お役立ちコラム

廃車の定義をわかりやすく解説!初心者でも安心してできる廃車・買取

廃車の定義をわかりやすく解説!初心者でも安心してできる廃車・買取

 

「廃車にする」、とは具体的にどういう手続きをすることでしょうか。廃車というと、故障した車や事故車そのものを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は廃車とは車の状態ではなく、使用開始時に登録した情報を抹消登録する手続きのことを指す言葉なのです。この手続きをしないと、たとえ使っていない車でも税金がかかってしまいます。

 

また、不要な車は捨てるだけでも廃車費用がかかることがあるのです。しかし、方法によっては、壊れてしまった車が売れることもあります。この記事では、廃車の定義と廃車手続きの具体的な流れ、そして手放したい車の査定額を上げて、お得に車を廃車にする方法をお伝えしていきます。

 

 

廃車にする車とはどんな車?

具体的にどのような状況になったとき、車を廃車にするのでしょうか。たとえば事故車、故障車、あるいは買取できないような車が、廃車の対象になります。

 

事故車

交通事故にあってしまった場合でも、自動車保険に入っていれば保険会社から費用が出て修理できると思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、修理代が事故にあった車の時価を超えてしまう場合、保険からは修理代か車の時価、いずれか安いほうの金額しか支払われない場合があります。相手が悪くて事故に遭ってしまった場合でも、車に乗っている期間が長ければ長いほど、時価が低いとされて修理代が出ないという事態が起きてしまいます。

 

買ったときは高くても、「古い車だと時価が低く、事故に遭った車の修理代のほうが高いので、修理代は全額出せません」といわれることも多いのです。

 

故障車

輸入車で製造会社が倒産していたり、国産車でも製造会社が部品の製造をストップしていたりして、故障した箇所を直す部品が中古車市場でも見つからないような場合は、修理を断念することがあります。

 

エンジンの故障や高額の修理費を必要とする故障の場合、修理する費用よりも同等程度の中古車を買ったほうが、安い場合があるからです。このケースでは、故障車を修理するのはもったいないので、廃車にしたほうがよいでしょう。

 

買取できない車

所有者が使わなくなったまま放置され、機能を果たさなくなった車や、機能的には問題がなくても使用者がいない車、あるいは年式が古くて人気がないなどの理由で需要のない車は、買い手がつかないことがほとんどです。残念ですが、こういった車は廃車にすべきでしょう。

 

廃車の定義とは、廃車手続きを正式におこなうこと

廃車の定義とは、廃車手続きを正式におこなうこと

 

実際に車を廃車にするためには、具体的にどのような手続きが必要なのでしょうか。

 

3つの手続きの種類

大きく分けて、廃車には「永久抹消」と「一時抹消」の2通りの抹消手続きと、一時抹消にかかわる「解体届出」があります。それぞれどのような手続きなのか、見ていきましょう。

 

・永久抹消

今後その車に乗らないという場合、車を解体して完全に抹消する手続きです。この手続きをおこなった場合は、車の状態に関わらず再登録して再び乗ることはできません。車を解体業者に引き渡したのち、業者によって解体報告記録日が記録されると永久抹消登録が完了します。

 

・一時抹消

車の所有者が長期の出張・入院など何らかの理由で当面車を使用する機会がないものの、状況が変わればまた使用を再開したいという場合に、一時抹消登録をします。当分は車に乗らないが、自動車税や自賠責保険の還付を受け取りたいという場合は一時抹消手続きを取りましょう。

 

手続き後は登録識別情報等通知書(備考欄に「一時抹消登録」)が発行され、これがなければ車としての再登録ができません。

 

・解体届出

一時抹消登録をした車をあとで解体した場合は、あらためて解体届出をすることで永久抹消登録廃車手続きが完了します。

 

車の解体作業は、自動車リサイクル法により都道府県の許可を受けた業者によっておこなわれなければなりません。また、業者から解体終了の報告を受けてから15日以内に解体届出の手続きをおこなわなければいけません。

 

廃車の手続きの流れ

自分で廃車の手続きをおこなう場合、実際はどのようにすればよいのでしょうか。車を捨てるだけでも、解体費用やいろいろな書類が必要になります

 

・永久抹消する場合

永久抹消する場合、自分で車を解体することはできません。車を解体業者に持ち込むか、または引取を依頼する必要があります。

 

業者での解体が完了したら、解体通知、ナンバープレート、車検証、印鑑証明書、実印、抹消の申請書、解体に係わる移動報告番号、解体報告記録日の記載を持って管轄の運輸支局に手続きに行きましょう。

 

・一時抹消する場合

一時抹消の登録をおこないたい場合は、ナンバープレートを外して持っていくだけで、車はそのままで大丈夫です。ナンバープレート、車検証、印鑑証明書、実印、抹消の申請書を持って、手続きに管轄の陸運支局に行きます。

 

廃車手続きでかかる費用

やっぱり気になるのが廃車手続きにかかる費用ですよね。これらの手続きは、自分でやったら少しでも安くなるのでしょうか?

