対応エリア

横浜市の交通事故発生状況

  平成25年 平成26年 前年度比
発生件数 12248 10989 -1259
死者数 61 66 5
負傷者数 430 418 -12

※横浜市統計書のデータ参考

横浜市の事故発生の背景

横浜市は、ランドマークタワーや赤レンガ倉庫で知られる都市です。市内には3つの環状道路と10の放射道路が存在していて、現在でも整備が続いています。横浜市内は市営地下鉄やさまざまな私鉄路線が通じていますが、便利な自動車を交通手段としている人が多いようです。鉄道路線が多く通じる横浜市は踏切も多く、その中にはラッシュ時になると「開かずの踏切」となって皆さんの行く手を阻むものもあります。このような踏切は開いている時間が極端に短く、その間にはわずかな台数の自動車のみが通行することができます。早く前に進みたい気持ちもわかりますが、踏切は前後左右と警報機の音を確認して入るようにしてください。前方に自動車がいるにも関わらず踏切の中へ入ると、動けないまま遮断機が降りてきて、閉じ込められてしまう恐れがあります。また警報機が鳴っている最中に踏切の中へ入った場合、走ってきた列車との事故となってしまうかもしれません。横浜市は平成25年から26年の間に、10989件の交通事故が起こっています。踏切は自動車だけでなく歩行者や自転車も通行する場所なので、焦って接触事故などを起こさないようにしましょう。横浜市は「開かずの踏切」が多いのですが、安全確認をしてから通行しましょう。

横浜市で廃車を処理する運輸局、陸運局、運輸支局

局名 神奈川運輸支局 電話番号 050(5540)2035
管轄地域 横浜市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡 FAX番号 045(932)3228
取扱ナンバー 横浜、川崎、湘南、相模
住所 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町3540番地
アクセス ・JR小机駅(横浜線)からバス(市が尾駅行)で梅田橋下車
・東急田園都市線市が尾駅からバス(新横浜駅前行)で梅田橋下車
受付時間 登録申請受付時間
8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間
8:45~11:45、12:45~15:45

横浜市の廃車手続きの流れに関して

神奈川県で最も有名な街の一つが横浜市です。港や駅も近く、交通網が非常に栄えた街ですので、車の台数も多くなっています。こうした街では毎年多くの人が車を買い換えています。車を買い換える時、ほとんどの方が車を買取業者に引き取ってもらっています。しかし走行距離があまりに長かったり、事故して破損部分が大きく買い取ることが出来ないと言われてしまった車の多くが、廃車という運命を辿ることになります。万一廃車にしなければならなくなってしまった場合覚えておきたいのが廃車の手続きについてです。最近ではほとんどの方が廃車引取りサービスを利用しています。もしも廃車引取りサービスを利用しないと、自分で廃車の手続きをすることになりますが、そのためには以下の手順を踏まなければなりません。

・解体業者で車を解体する
・陸運局で永久抹消登録を行うための書類を揃える
・陸運局の窓口で廃車の手続きを行う

こうした廃車の手続きには書類集めから登録まで数日を要することもありますので、仕事があるという方がこうした廃車手続きを1人で行うのはあまり現実的ではありません。また横浜市には陸運局が存在しますが、離れた場所で暮らす人が陸運局に廃車手続きをしに向かうのは時間を無駄にしてしまう行為です。廃車引取りで困っている場合は、廃車引取りサービスを利用した方が賢明と言えるでしょう。

入力30秒の簡単フォーム 無料引取or買取を今すぐチェック!!

3つのチェックポイント

無料引取依頼
買取査定依頼