対応エリア

相模原市の交通事故発生状況

  平成24年 平成25年 前年度比
発生件数 3495 3241 -254
死者数 17 7 -10
負傷者数 4123 3795 -328

※相模原市統計書平成26年版のデータ参考

相模原市の事故発生の背景

相模湖や宮ヶ瀬湖などの存在で知られる相模原市は、神奈川県の中でも北部に位置しています。市内を通る県道64号線や70号線には宮ヶ瀬レイクラインの愛称が付いていて、ハイキングやカヌーなどのレジャーを楽しむために利用する人も多いのではないでしょうか。休日を利用してお出かけをする人に注意していただきたいのが、眠気による交通事故の誘発です。相模原市では平成24年から25年にかけての交通事故発生件数は3241件となっていて、前年度からは254件減少しています。眠気に襲われると前方への注意が散漫になり、追突事故や信号無視のような違反行為へ繋がりやすくなるのです。自分はあまり眠くないと思っていても、頭が重くなる、落ち着きがなくなるといった状況では眠気を感じているサインとなります。特にあくびが続き、ふらふらとしてまっすぐ自動車を走らせることができないならば一度運転を取りやめましょう。誰かに運転を交代してもらったり、休息を一時的に取ったりするなどの工夫をして交通事故を防いでください。湖でのレジャーが楽しめる相模原市ですが、眠気を感じたならば無理に運転はしないでおき、楽しいドライブができるようにしていきましょう。

相模原市で廃車を処理する運輸局、陸運局、運輸支局

局名 相模自動車検査登録事務所 電話番号 050(5540)2037
管轄地域 相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛甲郡 FAX番号 046(286)5629
取扱ナンバー 横浜、川崎、湘南、相模
住所 〒243-0303 神奈川県愛甲郡愛川町大字中津字桜台7181番地
アクセス ・小田急線本厚木駅下車
神奈川中央交通バス 愛川町役場(春日台団地経由)行で西2丁目下車、徒歩約8分
・神奈川中央交通バス 上三増、半原方面 愛川町役場(三田 経由)行で陸運支局入口下車、徒歩約5分
受付時間 登録申請受付時間
8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間
8:45~11:45、12:45~15:45

相模原市の廃車手続きの流れに関して

車に長く乗り続けていると、メンテナンスをどうしても忘れてしまいがちですが、長い間メンテナンスを怠っていると、車のあらゆる部分に劣化が見られ、アクセルを踏んでも上手く進まない、エンジン部分から異音がしてしまうといったことが起こるようになります。一度このようなことが起こってしまうと、いざ車を買い換えるときも、古い方を買い取ってもらえなくなってしまいます。また、このように売れなくなってしまった車は廃車にするしかありませんが、廃車にする時にも注意点があります。相模原市では陸運局が1件ありますが、残念ながら窓口が開いている時間が16時までとなっています。その前に「印鑑証明書」「自動車取得税申告書」などの書類を集めて提出するのは、大変ですし、丸一日、あるいは数日かけて行う作業になってしまいます。そこで相模原市の方は廃車引取りサービスを利用しているようです。仕事で忙しいのに役所に出向いたり、ナンバープレートを外すなどして書類を集め、解体業者に車の解体を依頼し、さらに陸運局に向かうというのはとても大変な作業ですし、そんなことに大切な休みを使えないという方もいらっしゃいます。廃車引取りで迷った時はこうした業者の存在を思い出してみるのも良いでしょう。

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