 

たとえば、ディーラーに書類を預けて廃車を依頼すると代理で手続きをおこなってくれます。ただし、ディーラーによってさまざまで、最大で2万円ほど費用が掛かることもあれば、無料で引き取ってくれるところもあります。

 

また、対象となる車を自分で解体することはできませんが、解体届出は自分で済ませることができます。永久抹消は無料、一時抹消は350円(2019年現在)です。

 

しかし、解体費用や引取費用、解体費用はかかりますよね。だいたい解体費用は無料のところから1万円くらい、引き取り費用は無料のところから積車を出して引き取りに来てもらうと約3万円もするところもあるようです。廃車にするだけでこれだけのお金を払うのも辛いですよね。

 

3つの廃車の依頼先!どこがよい?

それでは、自分で廃車手続きをせずに、書類だけ揃えて業者に依頼する場合はどうなるでしょうか。車の解体や引取などを含めて、廃車をするのには大きく分けて3つの依頼先があります。どこに依頼するとお得になるのか、検討してみましょう。

 

ディーラー

乗り換える車をディーラーで買うときに、前に乗っていた車を下取りで引き取ってもらい値引きして新車を購入、無料で廃車にしてもらえる場合があります。しかし、ディーラーは新車販売を専門としている場合が多く、車の解体そのものは下請け業者に依頼していることもあります。

 

この場合、廃車手続きの代行手数料は解体費用と引取費用を差し引きした値段に設定されていることがほとんどです。

 

10万km以上の走行距離や、10年以上前の年式の車には値段がつかないため、多額の費用を請求されることも考えられます。値段がつかなかった場合には車の引き取りをまた別の業者に依頼することもあります。さらに仲介手数料が発生して割高になります。

 

ただし、大きな故障もなく年式が新しいかなりの人気車種で、ディーラーの系列に中古車販売ディーラーがあり、かつ買取りを強化している場合は、高額で買い取ってもらえる場合があるかもしれません。乗り換えを検討している場合は、ディーラーでの廃車を検討してもよいでしょう。

 

解体業者

可能な範囲の手続きは自分自身でおこない、解体だけを業者に依頼するという場合はどうでしょうか。この場合、解体する車を自分で業者まで持ち込むことができれば、引取費用を無料にすることができます。

 

廃車の手続きに最大で2万円程度かかる解体業者もありますが、解体そのものに対する費用はかからないこともあります。解体した車はリサイクル資源として使えるからです。ディーラーに依頼する際の手数料を考えれば、直接持ち込むほうが安く済ませられるでしょう。

 

廃車買取業者

廃車買取業者に依頼する場合、廃車手続き費用や引取費用、解体費用も不要という業者が多いです。どうして、損傷がひどく値段が付かない車でも費用不要で引取できるのでしょうか?それは、廃車買取業者が独自の販売ルートを持っているからです。

 

車としては機能しない状態の廃車でも、解体して鉄などの資源として利用することができます。それから、事故や故障で動かない車でも、解体してマフラーやバンパーなど、使える部品をリサイクルして販売することができるのです。

 

また、日本では価値の低い中古車であっても海外では十分な需要があり、走行距離が20万kmを超えていても活躍している車もあります。業者でのメンテナンス後に厳しい審査のうえで販売できると認められた車は、ニーズのある海外で新たに販売されているのです。

 

査定をあげたい!ポイントはどこにある?

査定をあげたい!ポイントはどこにある?

 

査定額を上げたいと考えたとき、マイナスになりそうな情報をごまかすのは得策ではありません。わかっている情報を細かく、正直に伝えることが大切です。

 

情報が少なすぎると、すばやく査定をするために最低ラインの査定額を表示されてしまうかもしれません。詳細な査定額を出す助けとして、最初についていた取扱説明書や純正ホイールなどを、用意しておくとよいでしょう。

 

それから、販売ルートを多く持ち、信頼できる廃車買取業者を探しましょう。自動車税はその年の4月から翌年3月分までが前払いで一括請求されることになっています。普通車を廃車にした場合、翌月分から4月分までの還付を受けることができます。

 

ただし、軽自動車の場合は4月1日時点で登録があれば課税され、5月に廃車にしても還付金はありません。還付金をきちんと受け取るためにも、業者選びは大切です。

 

まとめ

この記事では、車を廃車にするとはどのようなことか、その定義と廃車にする一連の流れをお伝えしました。お金のことを考えながら、ややこしい書類をそろえて手続きをするのはおっくうになりますよね。

 

事故や故障などで車を廃車にする場合、「ディーラーや中古車買取業者に廃車買取りの依頼に行っても、値段が付かないから無料で引き取ってあげる」といわれたり、ただ車を売るためだけに査定に出したつもりが処理費用を請求されたりするような場合もあるようです。

 

車の廃車を考えているのであれば、まずはディーラーや中古車販売店などの廃車買取り業者に見積りを依頼してみてはいかがでしょうか。驚くような価格で、買い取ってもらえるかもしれませんよ。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。