お役立ちコラム

廃車は名義人以外でもできるのか|必要な書類と手続きを解説します

廃車は名義人以外でもできるのか|必要な書類と手続きを解説します

「ずっと使っていない親族の車があるから廃車にしたい」と廃車の手続きをお考えのかたはいませんか。使う予定のない車は、場所だけを取ってしまい邪魔になりがちです。しかし、廃車を名義人以外がおこなうには、どうすればいいのかわからないですよね。

この記事では、そういった名義人が異なる車の廃車手続きについて、必要な書類や名義変更の方法などをご説明いたします。また、故人名義の場合や軽自動車の場合に、どのように廃車手続きをおこなえばよいのかもあわせてご紹介します。

廃車を名義人以外がおこなう場合は「委任状」が必要

知人や家族といった、実際に連絡が取れる人の車の廃車を名義人以外がおこなう場合、委任状が必要です。委任状には、実際に廃車申請をおこなう人の名前と住所、申請を代理人に依頼する人の名前を記入する必要があります。

また、双方の実印も必要となるため、ご注意ください。

譲渡証明書が必要になる場合もある

委任状以外にも、譲渡証明書が必要となる場合があります。譲渡証明書は、手続きのすべてを自分ひとりで進めていく場合には必要ありませんが、ディーラーや廃車買取の業者へ依頼するなら用意しなければいけません。

また、廃車手続きをおこなう場所と、車が登録されている場所が違う都道府県である場合も、譲渡証明書が必要になります。廃車手続きを進める場合、基本的には各都道府県の陸運局でおこなうのですが、このときナンバープレートを発行した陸運局でおこなう必要があるのです。

譲渡証明書は、国土交通省が定めた形式のものでなければいけません。譲渡証明書が必要になった場合は、国土交通省のサイトからダウンロードすることができるので、そちらを記入して使うようにしましょう。

故人名義の車の場合はまず名義変更が必要です

故人名義の車の場合はまず名義変更が必要です

車が故人名義である場合、廃車を名義人以外がおこなうためには、いくつかの手続きをおこなう必要があります。連絡が取れる人の場合とは手順も異なるので、しっかりと確認しておきましょう。

車を相続する人を決める

故人名義の車を廃車にする場合、まず車の相続手続きをおこなう必要があります。相続の手続きは、陸運局でおこないます。廃車手続きをおこなう本人だけではなく、複数人で相続することも可能です。

必要書類をそろえる

車を相続する人が決まったら、手続きに必要な書類を集めましょう。以下が、車の名義変更に必要な書類です。

  • ・戸籍謄本(故人との関係性がわかるもの)
  • ・除籍謄本(所有者の死亡が確認できるもの)
  • ・遺産分割協議書
  • ・相続人の印鑑登録証明書
  • ・相続人の実印を押印した委任状

必要な書類が多いため、忘れないようにしっかりと確認しておきましょう。

陸運局で名義変更の手続きをする

必要な書類をすべて用意できたら、名義変更をおこなう本人が陸運局で手続きをおこなってください。不備や問題がなければ、無事に車の名義変更が完了します。

あとは、通常の廃車手続きと同じく手続きを進めるだけで、故人の所有していた車でも廃車にすることが可能です。

他人名義の車を廃車にする方法

他人名義の車の廃車手続きをおこなう場合、廃車にしてから解体する「一時抹消登録」と先に車を解体する「永久抹消登録」の2種類の方法があります。

どちらの方法でも廃車にすることは可能ですが、内容がすこし異なっているので、どちらの手続きでおこなうのか確認しておきましょう。

廃車にしてから解体する一時抹消登録の場合

一時抹消登録の場合、解体業者に依頼することになるのですが、依頼するためにいくつか準備しておかなければならないことがあります。

・車の所有者が誰なのかを車検証で確認する
まずは、廃車手続きをおこなう車の車検証を確認して、所有者が誰であるのか明確にしておきましょう。所有者が誰かわからない場合、後述する必要書類を集めることができなくなってしまうので、必ず確認してください。

・手続きに必要な書類を集める
一時抹消登録の手続きには車検証と車のナンバープレート2枚に加えて、譲渡証明書と委任状、持ち主と本人の印鑑証明書が必要になります。これらの書類を集めて、後述するナンバープレートの準備もできたら、陸運局に提出しましょう。

このとき、手数料として850円かかってしまうのでご注意ください。また、車検証の所有者がなんらかの理由で名前や住所が変わっていた場合、旧姓が記載された住民票と戸籍謄本が必要になります。

・ナンバープレートを取り外す
普通自動車で一時抹消登録をおこなう場合、ナンバープレートの提出も必要となっています。ドライバーがあれば、自分で取り外すことが可能です。

