お役立ちコラム

重量税は13年経つと変わる!車にかかる知っておくべき税金について

重量税は13年経つと変わる!車にかかる知っておくべき税金について

 

自動車重量税のことは聞いたことがあるけど、なかなか詳しい仕組みまでは分からないですよね。「自動車重量税」という名前だから、重量が大きい自動車は税金が高くなるのだと思うけど、いったいどういう仕組みで税金が決まるのか知りたいですよね。

 

しかも、自動車重量税は自動車を登録してから13年を過ぎると増税されることになっているのです。重量の大きな自動車を長く乗っている方は、ご自身の車どれくらいの増税になるのか気になりますよね?

 

この記事では、自動車重量税とはどのような仕組みで金額が決められていて、新車登録から13年後、18年後にはどのくらいの税額になるかをご紹介します。それから、長く同じ自動車に乗っている方の自動車重量税が大幅に増税するのを抑えるためにできる対策を考えていきましょうね。

 

 

自動車重量税とは?

自動車重量税とは、自動車の重さによって自動車を新規登録または車検時に車検の有効期間分をまとめて納める国税です。税額は自家用普通自動車の場合は初回登録なら3年分、車検時だと2年分をまとめて支払う仕組みになっています。まとめて支払うって、いくらになるかますます気になりますよね。

 

重さによってかかる費用が違う

自動車重量税は、車両重量によって定められています。「自家用乗用車」の場合では、新規登録から「13年以下の車は0.5トンごとに4,100円/年」と定められています。

 

たとえば、車両重量1.3tの自家用乗用車の場合では、年間の重量税は、「4,100円×3=12,300円」です。登録から3年目で初回車検時ですと車検有効期間が2年なので、「12,300円×2=24,600円」の重量税を支払うことになります。

 

ちなみに、「自家用乗用軽自動車」の場合、重量税は「13年以下の車で車両重量に関わらず3,300円/年」です。

 

たとえば、登録から3年目で初回車検時ですと車検有効期間が2年なので、「3,300円×2=6,600円」の重量税を支払うことになります。

 

自家用乗用車の場合の重量税「24,600円」と比べて自家用乗用軽自動車の重量税「6,600円」は、「18,000円」もお安めになっております。重量税が安いことも、軽自動車の方が維持費を抑えられる理由のひとつといえるでしょう。

 

重量税の支払いどき

重量税は、車検証の交付または新規届出済証をする際に支払います。重量税相当額の収入印紙を購入し、所定の納付書に貼付して、管轄の陸運支局または軽自動車検査協会に納付するのです。

 

ディーラーなどで車検を受けると、ディーラーが納税者に代行して納税をおこなってくれます。重量税が車検の総額の中に含まれていて、重量税はいくらなのか分からないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

重量税は13年経過すると負担額が増える!

重量税は13年経過すると負担額が増える!

 

自家用乗用車の重量税は「0.5トンごとに4,100円/年」でしたが、13年超過車では「0.5トンごとに5,700円/年」となります。

 

たとえば、2tの車両重量のある車の場合の重量税は「13年未満だと2年分で32,800円」から「13年目を超える車では2年分で45,600円」と大幅にアップします。これに加えて毎年支払う自動車税も13年目から15%アップしますから、自動車維持費が大幅な出費増ですよね。

 

軽自動車の場合

登録から13年を超えて18年未満である軽自動車の重量税は、「車両重量に関わらず1年で4,100円」です。登録から13年を超える自家用乗用軽自動車の重量税は2年分で「4,100円×2=8,200円」です。自家用乗用車との差が歴然ですね。

 

18年経過するとさらなる増税

18年を経過した自家用乗用車の重量税は、「0.5トン当たり年間の重量税では6,300円/年」と定められています。たとえば、2tの重量がある自家用乗用車に車検時にかかる重量税は、1年あたり25,200円×2年=50,400円です。

 

これはかなりの出費になりそうですし、経済的な理由で重量税が安くなるなら軽自動車を選ぶ方も多いかもしれませんよね。

 

重量税の13年後の増税を抑えるには

これまでお伝えしたように、「自動車重量税」は登録から13年を超えると14%増税されることになっています。ただ、13年以上も乗ってきた愛着のある車ですから、長く乗り続けたい気持ちもありますよね。

 

車に愛着があるとしても、しかし、自動車重量税が約14%も増えるのは悩んでしまいます。それでは、どうすれば自動車重量税をどうしたら抑えることができるのでしょうか。

 

軽自動車に乗る

ちなみに、登録から18年経過する自家用乗用軽自動車の重量税は「1年ごとに4,400×2年分=8,800円」です。18年目の自家用乗用車(2t)「50,400円」と軽自動車「8,800円」との自動車重量税の差はとても大きくなります。

