お役立ちコラム

車はどこまで浸水すると危険?浸水車の危険性と対処法を解説!

車はどこまで浸水すると危険レベルに?パーツごとの限界水位を紹介

 

近年では集中的な豪雨で、洪水の被害が多く報道されています。洪水では家屋や車の浸水で大きな被害を受け、復旧にも多くの労力や時間を要します。また、地震が多いとされる日本では、液状化による浸水被害もあるようです。

 

このように車が何らかの災害や事故で水没してしまい、車が浸水してしまったらどこまでが限界となるのでしょうか?それは車の部位によって、異なります。

 

車が浸水してしまえば、車にさまざまな問題が起こってきます。そんなときでも適切な判断ができるように、このコラムでは対処法を解説していきます。また車が浸水してしまってどうしようもなくなったとき、よりお得に廃車にできる方法もご紹介していきます。

 

 

どこまで浸水すると車は危険な状態に?

洪水が発生したときに、「車が浸水してしまった!」「車に水が入って動かなくなってしまった!」などといった被害は、よく聞く話です。では、根本的に車は水に弱いのでしょうか?車の浸水は部位によってどこまで耐えられるかが違ってくるようです。

 

そもそも車は水に弱い?強い?

車はどんな天候であっても影響を受けず、走行できるように設計されています。ですので、もちろん雨天の日や雪の日も問題なく走行できます。このように、車自体は水に弱いわけではないのです。

 

しかし、濡れてはいけない電子関係の部品や電気系統は、車の車内に設置されており、水がかからないようになっています。つまり、車内に水が入らなければ車は問題なく動かすことができます。

 

また、多くの車のボンネットの中にはエンジンルームがあります。雨や雪による多少の水は、外に逃がすように設計されていますが、エンジンルームも水に弱いため、意図的に水をかければ、故障の原因となります。

 

 

エンジンはクリーナーまでが限界

では、車のエンジンはどこまで水に浸かると故障してしまうのでしょうか?車のエンジン部分には、エンジンにゴミやほこりなどが吸い込まれないように、ゴミを取り除いてくれるエアクリーナーというフィルターがあります。

 

エアクリーナーはキノコ状の形をしており、フィルターが帯状になっています。ご自身の車でもどの位置にあるか把握しておくとよいでしょう。

 

車のエンジンはこのエアフィルターが冠水すると、エンジンのシリンダーの中に水が入ってしまいます。そうすると空気の圧縮がうまくできず、エンジンが停止してしまいます。

 

また、そのままエンジン内に水が浸入すれば、「ウォーターハンマー現象」と呼ばれる現象が起こります。圧力の関係で、シリンダーやピストンへの負担がかかり、破損やゆがみにつながるのです。そうなれば、二度とエンジンはかからなくなってしまうでしょう。

 

 

テールはマフラーが限界

ここでいう「テール」とは、車の後ろの部分を指します。車の後方部分は、マフラーまで浸水してしまうと故障してしまいます。

 

マフラーがすべて浸水してしまうと排気ガスが排出されなくなり、一時的にエンジンが止まってしまいます。もし排気ガスが勢いよく排出していたり、マフラーの一部分が浸水していたりしなければ、ガスの排出がおこなわれ、エンジンが止まることはないでしょう。

 

 

浸水したらさまざまな問題が起こる

浸水したらさまざまな問題が起こる

 

車が浸水すれば、さまざまな問題が起こります。車の浸水がどこまで進むと、どのような影響があるのでしょうか。台風による大雨や局地的なゲリラ豪雨が起きれば、建物が浸水したり、道路が冠水したりして、あなたの車にも大きなトラブルを引き起こします。

 

車内の悪臭

車の内装まで浸水が進めば、当然泥や砂が混じった水が一緒に侵入してきます。車の中は、泥や砂だらけになってしまい、とても乗れる状況ではないのは想像できますよね。

 

しかし、多くの方が、浸水してから掃除に取り掛かるまで数日間放置してしまいます。いざ掃除をしようとすれば、車内がカビ臭いなんてことはありませんか?

 

浸水した水に混ざっていた泥や砂には、多くの菌が混じっており、車内の保温効果と通気性の悪さからカビが繁殖してしまうのです。一度カビが生えてしまうと、いくら自分で掃除してもカビ臭いにおいを除去するのは困難でしょう。

 

 

部品の劣化

車は、鉄の塊でできています。当然浸水して水に濡れれば、車の部品は錆びてしまいます。しかし、台風やゲリラ豪雨による冠水で車に浸水した場合、侵入してきた水は真水である可能性が高いです。

 

真水の浸水の場合は、早く発見すれば部品の劣化を防ぐことができます。もし、浸水した場所が海の近くだと、浸水してきた水の中に海水が混じっているおそれがあります。塩分は車の部品の劣化を早め、すぐに錆びてしまうので注意しましょう。

 

 

電気系統のトラブル

一番怖いのは電気系統のトラブルです。普段から雨の影響で濡れてはいけない電気系統は、車内に取り付けるよう設計されています。そのため、浸水によって車内が水浸しになれば電気系統にも水が侵入してしまいます。

 

車の電気系統が水に濡れてしまうと、思わぬところで誤作動を起こしてしまったり、ときにはショートを起こしたりして、火災が発生してしまうので大きな事故につながります。

 

さらに危険なのが、侵入してきた水が海水だった場合です。塩分を含んだ水は、普通の水より電気を通しやすく、火事を引き起こす確率が数段に上がります。

 

