お役立ちコラム

廃車の還付金まとめ|複雑な手続きから解放&損したくない人必見!

廃車の還付金まとめ|複雑な手続きから解放&損したくない人必見!

車を廃車にするときには費用がかかります。できるだけ損したくないと思うのは当然ですよね。お得に廃車にするために気をつけなければならないのは廃車手続きの方法です。実は手放す方法によっては還付金がもらえなくなってしまうこともあるってご存知ですか?

それではどのような廃車の方法なら、どれほどの還付金がもらえるのでしょうか?このページでは還付金の種類や計算方法、受け取り方だけでなく、注意すべき還付金をもらい損ねてしまう廃車方法、もらえなくてもそれ以上にお得になる方法など、詳しく解説していきます。

廃車の還付金とは

還付金とは、納めすぎた税金が返ってくる仕組みのことです。自動車や軽自動車は廃車した際に、まとめて払っていた税金の一部が返金されます。税金以外にも返還されるお金がありますので、まずは何が返金されるのかをみていきましょう。

自動車税

自動車税は、毎年4月1日の時点で登録されている自動車の所有者に、翌年の3月までの1年分が課税されます。その1年間のうちに廃車にして登録を抹消すると、残りの期間分の税金を還付金として受け取ることができます。

重量税

重量税は車検の有効期間分、つまり次回の車検を受けるまでの期間分を一度に車検費用に含めて納税しています。そのため、車検が切れる前に廃車にすると、残り期間の前納してある車検代金を返納してもらえます。

ただし、軽自動車の場合は軽自動車税という名前になり、還付はありません。

自賠責保険

自賠責保険は国内を走る自動車すべてに加入義務がある強制加入保険です。税金ではありませんが重量税と同じく、車検の有効期間分の保険料を車検の際に支払います。もちろんこちらも、車検期間中に廃車すると残りの期間分の保険料を返金してもらえます。

自賠責保険の還付金額を知るためには、自賠責保険証明書等に記載の電話番号へ問い合わせ、確認するのが確実です。還付申請も保険会社に申請をおこなうこととなりますので、ご加入の保険会社にお問い合わせください。

いくら戻ってくる?計算方法

廃車の還付金まとめ|複雑な手続きから解放&損したくない人必見!

自動車税や重量税、自賠責保険はそれぞれ期間や金額が異なります。いったいいくらの還付を受け取ることができるのか、計算方法をみていきましょう。

自動車税

自動車税の還付金は、支払った自動車税×廃車手続き完了翌月から3月までの月数÷12、という式で計算されます。支払った自動車税の金額がわからない場合は、主税局のホームページの一覧表で確認しましょう。

表は車種や総排気量、営業用か自家用か、乗用車と軽自動車、トラックや貨客乗用車など、いくつかの項目に分けられているので、自分の車はどれにあたるのかしっかり確認しましょう。前章で触れたとおり、軽自動車の場合は還付されないので注意してください。

重量税

重量税の還付金は、支払った重量税×残りの車検有効月数÷24、という式で計算されます。車検の有効期間が2年ではなく3年の場合は、支払った重量税×残りの車検月数÷36、として計算しましょう。支払った重量税の金額がわからない場合は、車検証の備考欄に記載されていることが多いので確認してください。

どうやって還付金を受け取るの?

これまでの章でご説明しました還付金は、廃車をおこなったらその場で手渡しされるものではありません。普通自動車の廃車手続きの際、必要書類の提出や手続きが別途必要になります。それでは手続き方法や還付される時期を順に確認していきましょう。

受け取りの手続きと方法

還付金の受け取り手続きは、廃車手続きと同じく運輸局でおこないます。同時におこなうことができますので、手順や手続きを確認し、運輸局に何度も足を運ぶ必要のないようにしましょう。

廃車手続き完了時に受け取った書類の内容を還付申請書に書き写し、提出することで自動車税の還付金の申請手続きは完了します。重量税の申請の際には、マイナンバーカードや通知カード、個人番号が記載された住民票の写しのどれかひとつと、所有者名義の口座番号がわかるものが必要です。

運輸局の申請窓口でOCR申請書第3号様式の「3」を取得し、窓口や記入スペースに貼り出された見本を参考に記入していきます。軽自動車の場合は提出する書類の一部が軽自動車用のものになりますので、窓口で確認しましょう。自動車税の申告書も窓口で取得できますので記入していきます。

また、自賠責保険の還付金についてはご加入の保険会社に問い合わせて確認してください。

いつもらえる?

車を廃車して1か月から2か月ほどで、印鑑証明書に記載された住所へ「還付通知書」が届きます。届きましたら認印と身分証明書をともに持参し、指定された銀行等の金融機関にて、還付金を受け取りましょう。

【実はとってもめんどう!】廃車手続きについて

廃車の還付金まとめ|複雑な手続きから解放&損したくない人必見!