 

普通車を選ぶメリット・デメリットはいろいろありますが、重量税の差額は歴然です。税金面では、軽自動車を選ぶことでかなり重量税を抑えることができます。長く同じ車に乗りたいなら軽自動車を選択肢に入れるのも手ですね。

 

エコカー減税対象車を所有する

エコカー減税の基準を満たす「エコカー」は重量税を減税されます。2021年4月30日までに登録した場合、エコカー減税には、燃費基準の達成度合により25%減税、50%減税、75%減税、100%減税(免税)という4段階が設定されています。

 

2014年4月1日から2017年4月30日までに登録したエコカー減税対象車は、初回車検時もエコカー減免適用で免税となります。そして、2012年5月1日から2014年3月31日までに登録したエコカー減税対象者は初回車検時50%も減免となります。

 

つまり、新車購入時に免税を受けた車両については、初回車検時も免税となります。さらに、5年分も自動車重量税を免税されることになるのです。この違いは大きいですね。しかも、もともと重量税が安めの軽自動車なら、もっとお得になるでしょう。

 

ご自身の車がエコカー減税の対象車種になるかなどの詳細については、国土交通省ホームページで重量税の金額を確認できます。

 

電気自動車、ハイブリッド車は対象外?

電気自動車やハイブリッド車にはさらに優遇された税制措置がとられています。平成30年度には、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車などは、重量税は新車新規登録時、初回車検時も免税となっています。

 

ハイブリッド車を含むガソリン車・LPG車の重量税は、2007年排ガス規制75%低減または2020年度排ガス規制50%低減基準を達成する度合につれて軽減免税されるのです。

 

ここでは重量税のお話でしたが、自動車取得税や自動車税にも免税や軽減措置があるので、気になる方はご確認くださいね。

 

廃車の際の申請は必須!

廃車の際の申請は必須!

 

自動車重量税は3年分または2年分を前払いすることになっています。もし、車検残存期間がある車を廃車にした場合は、その期間に相当する税金が還付されることになっています。

 

自動車リサイクル法によって指定の業者によって適正に解体したのち、申請手続きをしなくてはいけません。手続きをしないと自動車重量税を余分に払うことになり、残存期間分の重量税が還付されないのでご注意くださいね。

 

13年を超えると自動車税も変わる?

ここまで、13年を超えると重量税が変わるというお話をしてきました。しかも、車検時に払う重量税とは別に、毎年払っている「自動車税」も変わります。では、どのように変わるのでしょうか。

 

排気量ごとに支払額が変わる

自動車税は4月1日時点で登録がある自動車に支払い義務のある地方税です。そして、排気量ごとに支払い額が定められています。そして、新車登録から13年を超えると、15%割り増しになるというのです。

 

たとえば、登録から13年を超える自家用普通車の場合、排気量1L以下で29,500円、1L~1.5Lでは34,500円となっています。

 

1.3Lのコンパクトカーで34,500円ですが、自動車税もエコカー減税対象車となるかどうかで税金が変わってきますので、きちんと把握しておかなければなりません。エコカー減税対象外の普通車なら新規登録から「13年を超える1.3Lの車にかかる自動車税は40,000円」となります。

 

軽自動車でも20%増税

それでは、軽自動車の自動車税はどうなるでしょうか。軽自動車の自動車税は登録から13年未満の場合は10,800円となっています。それに対し、登録から13年を超えた軽自動車の自動車税は20%増しの12,900円となっています。割合的には普通車よりも増税率が上がっていますが、金額は多くありませんよね。

 

1.3Lコンパクトカーと軽自動車の見た目は大きく変わらないかもしれません。しかし、登録から「13年を超える1.3Lの車にかかる自動車税は40,000円」で「13年を超える軽自動車の自動車税は12,900円」とかなり違う気がしませんか?

 

毎年支払う自動車税も考えると、自動車重量税とともに車両重量が重めで排気量が大きい車を所有することは、税金面で大きな負担になるといわざるをえません。軽自動車か普通車かは利便性だけではなく、ランニングコストを考えて選ぶとよいでしょう。

 

まとめ

この記事では、自動車の重量税とはどのような仕組みで金額が決められているかお伝えしてきました。新車登録から13年後、18年後にはどのくらい高くなるか、エコカーや軽自動車を買うとどれくらい税金を抑えられるのかもご紹介しました。

 

自動車は乗っていなかったとしても所有することでランニングコストがかかります。もし、13年超えの車を所有している場合は自動車税も重量税も高くなってしまいます。

 

ご自身の場合はどれくらいの税額になるかを確認し、重量税が13年目に上がるのを機に手放すのもありかもしれません。ぜひ、ご自身の車に関する税金を含めた維持費を調べてよい選択をしてくださいね。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。