだけ事故も多くなります。事故をしても車が破損した部分が一部であれば良いのですが、取り返しが付かないほど大きく破損してしまった車は廃車になってしまうこともあります。こうなると廃車の手続きを行うのですが、廃車手続きを自分達で行おうとすると以下のような流れを必要とします。
・解体業者に車を預かってもらいナンバープレートを外してもらう
・陸運局で一時登録抹消登録を行う
・解体してもらう
・解体届を陸運局に届けに行く
この流れだけでも2度も陸運局に行かなければならないことと、解体業者を自分で探さなければならないことが分かります。また、書類の中には印鑑証明書のように役所で発行してもらうものもありますので、手続きには長い時で数日かかることが予想されます。忙しく働いている方には大変な作業になってしまいます。沖縄県では多くの方が廃車引取り業者で廃車にする作業を任せています。特に陸運局が遠くて何度も手続きをしていられないという方はこうした廃車引取りサービスを利用することも多いようです。困った場合は一度廃車引取り業者に相談してみても良いかもしれませんね。

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