対応エリア

徳島県の交通事故発生状況

  平成25年 平成26年 前年度比
発生件数 4800 4372 -428
死者数 49 31 -18
負傷者数 5888 5443 -445

※国土交通省のデータ参考

徳島県の事故発生の背景

徳島県は「阿波国」や「粟国」と呼ばれていた歴史があります。古くは穀物の「粟」の栽培が盛んであったことからこの名前が名付けられたことが由来とされています。この粟は米と比べて、高地での栽培も可能という特長があり、県北部を除いて山地の多い徳島県は米よりも粟の方が栽培に適していたのです。さて、交通網が発達した今日では米も容易に入手できるようになりましたが、依然として山地が多い地形には変わりがありません。そのため、徳島県では山間にある住居などから自動車を用いて移動を行っているのです。この徳島県で自動車は文字通り「住民の足」として欠かせない物と言えるのではないでしょうか。見通しの悪い山道はしばしば事故を引き起こしてしまいます。現在、徳島県では高齢者の交通事故対策に力を入れています。なぜなら、自動車が移動に欠かせないために、幾つになっても運転をし続ける必要がある方も多く、運転者の高齢化に歯止めが利かなくなってきているのです。全国の高齢者人口の占める高齢者の割合は20パーセント、対して徳島県の同数値は24.3パーセントにも及びます。急な発作や認識力の低下などにより、思わぬ事故を引き起こしてしまうケースがありますので、交通安全講習会や運転適性検査などを活用して、自分の能力をきちんと把握することが重要になるでしょう。

徳島県で廃車を処理する運輸局、陸運局、運輸支局

局名 徳島運輸支局(応神町庁舎) 電話番号 050(5540)2074
管轄地域 徳島県全域 FAX番号 088(641)4820
取扱ナンバー 徳島
住所 〒771-1156
徳島県徳島市応神町応神産業団地1番地1
アクセス ・JR高徳線吉成駅下車(西へ約1.2km)徒歩15分
・徳島空港から南西に11.2km
受付時間 登録申請受付時間
8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間
8:45~11:45、13:00~15:45

徳島県の廃車手続きの流れに関して

渦を巻く姿が印象的で、日本百景に登録されている鳴門海峡が存在する都道府県が、四国地方にある徳島県です。県内にも古い自動車を大切に使っている人が少なくないかと思いますが、メンテナンスの費用がかかって困ることもあるでしょう。古いものを大切に使うことは好ましい取り組みといえますが、製造されてから年数の経過した自動車ほど税金が高くなるので、新しい自動車への乗り換えや中古車としての引取りも検討する人が多いようです。自動車を廃車にしたあとで中古車として引取りを依頼したり、再び走らせたりする気があるならば一時抹消登録をしましょう。一方で自動車を解体するならば永久抹消登録が必要なので、どちらかを選択してください。徳島県で廃車に関する手続きを受け付けているのは、徳島市の応神町にある徳島運輸支局応神町庁舎です。アクセス手段としてはJR高徳線があり、吉成駅で下車して徒歩15分の場所にあります。ここに自動車のナンバープレートや車検証、自動車税・自動車取得税申告書、皆さんの印鑑証明書などを提出することで自動車を廃車にすることが可能です。徳島運輸支局応神町庁舎は平日のみの開庁で、登録申請の受け付け時間は8時45分から11時45分、13時から16時となっています。

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