お役立ちコラム

車が水没した時、どうすれば?いざという時に役立つ対処法を伝授

車が水没した時、どうすれば?いざという時に役立つ対処法を伝授

 

ゲリラ豪雨や台風によって車が水没してしまい、車がつかえなくなってしまうのはよく聞きます。車が水没してしまった場合、どの部分が使えなくなるのかと疑問に思う方がいるでしょう。

 

そして、水没で使えなくなった車はどうすればいいのでしょうか、という点も気になりますよね。

 

車が水没した場合、廃車にするしかないと思う人は多いと思います。しかし、早めにディーラーや修理業者に見てもらうことで、廃車にしなくて済むかもしれません。そこで、浸水してしまった車はどうすればいいのか紹介していきます。

 

 

車が水没したら、いったい車はどうなるのか?

もしも洪水などで車が水没してしまった場合、車はどうなってしまうのでしょうか。水没した場合の状態を簡単に説明します。

 

運転機能を失う

車が水没してしまった場合、最初におこる異変は運転機能の停止です。走行中の水没は、だんだんと運転機能を失っていき、最終的に止ります。車のエンジンはガソリンと空気の圧迫で走行していて、ガスを排出することで安全に動きます。

 

エンジンルームまで水が入ってしまった場合は、車のエンジンはかからなくなってしまいます。無理にエンジンをかけると、途端に壊れてしまう可能性があります。

 

感電の恐れ

車の水没は、運転機能を失うだけでなく、命の危険もあります。車のバッテリーには電気が通っていて、バッテリーまで水没してしまうと感電するおそれがあるからです。バッテリーに損傷がある場合もあるので、絶対に近づかないでください。

 

また、近年増えてきている電気自動車はとくに危険です。車の水没を発見した場合は、むやみに近づかず、離れて安全を確保してください。

 

カビも発生

車だけの話ではありませんが、水没してしまった時の心配の1つがカビです。車内が浸水してしまった場合、シートやフロアカーペットが水を吸い込んでしまいます。車は通気性が悪いため、車内は雑菌が繁殖しやすい環境です。

 

ひと目見てカビが見えなかったとしても、シートの内側でカビが繁殖していることも多いです。とくに夏場の水没は最悪で、何日も放置すると車内にカビが大量発生してしまいます。

 

また、シートはとても乾きにくく、時間をかけて乾燥させてもニオイが残ってしまうことが多いです。そうなれば、ほとんどの場合シートを丸ごと交換することになります。

 

車が水没!まず最初に何をすればよいのか?

車が水没!まず最初に何をすればよいのか?

 

車が水没してしまって、どうしたらいいのか分からなくなってしまう人もいます。どのように対処するのが正解でしょうか?3つのステップに分けてご紹介します。

 

レッカー車で移動

車が水没した場合は、レッカー車で運んでもらいましょう。ロードサービスの利用が便利です。

 

ロードサービスの利用金額は非会員と会員とでは大きく違います。会員になっておくと自己負担分の料金が抑えられるので、ご自身にあったロードサービスへの加入がおすすめです。

 

とはいえ非会員でもロードサービスの利用は可能です。レッカー車で運んでもらう場合の費用は自己負担ですが、非会員でも利用できるのがうれしいところです。

 

ただし、ロードサービスは、条件を満たしていないと利用できないこともあります。ご利用の際は、事前にサービス内容と条件を確認しておくといいでしょう。

 

専門家にチェックを依頼

車が水没してしまった後は、早めにディーラーや修理業者にもっていくことがおすすめです。どうしようか悩んで時間がたってしまうと、車の部品が錆びてしまい修理ができなくなってしまうようなことも考えられます。

 

どこの業者にもっていけばいいのか分からない場合、身近の車に詳しい人に相談しておすすめのディーラーや修理業者を聞くこともおすすめです。手遅れにならないよう、早めに見てもらいましょう。

 

