お役立ちコラム

廃車の登録をしよう!普通車の廃車手続きに必要な書類はあるの?

廃車の登録をしよう!普通車の廃車手続きに必要な書類はあるの?

車を廃車にするには、廃車の登録手続きをする必要があります。「車の置き場に困っているので、廃車の登録手続きがしたい」と考えている人もいるかもしれません。では、実際どのように廃車の登録手続きをおこなえばいいのでしょう。

廃車の登録手続きは自分でもおこなうことができますが、必要な書類や注意点などを事前にチェックしておくとスムーズです。また、廃車登録には種類があり特徴も違うため、自分のやりかたにあったものを選ぶことができます。

この記事では、廃車登録の注意点や種類、手続きの流れなどについてご紹介します。

「廃車」の「登録方法」には種類がある

廃車登録は大きく2種類に分けられます。この章では、その2種類の登録方法について簡単にご紹介していきましょう。

永久抹消登録

永久抹消登録とは、「今後もずっとこの車を使いませんよ」というものです。永久抹消登録は基本的に完全に解体してあるものや、事故などで使用することができなくなった場合に手続きされます。

廃車買取業者などに依頼すると、解体された部品などを買い取ってもらえることもあります。また、車を持っているだけで、自動車税や場合によっては重量税を払わなくてはならないため、永久抹消登録をした方がお得です。

一時抹消登録

一時抹消登録は、永久抹消登録の時とは違い解体する必要はありません。というのも、一時抹消登録は「とりあえずその間廃車扱いにしたい」という場合におこなう手続きだからです。たとえば、「海外に転勤するためしばらく車を使わない」など、長期間車に乗らない場合などに使われます。

また、一時抹消登録の際も陸運支局で手続きをおこないます。一時抹消登録をすることで、自動車税の支払いを止めることができたり、再度申請をすることでまた公道を走ることができたりするメリットもあるのです。

【永久抹消登録】をしよう

廃車の登録をしよう!普通車の廃車手続きに必要な書類はあるの?

これから使用しない、または乗ることができない車を廃車にしたい場合は、永久抹消登録をしましょう。この章では永久抹消登録についてご紹介します。

必要な書類

永久抹消登録を自分でおこなう場合に必要な書類は以下のとおりです。

  • ・車の所有者の印鑑証明書
  • ・車検証
  • ・ナンバープレート2枚(前後)
  • ・移動報告番号と解体報告記録日の記録
  • ・手数料納付書
  • ・永久抹消登録申請書
  • ・自動車税・自動車所得税申告書

車の所有者が、直接申請に来ることができない場合は委任状が必要です。ネットにてダウンロードすることが可能なので、印刷して記入しておきましょう。

移動報告番号と解体報告記録日の記録を、自分がわかりやすいように控えておくといいですね。

登録方法

  1. 解体業者やディーラーなどに、自動車の引き取りを依頼する。
  2. それぞれ必要な書類を用意し、陸運支局に手続きへ。(軽自動車の場合は軽自動車検査協会へ)
  3. 解体・引き取りの際にもらったナンバープレートを窓口へ渡す。
  4. 抹消登録証明書を受け取る。

費用

永久抹消登録の費用は、車の状態に大きく左右するのであくまで目安です。

費用
車を動かせる状態の場合 約300~10,300円
車を動かせない状態の場合 約20,000円~40,000円

車が動かせる状態の場合は、車を解体業者へ持って行く際のレッカー代などが発生しないため安く済むでしょう。自走出来ない車であればレッカー移動の費用が含まれるため少々お値段が張ります。

なお、各手数料などは地方・業者によってそれぞれ異なります。

注意点

永久抹消登録の場合、解体終了してから15日以内に登録しなくてはならないため、注意が必要です。また、手続きはほとんどの場合陸運支局でおこないます。土日はお休みであることと、月末は混みあう時期であることを把握しておきましょう。

【一時抹消登録】をしよう

長期間車を使用しないので、とりあえず廃車登録をしておきたいという場合は、一時抹消登録をしましょう。ここでは、一時抹消登録について詳しくご説明いたします。

必要な書類

一時抹消登録の際に準備しておく書類は以下のとおりです。

  • ・所有者の印鑑証明書
  • ・車検証
  • ・ナンバープレート2枚(前後)

永久抹消登録の際と同じく、車の所有者が登録に来れない場合は本人の委任状が必要になります。また、一時抹消登録は解体などをしないため、永久抹消登録に比べ必要な書類の数が少ないです。

登録方法

  1. 一時抹消登録に必要な書類を用意する。
  2. 解体業者などにナンバープレートを車から外してもらう。
    ※ナンバープレートを自分で外すことは違法行為にあたります。
  3. 陸運支局へ行き、手数料を支払う。
  4. 外したナンバープレートを窓口で渡す。
  5. 一時抹消登録証明書を渡す。

費用

一時抹消登録の費用は、自分でやる場合と行政書士などの専門家に代行を依頼する場合によって大きく変わります。

費用
自分でやる場合 約650~750円
行政書士に依頼する場合 約5,000円~8,000円

このように費用が大きく変わるので、自分で手続きできるのであれば自分でおこなうのがいいかもしれません。

注意点

「一時抹消登録をしていたが、もう乗らないので解体したい」という場合は、永久抹消登録する必要があります。お近くの陸運支局にて「解体届出」をしましょう。また、この場合も解体終了の通知から15日以内に手続きをおこないます。

一時抹消の場合は【再登録】も可能

一時抹消登録した車を、また乗れるようにすることが可能です。その際は「中古車新規登録」という手続きをしましょう。陸運支局にておこなうことができます。

廃車登録の代行・廃車依頼はプロに相談できる!

廃車の登録をしよう!普通車の廃車手続きに必要な書類はあるの?

「廃車登録をしたいけど、お仕事の都合で陸運支局に行くのが難しい」「廃車の手続きについて疑問がある」という人は、プロに代行・相談してもらうのも1つの手です。

廃車の手続きを代行してくれる業者は、行政書士、廃車買取業者などがあります。しかし、行政書士は車の解体などの依頼をすることができません。ですので、車の解体や書類の手続きなどをすべておこなってくれる廃車買取業者に依頼するのをおすすめします。

まとめ

これまで、廃車の登録手続きについてご紹介してきました。

廃車の登録手続きには二度と使用しない車を廃車にする「永久抹消登録」と、一時的に自動車税を止める「一時抹消登録」があることがわかりましたね。自分の都合に合わせて廃車の方法を選びましょう。

また、基本的には自分でおこなうと費用は安く済む傾向にあります。しかし、陸運支局は土日がお休みであったり、繁忙期になると混みあったりすることなど、費用は安いものの、迅速に解決したい場合は不便なことが多いです。

廃車の登録手続きを代行、また、なにか不安がある場合は、業者に相談することをご検討ください。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。