もし、車が浸水して電気系統への浸水も考えられるのであれば、そのまま乗り続けるのは大変危険です。できるなら電気系統を新たに取り替えてしまったほうがより安全でしょう。

 

 

浸水車の放置は厳禁!すぐに適切な対処を

車が浸水してしまって、自分で対処できないときはそのまま放置してはいけません。必ず適切な処置をおこなってください。

 

レッカー車を手配する

車が浸水して動かなくなってしまったら、レッカー車を手配しましょう。そのままにしてしまえば、場所によっては交通渋滞を誘発してしまいます。

 

レッカー車の手配は、JAFなどのロードサービスや加入している保険のロードサービスに依頼するのが一般的です。レッカーするための費用は自己負担ですが、JAFの場合は15kmまで無料で運んでくれます。

 

任意の保険によるレッカーのほうがお得な場合もあるので、事前に把握しておきましょう。浸水した場所の冠水状態がひどく、ロードサービスがなかなか来れなかったり、依頼が殺到していて時間がかかったりするおそれもあります。

 

もし、無理なく自力で安全な場所に移動できるのであれば、道路の端などに動かしておくといいかもしれません。

 

 

ディーラーへ持っていく

もし車が浸水してしまった場合、どんな状態であれ一度ディーラーに持っていくとよいでしょう。車が動く状態にあっても、意外と修理が必要かもしれません。

 

より早い段階でディーラーに持っていけば、においの原因となるカビの発生や錆びによる部品の劣化を最小限に抑えることができるかもしれません。修理が最小限に済めば、修理費用も抑えることができます。

 

 

修理が必要かどうか決める

車の浸水はどこまでであろうが、修理をするか否か決めるのは早いほうがよいでしょう。修理するか悩んでいる間に、劣化はどんどん進んでいきます。

 

自分では判断できないときは、ディーラーや修理業者に持っていき、一度点検してもらいましょう。軽度の修理なら、悩む前に業者に持っていくことで、修理が簡単に済むことがほとんどです。

 

修理が必要であればどの部分の修理が必要で、いくらくらいかかるのか、どれくらいの期間で修理が完了するのかをしっかりと聞いておきましょう。

 

 

浸水車を手放すと決めたら、お得に廃車してしまおう!

浸水車を手放すと決めたら、お得に廃車してしまおう!

 

もし浸水した車が修理できない状態であったり、修理費用が高くついたりする場合は自分で廃車するより、買い取ってもらったほうがお得です。

 

廃車を扱う買取業者に依頼を

浸水車を「廃車にしよう!」と決めたとき、自ら廃車の手続きをするのはちょっと待ってください。廃車には解体費用と運搬費用が発生し、これは自己負担になります。もう乗らない車に出費するのは、もったいないですよね。

 

このような浸水した車も値段を付けて買い取ってくれる廃車を扱う買取業者があるのです。廃車を扱う買取業者は廃車を買い取って、車として再度販売するのではなくまだ利用できる部品を買い取ってくれる業者です。

 

車の浸水がどこまでかはそれぞれですが、必ず使える部品があるはずです。タイヤや車体も素材である鉄として買い取ってくれます。

 

大体の方が廃車にした後、新しい車に買い替えますよね。浸水車を買い取ってもらえば、その資金の足しにもなり余計な出費をしなくて済みます。

 

 

よい業者を選ぶためのポイントは「相見積もり」

廃車買取を扱っている業者は数多くあり、買取価格もさまざまです。より高く買い取ってほしいのであれば、いくつかの業者で見積りをとってもらいましょう。

 

相見積りを取ることによって、ある程度相場が把握できますし、より高く買い取ってくれる業者を知ることができます。

 

 

優良業者の特徴とは?

より優良な業者に買い取ってもらいたいとお考えですよね。では、優良業者の条件とはどんな条件でしょうか。

 

まずは、廃車買取に関して実績があることです。あまり実績のない業者は査定の際もよく見てもらえず、本来値がつくものも見落としてしまうおそれがあります。優良な業者は、あなたの車の査定も、しっかりとした知識のもとでおこなってくれるでしょう。

 

次に口コミや評判がよいことです。インターネットで検索すれば、その業者の評判や口コミを見ることができるでしょう。ダイレクトな利用者の声も見ることができるので、非常に参考になるかもしれません。

 

業者の担当者の人柄も非常に重要になるでしょう。業者の担当者が不愛想だったりした場合など、マナーがよくなければ売る気も起きませんよね。丁寧に説明してくれたり、マナーや身なりがきちんとした人であったりすれば、あなたの車をおまかせしても安心でしょう。

 

 

まとめ

日本では台風による大雨や局地的なゲリラ豪雨によって、洪水などの水害が多くみられるようになりました。このような洪水が発生すれば、車が浸水してしまうこともあるかもしれません。

 

車自体は雨や雪の日でも走行できるようなつくりになっています。しかし、車の浸水がどこまでかによって、車が動かなくなってしまうことがあるので注意してください。

 

また浸水被害に遭った後、放置しておけば、悪臭や部品が錆びたり、電気系統がショートしたりして火事を引き起こすおそれがあります。もし、浸水してしまったら一度ディーラーや業者に見てもらうといいでしょう。

 

浸水車を損傷がひどく、修理に費用がかかりすぎたり、手の施しようがなかったりしたときは廃車という選択をされる方が多いと思います。しかし、自分で廃車するよりは廃車を扱う買取業者に依頼したほうがお得になります。複数の業者から見積りをとり、より自分に合った買取業者を選びましょう。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。