還付金を受け取るためには、廃車を完了させなければなりません。ただ、その廃車手続きにはとても手間や時間が必要なのです。廃車手続きの手順を記載させていただきますので、流れを確認していきましょう。

廃車手続きを自分でおこなう方法

廃車手続きをするためには車を解体し、運輸局で永久抹消登録の手続きをする必要があります。解体は自動車リサイクル法によって、業者に依頼しなければならないと定められていますので、解体許可を受けた解体業者のもとに車を引き渡し、解体してもらいましょう。

その後、解体通知を直接業者から受け取るか、自動車リサイクルシステムのホームページにて確認します。解体通知の「移動報告番号」と「解体報告日」を控えましたら、ほかの必要物とともに運輸局へ持っていきましょう。

ただし、軽自動車を廃車にする場合は提出先が運輸局ではなく、軽自動車検査協会になりますので気をつけてください。ほかの必要物は、ナンバープレート、車検証、所有者印鑑証明、所有者の実印です。

自動車税の申告書と手数料納付書は、窓口で取得できますので記入してください。その際、手数料の支払いは必要ありません。車検の有効期間が1か月以上残っている場合は、自動車重量税還付申請書も受け取りましょう。

これらの書類へ記入が完了しましたら、申請窓口に提出します。永久抹消登録が完了しますと「登録事項等証明書」が発行されますので、受け取りましたら廃車手続きは完了です。

廃車手続きは費用もかかる

上述のとおり、廃車手続きにはかなり多くの書類を集め、記入することが必要となります。しかしそれだけでなく、廃車手続きは業者に車を解体してもらう必要があるため、解体費用もかかってしまうものです。

さらに解体手数料だけでなく、レッカー代や引き取り手数料、廃車手続き代行手数料など、業者によってサービスに応じたさまざまな手数料が発生します。

お得でスムーズ!廃車引き取り業者が人気の理由

前の章で廃車手続きについて解説させていただきましたが、その手続きのめんどうさから廃車引き取り業者が人気となっています。廃車引き取り業者には多くのメリットがありますので、自分の車の状態や手間、還付金額などと見比べて検討してみてください。

なぜ廃車引き取り業者がおすすめなの?

中古車販売店やディーラーでは、普通に運転することが難しくなった車を無料で引き取ってはくれません。そういった場合には、廃車引き取り業者がおすすめです。多くの廃車引き取り業者は自社工場で解体をおこなっています。解体することでまだ使えるパーツや鉄、ガラスやアルミなどの資源を取り出し、販売することで利益を上げているのです。

そのため、ディーラーや中古車販売店では値段がつかない車でも、廃車引き取り業者なら査定額がつくことが多くあります。さらに、中古車販売店なら手数料が必要な場合も、廃車引き取り業者はパーツの販売で利益を上げられるため、ほとんど無料で解体や手続きをおこなってもらえるのです。

廃車を引き取ってもらう場合は還付金が受け取れなくなりますが、解体費用がかからないだけでなく、それ以上に買取金額を提示してもらえるので、多くの場合はお得になります。前述したような廃車手続きをすべて無料で代行してくれる業者も多くあり、手間の削減やお得さから、廃車引き取り業者への依頼がおすすめです。

どこの廃車引き取り業者がいいの?

廃車引き取り業者に廃車を依頼する際、どこの業者に依頼すればよいのでしょうか。業者選びは、この基準ならこの業者に頼むべきなど、一概に示すことはできません。カスタムパーツに高額査定ができる業者、事故車でも鉄やアルミの塊と考えて買い取ってもらえる業者等、それぞれに強みが異なります。

そのため、いくつかの業者の査定を受け、実際に見積りを出して比較する、相見積りという方法が推奨されます。見積りが無料で見積り後の契約を強制されない、キャンセル料も無料の業者を選びましょう。

とはいえいくつかの業者に電話をしようにも、どの業者が廃車を引き取ってくれるのか、見積りやキャンセル料が無料なのかといったことはわからないと思います。また、ひとつひとつ電話をかけたり、業者のホームページの査定フォームに個人情報を毎回入力したりするのはめんどうです。

そんなときは、ぜひ廃車引取り手続き君の一括査定フォームをお使いください。一括査定とは、フォームに車種や走行距離などの情報を一度打ち込むだけで、複数の業者に入力情報が送られ、査定を受けることができる方法です。

一括査定のメリットは、何度も情報を打ち込む手間の削減だけではありません。特に廃車引取り手続き君は、レッカー代や書類代行などの費用等、すべて無料とお約束いただいた業者のみに情報が送られますので安心してご利用いただけるのです。

ほかにも業者を選ぶ際は、電話対応が丁寧で、素早く行動してくれるかを重視しましょう。素早く引き取って廃車手続きをおこなってもらえないと、手続きの完了が翌月になってしまうことで月割りの還付金の金額が減るといった問題が起こりえます。

お得に廃車したいのなら一括査定をおこなって、素早く丁寧で高い見積りを出してくれる業者を探すべきでしょう。

まとめ

車をできるだけお得に廃車しようと思ったら、還付金の金額を必ず確認しなければなりません。紹介した方法で還付金を計算し、どれほどの金額が返ってくるのかを知りましょう。しかし、廃車して還付金を受け取るためには、めんどうな廃車手続きと解体費用、手続き代行を依頼するのなら手数料もかかってしまいます。

よりお得に、スムーズに廃車するためには廃車引き取り業者の査定を受けるのがよいでしょう。買取金額が還付金よりも高ければ、迷わず任せてしまうべきです。買取業者を選ぶ際は買取価格が高いのはもちろん、見積りやキャンセル料が無料の業者を選びましょう。

業者選びに迷った際は一括査定をおこない、電話対応が丁寧で対応が素早く、信頼できる業者に依頼をしましょう。その際は無料で利用できる廃車引取り手続き君の一括査定を、ぜひご利用くださいませ。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。