お役立ちコラム

廃車の手続きについて

車検証を紛失したときの廃車手続き方法とは?信頼できる業者へ相談を

車検証を紛失したときの廃車手続き方法とは?信頼できる業者へ相談を

 

廃車の車検証が紛失してしまっていたら、どのようにして手続きをおこなえばいいのでしょうか。車検証がない場合の、手続き方法についてお教えします。

 

廃車をする場合、抹消登録が必要になります。抹消登録には2種類あり、それぞれ目的によって異なります。抹消登録に必要な書類や手続きの流れについても、詳しくお伝えいたしますので、どうしたらわからないとお困りである場合は、併せて参考にしてください。

 

廃車を考えているなら、業者による買取もオススメです。少しでも高く売るには、いろんなサイトで査定をしてもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

車検証を紛失したときの廃車方法は2通り

廃車の車検証を紛失してしまった……。しかし、廃車の手続きには車検証が必要です。その場合、どうやって手続きをすればいいのでしょうか。

 

 

考えられる手続き方法は2つです。

 

1つは、車検証を再発行してから手続きをおこなう方法です。

 

2つ目は現在登録等証明書を発効して手続きをおこなう方法です。この現在登録等証明書というのは、車検証の代替書類にあたるもので、現在の自動車の登録内容を、確認する書類のことをいいます。

 

車検証の内容と同じものが記載されており、最寄の運輸支局・自動車検査登録事務所で発行手続きがおこなえます。以下の書類を、運輸支局等の販売所で購入する必要があります。

 

  • 手数料納付書
  • OCRシート3号様式
  • 検査登録印紙
  • 本人の確認書類(運転免許所や保険証など)
  •  

     

    また、軽自動車の場合は車検証や現在登録等証明書は必要ありません。抹消する手続きをすれば、廃車にすることができます。以下の書類を管轄の軽自動車検査協会で集め、提出しましょう。

     

  • ナンバープレート
  • 印鑑または申請依頼書
  • OCRシート4号様式
  • 軽自動車税申告書
  •  

    OCRシート4号様式には、車検証を返納できない理由を書きます。紛失をした場合は、「紛失したため返納できません」と記入すればOKです。

     

     

     

    廃車には2つの抹消登録があります

    廃車には2つの抹消登録があります

     

    廃車にする場合は、破棄する場合と、再利用する場合によって2つの種類にわかれます。

     

     

    一時抹消登録

    一時的に使用をしない場合の手続きです。この手続きをおこなえば、一時的に廃車という扱いになり、自動車税の支払いを止めることが可能になります。

     

    必要な書類を集めて、ナンバープレートと一緒に管轄の運輸支局へもっていきます。そこで一時抹消登録の申請をおこないます。

     

    手続き終了後、自賠責保険の保険期間が一定期間以上残っている場合は、残りの保険期間にあたる保険料が戻ってくることがあります。それらは、保険会社に申請をおこなう必要がありますので、ご加入の保険会社にお問い合わせください。

     

    後日、自動車税が月割り計算で返ってきます。

     

     

    永久抹消登録

    解体の処理が終わっている前提の手続きです。必要な書類を集めて、ナンバープレートと一緒に管轄の運輸支局へもっていきます。そこで永久抹消登録をおこないます。

     

    車の解体が完了してから15日以内に手続きをおこなわなければいけません。手続き終了後、自賠責保険の保険期間が一定期間以上残っている場合は、残りの保険期間にあたる保険料が戻ってくることがあります。一時抹消同様に、自動車税が月割り計算で返ってきます。

     

     

     

    廃車にしたら廃車証明書を発行してもらおう

    廃車証明書とは、その名の通り廃車を証明してくれる書類です。普通自動車と軽自動車、それぞれに必要な以下の書類のことをまとめて廃車証明書と呼びます。

     

     

    ● 普通自動車 …… 登録事項等証明書・登録識別情報棟通知書

    ● 軽自動車  …… 自動車検査証返納証明書

     

     

    これらの証明書を受け取ることで、手続きが完了しますので、忘れずに発行しましょう。解体して廃車にした場合は、この証明書を使って、税還付や保険解約の返戻金受け取りの手続きをしてください。

     

     

     

    廃車するならどこへ相談するのがお得なの?

    廃車するならどこへ相談するのがお得なの?

     

    今後使う予定のない車を廃車にするのなら、買取をしてもらうのもよいでしょう。業者に依頼をすれば、たとえ事故車であったとしても、買い取ってくれます。

     

    また、買取の業者を選ぶときは、一番高く買い取ってくれるところを選びましょう。車の情報を入力するだけで、簡単に査定をしてくれるサイトもありますので、利用してみるとよいかもしれません。

     

     

     

    まとめ

    廃車の車検証を紛失した場合は、車検証を再発行するか、現在登録等証明書を発行しましょう。現在登録等証明書は、車検証の代替書類にあたるもので、現在の自動車の登録内容を確認する書類のことをいいます。

     

    軽自動車の場合は、車検証や現在登録等証明書は必要ありません。代わりに抹消手続きをおこないましょう。廃車にする場合は、破棄する永久抹消登録か、再利用する一時抹消登録をする必要があります。書類を集めて、登録をおこないましょう。

     

    廃車が完了したら、廃車証明書を発行しましょう。自動車と軽自動車で書類が異なります。

     

    今度使う予定のない車を少しでも高く売りたいと考えている場合は、業者に買い取ってもらうのもよいでしょう。その際は、複数のサイトを見て査定をすれば、一番高い値段で売ることができるでしょう。

     

     

    お役立ちコラム

    廃車引取についてのお役立ちコラム

    廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

    30代 男性
    奈良県 30代 男性
    免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
    20代 女性
    鹿児島県 20代 女性
    私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
    40代 女性
    大分県 40代 女性
    先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
    40代 男性
    秋田県 40代 男性
    長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

    よくあるご質問一覧へ

    廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

    廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。