お役立ちコラム

廃車手続きの場所はどこ?普通車と軽自動車では場所が異なります

廃車手続きの場所はどこ?普通車と軽自動車では場所が異なります

 

「車検の期限が迫っている、事故などの事情から処分したい車がある……」など、さまざまな理由から今ある車を廃車したいと考えることもあるでしょう。しかし、車をどこへ持っていけばよいかがわからなければ身動きが取れませんよね。また、すでに廃車の手続きの方法をご存知の方も、もっと手間のかからない手段がないかと探してはいませんか。

 

今回は廃車手続きをおこなう場所や仕方、業者に依頼する場合など、廃車手続きについて解説します。そのほか、ナンバープレートと現住所が違う、といったようなイレギュラーな状況での廃車方法もご紹介していきます。ご自身やお車の状況にあわせて、適切な方法で廃車をおこなってください。

 

 

廃車手続きの場所:自分で廃車する場合

普通車を廃車にする方法は、大きく分けて2つあります。車検証やナンバープレートを返却する点は共通していますが、名義を抹消する方法や手続きが終わった後の車の扱いに違いがあるため注意が必要です。

 

【普通車】永久抹消登録

永久抹消登録をすると、運輸局に登録されている自動車の情報が永久的に抹消されます。この登録をされた自動車は、今後再登録することができません。修理できない事故車や修理費用が高額になってしまう故障車、価値がなくなってしまい売ることもできないような車を廃車にする際に、この永久抹消登録をおこないます。

 

永久抹消登録をおこなう際はあらかじめ自動車を解体しておく必要があるため、まずは解体業者に持ち込まなければなりません。また、自動車リサイクル法に基づき、各都道府県ごとに解体許可を得ることが必要となっています。間違っても自分で解体したり、許可のない業者に解体を依頼することのないようにしましょう。

 

自動車の解体が完了すると、解体通知の受け取りが可能になります。これは書面で送付されないため、解体業者に直接確認するか、自動車リサイクルシステムのホームページで確認しましょう。このとき、永久抹消登録するにあたって「移動報告番号」と「解体報告日」を控えておく必要があります。

 

解体通知を確認したら、最寄りの運輸局へ必要な書類を持ち込めば手続きをおこなうことができます。車検証、ナンバープレート、所有者印鑑証明、所有者の実印、移動報告番号と解体報告日を控えたものを用意しましょう。

 

ナンバープレートについては、プラスドライバーを使って自力で外すことができます。後ろに取り付けられたナンバープレートの右上のネジには封がついていますが、こちらもマイナスドライバーなどで破ることが可能です。車検がひと月以上残っている場合は自動車重量税の還付金を受け取ることができますから、所有者名義の口座番号のわかるものも持参しましょう。

 

最寄りの運輸局でナンバーを返却したら、申請窓口に備え付けられているOCR申請書第3号様式の「3」を取得し、掲示されている記入見本のとおりに記入していきます。手数料納付書と自動車税の申告書も窓口で取得することができますので、同時に記入してください。

 

また、車検期間がひと月以上残っている人は、自動車重量税還付申請書もあわせて窓口で受け取ってしまいましょう。記入・提出が完了すれば、自動車重量税が月割りで還付されます。それらの書類がすべて記入された状態で、申請窓口に提出しましょう。無事に永久抹消登録が完了すると「登録事項等証明書」を発行してもらえます。

 

【普通車】一時抹消登録

一時抹消登録の場合も、永久抹消登録と同じく最寄りの運輸局で申請をおこないます。必要なものはナンバープレートと車検証、印鑑証明証と実印、350円の申請手数料です。ナンバープレートを返却窓口に返却し、350円の検査登録印紙を購入して手数料納付書に貼りつけます。

 

その後は申請窓口でOCR申請書第3号様式の「2」を取得して記入見本のとおりに記入し、書類一式を提出しましょう。一時抹消申請が完了すると「登録識別情報等通知書」を発行してもらえます。自動車税の申告書の詳細な記入方法を窓口でたずねながら、記入したものを提出しましょう。

 

軽自動車の廃車には要注意

普通車の場合は運輸局に提出した書類ですが、軽自動車の場合は書類の提出先が「軽自動車検査協会」となります。その点だけ気をつけていれば、書類や手続きの流れ自体はほとんど変わりません。一時抹消登録に必要な手数料も、普通車の場合と同じく350円です。

 

解体届出書など、受け取る書類の一部が軽自動車用のものとなりますので、窓口で確認し、間違わずに取得してください。

 

廃車手続きの場所:業者に依頼する場合

廃車手続きの場所:業者に依頼する場合

 

廃車手続きを業者に依頼する場合、まずは依頼する業者を自分自身で選択する必要があります。引き受けてくれる業者には、ディーラーや自動車修理工場、中古車販売会社や解体業者などがありますから、サービスなどを見比べて条件に合った業者に依頼しましょう。

 

業者まで自動車を持ち込む際は、ご自身が運転して持っていく方法で構いません。ただし、事故車・故障車のような運転して動かせない車の場合はレッカーしてもらうことも考えましょう。

 

免許証のコピーと車検証、認印、自賠責保険の原本、発行から3ヶ月以内の印鑑証明とその実印といった必要書類を業者に渡すと、廃車の手続きを代行してもらうことができます。手続きが完了すれば、後日業者から「抹消登録証明書」が送られてきます。もちろん、業者に依頼するだけの費用が発生することを忘れないようにしましょう。

 

廃車手続きは自分?業者?

