対応エリア

さいたま市の交通事故発生状況

  平成25年 平成26年 前年度比
発生件数 5413 4873 -540
死者数 19 21 2
負傷者数 6307 5789 -518

※さいたま市統計書のデータ参考

さいたま市の事故発生の背景

さいたま市は、埼玉スタジアム2002の存在からサッカーのまちとして知られる存在です。このさいたま市では自転車利用者に優しいまちづくりを目指していて、市内の道路へ自転車通行レーンを整備しています。平成28年現在で34kmに整備されていて、将来的には合計200kmへと増やしていく計画になっています。皆さんが自動車で、自転車専用レーンが整備された道路を走行する際は、自転車のイラストや青い矢印が目印になったレーンを踏まないようにしましょう。自転車の通行場所が決めてあることにより、歩行者が安心して歩道を通ることができるようになっているほか、自動車を運転している身としては逆走してくる自転車が少なくなるというメリットもあります。しかし自転車も時折自動車と接触しそうになるほど車道に寄ってきたり、ふらふらと危ない挙動を見せたりすることがあるので、ドライバーの皆さんは自転車の動きには注意してください。さいたま市では平成25年から26年にかけて4873件の交通事故が起きていて、前年度からは540件の減少を見せています。自転車通行レーンが整備されている道では、自動車のすぐ横を自転車が通ることになるので、接触事故などを起こさないようにしましょう。

さいたま市で廃車を処理する運輸局、陸運局、運輸支局

局名 埼玉運輸支局 電話番号 050(5540)2026
管轄地域 さいたま市、川口市、上尾市、蕨市、戸田市、桶川市、北本市、蓮田市、白岡市、北足立郡(伊奈町) FAX番号 048(624)1028
取扱ナンバー 大宮、川口、所沢、川越、熊谷、春日部、越谷
住所 〒331-0077 埼玉県さいたま市西区大字中釘2154-2
アクセス ・JR大宮駅西口下 車
東武バス 8番乗り場(平方又はリハビリセンター行)で運輸支局前下車
受付時間 登録申請受付時間
8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間
8:45~11:45、12:45~15:45

さいたま市の廃車手続きの流れに関して

突然ですが、車は走行距離がどのぐらいになると買い換え時だと言われているかご存知ですか?この答えはおよそ10万キロです。地球一周分の距離のおよそ4分の1ほどの距離と言われています。このように走行距離が長くなってしまったとしても、メンテナンスをしながらまだまだ走り続けることが出来る場合もありますが、残念なことにメンテナンスにかかる費用は走行距離が長くなるほど高額になってしまうのです。また走行距離が10万キロを超えると、車を買い取ってもらう際にあまりいい値段がつかない、あるいは買い取り不能と言われてしまうこともあります。こうなると行わなければならないのが廃車引取りの手続きです。廃車の手続きは以下のような流れを取る必要があります。

1.ナンバープレートを取り外す
2.抹消登録に必要な書類を揃える
3.ナンバープレートを返す
4.必要な書類を窓口に提出する

こうした手続き陸運局で行うことができます。さいたま市にも陸運局は存在していますが、残念なことに窓口が開いている時間は遅くとも午後4時までですので、忙しく働いている方にとってはこの時間に陸運局に足を運ぶのは大変なものです。そこでおすすめしたいのが、廃車引取りの手続きを行ってくれる業者です。さいたま市にもこうした業者は増えており、買取も行っているという業者もありますので、一度相談してみても良いかもしれません。

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