修理が難しい場合は廃車へ

ディーラーから修理ができない、修理しても修理代が高額になると判断されていることもあります。修理が難しい場合は、廃車にするのも選択肢のひとつと考えておくのもいいでしょう。

 

ディーラーから廃車にするか修理するかを聞かれますが、どちらにしても早めの判断が必要です。時間がたってしまうと部品が錆びてしまい、本来使える部品もだんだん使えなくなってしまいます。

 

また、廃車業者の中には使えるパーツの引取りや買取をしている業者がいます。修理・廃車を決める場合は、早めに判断することで、料金をおさえられるかもしれません。

 

修理すれば乗れる?修理か廃車かの判断基準とは

修理すれば乗れるかもしれないけど、廃車にするか悩む人も多いと思います。そこで、修理するか廃車にするかの判断基準を紹介します。

 

車内浸水か車外浸水か

車の水没には、車内浸水と車外浸水の2つのレベルに分別できます。車外浸水であれば、浸水による被害も少ないため、修理して再び運転することができます。しかし、車内浸水の場合は、車の部品が劣化する恐れがあるので、使い続ける場合は要注意です。

 

車内浸水した修理する場合は、車外浸水にくらべ修理料金が大きく跳ね上がるため、修理料金によっては廃車して車を買う方がお得に済むケースもあります。

 

マフラーが浸水したかどうか

車を修理するか廃車にするかの判断基準は、車内浸水か車外浸水かだけではありません。マフラーが浸水してしまっていた場合、修理料金が高くなる場合があるんです。

 

マフラーはエンジンの排気ポートという部品に繋がっていて、排気ガスを排出する役割があります。

 

エンジンの排気ポートは車を動かすための大切な部分なため、水がマフラーを通って中に侵入する可能性があるため、高額の修理代になってしまうのです。マフラーの修理料金で、廃車にするかどうかを決めるのもよいでしょう。

 

海水か?淡水か?

車が浸水した際に入り込んだ水が、淡水か海水かでも車の劣化の程度が大きく変わります。海水は、淡水と違い塩分を含んでいるのが特徴です。塩分が車に付着すると、塩分が水分を吸収し続けてしまい部品の酸化が進み、錆びてしまいます。

 

淡水でも錆びる可能性はありますが、海水は錆びていくスピードが違います。また、海水で浸水してしまった車は、淡水にくらべ修理料金が高くなるのが特徴です。

 

車が水没しても需要はある!海外での水没車事情

車が水没しても需要はある!海外での水没車事情

 

車が水没した場合の選択肢は修理、廃車だけでなく第3の選択肢があります。それは、「買取」です。なぜ冠水歴がある車なのに買取のチャンスがあるのでしょうか?

 

水没車は冠水歴が付く

車内まで水没してしまった時、その車は冠水歴というものが付きます。冠水歴が付いた車は、商品としての価値が大きく下がってしまい、中古車として売りに出すのは向いていません。

 

しかし、日本国内では中古車としての地位が低い冠水歴車は、海外で高価買取りしてくれる場合もあるんです。

 

海外では冠水歴車でも売れる

冠水歴が付いてしまい、需要がなくなってしまったと思いがちな車は、海外では買取対象になっています。海外は、日本と違ってしっかり整備されていれば問題ないと気にすることもなく、修理されていれば普通に乗ってしまうようです。

 

中には災害にあった車を専門的に買取り、修理して海外に輸出する業者もいます。ディーラーや業者で値段をつけてもらえない場合は、海外への輸出を積極的におこなっている買取業者に買い取ってもらいましょう。

 

まとめ

車が水没してしまった場合、無理に動かさずロードサービスにレッカー車で運んでもらうのがおすすめです。水没後は早めにディーラーなどの整備会社にもっていき、修理が可能か見てもらいましょう。

 

修理が難しい場合は廃車にするか、事故車などを引き取ってくれる業者への売却も選択肢のひとつです。車の修理や売却を決める際は早めに判断すると、修理代が安く済みますし、買取や引取りできる場合にもお得になるかもしれません。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。