これまで説明してきた通り、廃車の手続きは自分でおこなうことも、業者に依頼することも可能です。それぞれにメリットがありますので、比較しながら自分にあった手続き方法を選びましょう。

 

自分で廃車すると確実に廃車申請をおこなえる

業者に依頼した場合、抹消登録証明書が送られてくるまでに数日~1ヶ月ほどかかります。書類が届くまでは廃車申請がおこなわれているのか確認することができず、1ヶ月経っても届かないといった場合には、それに気づいて業者に連絡し、確認する必要が出てきます。

 

手続きの完了日は重量税の還付金にも関わってくる問題ですので、廃車の手続きを代行してもらう際には必ず、手続きにかかるおおよその日数を聞いておきましょう。

 

業者に依頼すると簡単

業者に依頼することのメリットは、何と言っても手間がかからないことです。自分で用意する書類が少なく済みますし、混みあった窓口に並んで提出するといった面倒もありません。

 

さらに、業者によっては廃車を解体した際に出た部品を買い取ってくれる業者や、自分には価値がなかった車でも買い取ってもらえる場合があります。自分で手続きをおこなうよりもおトクになることもあるかもしれません。

 

業者に依頼する場合は業者選びがカギ!

業者に依頼する場合は業者選びがカギ!

 

メリットの多い手続きの代行依頼ですが、依頼する業者によって特色が異なります。吟味するにあたって必要に応じて複数の業者から話を聞き、相見積りをとるようにしましょう。以下のポイントに留意して業者を選ぶことをおすすめします。

 

手続きが無料な業者がお得

レッカー代や代行手数料、解体費用など、業者ごとに設けている料金体系は異なります。永久抹消登録をディーラーに依頼する際は解体費用を請求される場合もあり、車種や状態、依頼内容によっても料金が変わってしまうため注意が必要です。中には手数料が割高な業者もありますので、必ず見積りを出してもらってから依頼するようにしましょう。

 

実績を確認しよう

きちんとした実績を示している業者を選びましょう。たとえば、口コミなどが確認できる業者であれば、経験談を見比べることで安心して依頼をすることができるでしょう。またはホームページやポータルサイトへの掲載がされている業者であれば、そちらに書かれている情報についても確認することをおすすめします。

 

スタッフの対応も判断材料

見積りを出してもらうときや初めて電話でやり取りをしたときの対応をチェックしましょう。スタッフの言葉の端々や表情からも誠実さが伝わってきます。迷ったときは「このスタッフの対応なら信頼できる」といった基準で判断をするのもよいでしょう。

 

こんなときの廃車はどうする?Q&A

さまざまな理由があって手続きの条件が揃わないことや、ご自身やお車が複雑な条件下にあるためにどうやって手続きをしたらよいかわからないこともあるでしょう。そんなときはどのように廃車手続きをしたらよいか、以下に紹介します。

 

ナンバープレートの地名と現住所が違う場合は?

ナンバープレートには、車を登録した時点で本拠地を管轄していた運輸支局を表す地名が記載されています。このため、引越しなどの事情で最寄りの運輸支局が変わった場合も、ナンバープレートに記載されている運輸支局までわざわざ手続きにいく必要はありません。

 

他県ナンバーの車も、最寄りの運輸支局の窓口で「移転抹消登録」という手続きをすることで、現在の居住区で廃車することができます。住所のみの変更をともなう場合は、通常の必要書類に加えて住民票の写し、登録手数料、自動車税・自動車取得税申告書が必要となります。申告書は窓口で取得することができます。

 

車のナンバープレートがない場合は?

車を廃車するにあたって、車のナンバープレートを返却窓口に返却する必要があります。そのため、ナンバープレートがない場合は運輸支局で再発行しなければなりません。受け取ったナンバープレートをそのまま返却窓口に返却することで、廃車手続きを進めることができます。

 

もしもナンバープレートが盗まれてしまったなどの理由で手元にない場合は、警察署や交番で盗難届を作成しましょう。国土交通省運営している各地の運輸支局のホームページがありますので、そこから理由書をダウンロードし、盗難届を出した際に受け取った受理番号を理由書に記入します。

 

この理由書は廃車時にあわせて提出することができ、ナンバープレートがなくても手続きをおこなうことが可能になりますよ。

 

車が手元にない場合は?

ナンバープレートだけでなく、車自体が手元にない場合も廃車手続きは可能です。盗難にあってしまった場合もナンバープレートと同じく、盗難届を出して理由書に受理番号を記入しましょう。解体をしなくても、受理番号があれば永久抹消登録も可能です。

 

洪水で流されてしまったなど、災害などによって車を紛失した場合は、被災した市町村の役所・役場で罹災証明書を発行してもらうことができます。災害の種類などの紛失した理由によって必要な書類が異なりますので、役所の方に確認しましょう。

 

また、ナンバープレートもなくなっている場合は、ナンバープレート紛失の理由書もあわせて作成する必要があります。理由書と罹災証明書とともに廃車時に窓口へ提出することで、廃車手続きを進めることができます。

 

まとめ

今回は廃車の手順と、手続きをおこなう場所について解説しました。車を廃車するときはさまざまな書類を作成し、普通車なら運輸局、軽自動車なら軽自動車検査協会へナンバープレートとともに提出します。廃車する方法には永久抹消登録と一時抹消登録があり、自分でおこなうことも業者に任せてしまうことも可能です。

 

自分でする場合は手間がかかるものの、廃車登録をすることが可能です。業者に任せる場合は必要書類が少なく済むなどより手軽で、部品などに買取価格がつく場合もあります。

 

どちらにもメリットはありますが、業者に依頼する場合は必ず手続きにかかる期間の目安や費用を確認しましょう。サービスの内容や料金などを比較して、見積り金額に納得できる業者に依頼してください。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。