封印と呼ばれるアルミ製のキャップをマイナスドライバーで外すと、なかのボルトが見えるようになるので、プラスドライバーで取り外しましょう。

まれに盗難防止用のボルトが使われていることがありますが、この場合自分で取り外すのは非常に難しいので、業者に相談してください。

・解体業者に引き取ってもらう
用意した書類とナンバープレートに問題がなく、陸運局で一時抹消登録の手続きが完了したら、解体業者に引き取ってもらいましょう。引き取りは、解体業者が引き取りに来るパターンと、仮ナンバーを発行して解体業者に自分で持ち込むパターンのどちらかになります。

・解体届を提出する
どちらかの方法で解体業者に車を引き取ってもらうことができたら、陸運局から一時抹消の登録証明書、解体業者から移動報告番号と解体証明書を受け取ります。受け取ったら、陸運局の窓口で解体届を提出してすべての手順が終了です。

先に車を解体する永久抹消登録の場合

先に車の解体をおこなう永久抹消登録の場合、一時抹消登録と手順が大きく異なります。また、一時抹消登録の場合はナンバープレートを取り付けることであらためて登録し直すことが可能ですが、先に解体をおこなう永久抹消登録では登録し直すことはできません。

・解体業者に引き取ってもらう
永久抹消登録の場合、まず車の解体をおこないます。解体の手続き自体は一時抹消登録と同じく、解体業者に依頼しておこなってください。このとき、本人が所有している車でない場合、持ち込みを断られてしまうことがあります。

そのため、他人名義であれば、念書や本人確認ができる書類を求められる場合があるという点にご注意ください。

・車検証に記載されている所有者が誰であるのか確認する
車を解体業者に引き取ってもらうことができたら、車検証で所有者が誰になっているのか確認しておきましょう。他人名義の車の廃車手続きをおこなう場合、所有者の印鑑証明書と実印が必要になるので、必ず誰かわかるようにしておいてください。

・手続きに必要な書類を集める
一時抹消登録と違い、先に解体をおこなっているため、必要な書類がすこし異なっています。車検証と車のナンバー前後2枚に所有者の印鑑証明と実印、委任状までは同じですが、永久抹消登録の場合は移動報告番号と解体報告日も必要になります。

移動報告番号と解体報告日は、廃車を依頼した引き取り業者で確認することが可能です。

・陸運局に書類を提出する
必要な書類を集め終わったら、陸運局で証紙を購入して、納付書に貼り付けて提出してください。このとき、永久抹消登録の場合は、手数料がかかってしまうので注意しましょう。提出が終わったあと、とくに不備や問題がなければすべての手順が終了です。

軽自動車を廃車にする場合

軽自動車を廃車にする場合

軽自動車の廃車を名義人以外がおこなう場合は、普通自動車の場合とすこしだけ手順が異なります。おおまかな流れは普通自動車と変わりませんが、集める書類やナンバープレートの提出方法などに違いがあるのです。

一時抹消登録の場合

軽自動車の場合は、車検証と車のナンバー前後2枚に加えて申請依頼書を集めるだけで手続きが可能になります。住民票や印鑑証明書が不要となり、普通自動車よりは書類が集めやすくなっています。

また、普通自動車ではナンバープレートを取り外す必要がありましたが、軽自動車の場合はその必要はありません。

永久抹消登録の場合

永久抹消登録の場合は、車検証と所有者の印鑑に車のナンバー前後2枚、引取証明書と解体届出書が必要になります。ナンバープレートは一時抹消登録の場合と異なり、軽自動車であっても取り外して提出しなければいけません。

廃車は業者に任せたほうが簡単です

ここまで、廃車を名義人以外が自分でおこなう方法についてご紹介してきましたが、廃車の手続き自体は業者に依頼することも可能です。業者であれば、多くの必要な書類を自分で集める手間が省かれ、手続きもスムーズにおこなってもらえるでしょう。

まとめ

廃車は車の名義人以外でもおこなうことができます。家族や知人など実際に連絡が取れる人の場合は、委任状や譲渡証明書など必要な書類を集めて陸運局で手続きが可能です。

しかし、故人名義や他人名義の場合は、必要な書類や手続きが大きく異なります。また、普通自動車と軽自動車でも手順が異なってしまうため、自分ですべておこなうには手間がかかってしまいがちです。

そのため、廃車手続きを考えているなら業者に依頼するのがおすすめです。業者であれば、名義人や普通自動車と軽自動車など、条件を気にせず依頼することができます。廃車の手続きをお考えのかたは、業者に相談してみてはいかがでしょうか。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。