お役立ちコラム

廃車の走行距離は何万km?持ち続けている場合の注意点も解説!

廃車の走行距離は何万km?持ち続けている場合の注意点も解説!

 

あなたの愛車、現在の走行距離は何kmですか?もし10万km以上走行している場合は、買い替えどきかもしれません。なぜ10万kmを超すと買い替えどきなのでしょうか?

 

この記事では、走行距離が10万kmを過ぎたら廃車するべきといわれる理由や、廃車にしないようにするための対策、お得に手放す方法などをご紹介しています。

 

もしも今、「走行距離が10万km以上の車を持っている」という方がいれば、必見です!ぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

廃車は走行距離が10万kmを過ぎてから考えよう!

「走行距離が10万kmを過ぎたら廃車を考えたほうがよい」といわれることがあります。もちろん、このようにいわれるのには理由がありのです。ここからはその理由を確認していきましょう。

 

10万km以上走行すると部品が壊れやすくなる

車の部品というのはどれだけ上手に運転をしても、少しずつ消耗していってしまいます。もちろん、すぐに壊れてしまわないように、車の部品にはいろいろな工夫や対策がほどこされています。

 

しかし、どうしても長期にわたって自動車を使用していると、あらゆる部品が悲鳴を上げてしまうのです。特に10万kmを過ぎてくると、次々に部品が壊れてしまう傾向があるといいます。これが、「走行距離が10万kmを過ぎたら廃車を考えたほうがよい」といわれている理由のひとつです。

 

部品交換には当然修理代がかかる

先ほど、「長期にわたって自動車をしていると、故障が多くなる」ということを紹介しましたが、「故障が多くなっても、まだ走れる車を廃車にするのはもったいない」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、本当にそうでしょうか?

 

故障した車を直すのには、当然修理代がかかってしまいます。一度だけならまだよいのですが、過走行車の場合はそうはいきません。あっちを直したら今度はこっちというように、何度も修理をしなければならなくなってしまうのは非常に面倒であり費用もかかり大変です。

 

もちろん修理をするたびに費用が発生するので、「過走行車を持ち続けるほうが、廃車にするよりも費用がかさんでしまう」といったことも起こりかねません。

 

修理代が高くつき始めたら買い替えたほうがよい

実際に走行距離が長い車で、経年劣化が原因の大きな故障が発生したら、買い替えどきかもしれません。古くなった車の修理にたくさん費用を割くより、新しい車を購入する資金にあてたほうが、賢い選択なのではないでしょうか。

 

廃車に近い走行距離になっても持ち続けるなら部品を見直そう!

廃車に近い走行距離になっても持ち続けるなら部品を見直そう!

 

さて、ここまでで「走行距離が10万kmを過ぎた車は、手放したほうがよい」という理由については納得いただけたかと思います。

 

しかし、お気に入りの車や特別な思い入れがある車の場合、「どうしても手放したくない」という方もいるかもしれません。そんな方の車には、メンテナンスが不可欠です。

 

持ち続けるのであればこまめなメンテナンスを!

走行中に異音がするなどの異常を発見した場合は、長く使うためにも速やかに検査に出しましょう。放っておくと悪化して取り返しがつかなくなるかもしれません。

 

メンテナンスには費用がかかりますので、「買い替えよりお得」とは決していえませんが、「費用がかさんだとしても、今の車を維持したい」という方にはおすすめです。

 

いっそ一度に部品交換をしてリフレッシュ

壊れるたびに修理をするというのは、あまり効率的ではありません。そのたびに時間もかかりますし、費用もかかってしまいます。それならばいっそ、経年劣化で壊れやすい部品を、一度にまとめて交換してしまうのもひとつの手段です。

 

もちろん、一か所の修理より、時間も費用もかかりますが、これをしておけば今後の故障を未然に防ぐことができます。部品が壊れるたびに都度修理をおこなうよりも、手間や時間を結果的に減らすことができるでしょう。

 

長く走った車は買い取りできないかもしれない

「メンテナンスや修理にちまちまお金を使うくらいなら、いっそ過走行車は売却してしまったほうがよいのでは?」と考えている方もいらっしゃると思います。しかし、買取値段にはあまり期待できないことも多いでしょう。

 

また、場合によっては買取値段が付かないこともあります。ここでは、なぜ値段に期待できないのか、どのような場合に値段が付かないのかを、確認していきましょう。

 

13年は中古車買取りに出す1つのボーダーライン

日本では、所有年数13年というのがひとつのボーダーラインとなることがあります。自動車の所有年数が13年を超えてくると、自動車税が増税するからです。走行距離が10万kmを越えたらボーダーラインといわれることがありますが、最近は車の耐久性が飛躍的に向上しているため、以前よりはましな値段で買い取ってもらえることもあります。

 

ではなぜ10万kmといわれているのかといえば、昔は「10年、10万km」という目安に車を手放すことが多く、覚えやすい目安となったためです。

 

値段が付かない場合もある

走行距離が長く、型の古い自動車の場合、買取店によっては値段が付かない場合があります。自社で部品を修理したり、交換したりできる業者であれば、買い取ってくれるケースもあるようですが、そうした業者はそう多くはありません。

 

「0円であれば引き取る」といってくれる業者もあるかもしれませんが、その場合、廃車手数料を支払わなければいけない場合があるようです。

 

買取りができなくなったら引き取ってもらおう!

買取りができなくなったら引き取ってもらおう!

 

せっかく思い切って愛車を手放そうとしたのに、中古車販売業者から「買い取れない」「どうしても引き取ってほしいなら廃車手数料が必要」などといわれてしまったら、困ってしまいますよね。

 

そんなときは、廃車引取り業者の利用がおすすめです。廃車引取り業者とは、走行距離が長すぎるなどの理由で買い手がつかない車を、無料で引き取ってくれる業者のことをいいます。

 

車を廃車にする際には、「廃車手続き」というものが必要になるのですが、廃車引取り業者であれば、こうした面倒な手続きも請け負ってくれる場合が多いでしょう。また、車の型や状態などによっては、有料で買い取ってくれる場合もあります。

 

中古車販売業者から「買い取れない」といわれてしまった方は、ぜひ一度廃車引取り業者に見積りを依頼してみてください。あなたの大切な愛車も、きっと無料で引き取ってもらえるはずです。

 

まとめ

さて今回は、「走行距離から見る、車を手放すタイミングと車の手放し方」についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?こうしてみると、走行距離が10万kmを過ぎたら買い替えどきといわれていることにも納得できると思います。

 

またせっかく愛車を手放す気になったのに、中古車販売業者などから「買い取れない」と断られてしまったら悲しいですよね。走行距離が10万kmを超えているなら、廃車引取り業者の利用がおすすめです。

 

無料で相談、見積りをしている業者もたくさんありますので、まずは複数の業者から、相見積りなどを出してもらってはいかがでしょうか。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。