お役立ちコラム

「廃車」と「解体」の違いは?解体は廃車買取業者への依頼がおすすめ

「廃車」と「解体」の違いは?解体は廃車買取業者への依頼がおすすめ

「廃車を解体したいけど、できるだけ費用をかけたくない……」「そもそも廃車と解体の違いがいまいちわからない……!」と思われている方も多いのではないでしょうか。

廃車にするということは頻繁にはない出来事なので、どうしたらいいのかわからないことだらけかもしれません。もう乗れなくなってしまった車は、解体するしかないと思われがちですが、じつは「廃車=解体」とは限らないのです。

この記事では、廃車と解体の違い、廃車をお得に解体する方法、廃車に買取価格がつく理由、業者の選び方、廃車を高く売るコツについてわかりやすくお伝えしています。お世話になった愛車のいく末を知って、廃車となっても高額買取となる可能性について理解を深めていきましょう。

廃車=解体ではない!

みなさんは廃車に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。「乗れなくなってしまった車は、使える部品とそうでない部品にわけて解体するんじゃないの?」と考える方も多いかもしれません。しかし、廃車がすべて解体されるとは限らないのです。廃車=解体ではないということはどういうことでしょうか。廃車について詳しくみていきましょう。

廃車とは車の車歴を抹消することいい、「永久抹消登録」と「一時抹消登録」という2つの抹消登録タイプがあります。ちなみに、軽自動車の場合は、それぞれ「解体返納」「自動車検査証返納届」と呼び方が異なります。

・永久抹消登録
永久抹消登録とは、陸運局や軽自動車協会に登録されている自動車の情報(排気量や大きさなど)を永久的に消すことです。永久抹消登録をすると以下のメリット・デメリットがあります。

【永久抹消登録のメリット】

  • ・自動車税の還付が受けられる
  • ・自動車重量税の還付が受けられる
  • ・自賠責保険料の還付が受けられる
  • ・自動車を駐車するガレージが必要なくなる

永久抹消登録をすると、自動車税の納付義務がなくなるため、自動車税の還付を受けることができます。また、車検時に払い込み済みの自動車重量税や、自賠責保険料についても還付を受けることができるのです。自動車を駐車するために、月極のガレージを契約している人にとっては、そのガレージ代も不要になるので、毎月の出費を減らすこともできます。

【永久抹消登録のデメリット】

  • ・基本的に事前に自動車の解体が必要となる
  • ・解体してから登録を申請するため、原則再登録ができなくなる

永久抹消登録は、すでに車が解体された状態でナンバープレートと解体証明書を運輸支局に提出しないと、受理してもらえません。また、永久抹消登録後の再登録はできません。

・一時抹消登録
一時抹消登録とは、一時的に車検証とナンバープレートを陸運局に返納して登録を抹消することをいいます。もう一度乗りたいと思えば、再度新規登録をおこなうとまた公道を走れるようになります。永久抹消登録と違うところは、自動車を「解体」する必要がないということです。また、一時登録抹消をすることでお金の面に関して以下のメリットがあります。

  • ・自動車税の納付義務がなくなり、還付金を受け取れる
  • ・自賠責保険の還付金が受け取れる

一時抹消登録をおこなうと、自動車税の納付義務がなくなります。年の途中に一時抹消登録をおこなうと、納付済みの自動車税の還付が受けられるというメリットがあるのです。注意するべき点は、還付がおこなわれるのは、「普通車のみ」ということでしょう。

軽自動車は、残念ながら自動車税の還付は受けられませんので、一時抹消登録は翌年の自動車税納付義務者となる4月1日の、前月にあたる3月中におこなうことをおすすめします。

また、自賠責保険の還付金が受け取れるということも利点です。自賠責保険は基本的に一括払いなので、次の車検がくるまで加入している状態が続いていますが、一時登録抹消をすると加入義務がなくなります。自賠責保険の解約が可能となるので、解約して、すでに支払った保険料は月賦(げっぷ)で一定額ずつ徐々に還付してもらうようにしましょう。

上記2つの抹消登録は、現在住所を管轄している運輸支局でおこなうことができます。運輸支局とは、自動車・鉄道・海事などに関する業務をおこなっている国土交通省の地方支部局のそのまた下にある、地方運輸局の業務を補完している支局のことです。ちなみに、陸運局では普通車、軽自動車検査協会では軽自動車の情報がそれぞれ登録されています。

廃車にする車を解体する3つの方法

「廃車」と「解体」の違いは?解体は廃車買取業者への依頼がおすすめ

廃車を永久抹消登録するためには、原則事前に解体することが必要となります。車が好きな方は、自分で廃車を解体できるのではないかと思われるかもしれません。はたして自動車の解体は自分でできるのか、それとも業者に依頼するべきなのか、どこの業者に依頼すればいいのかなど、廃車を解体する方法についてご紹介していきます。

廃車を自分で解体することはできない!

結論からいうと、廃車の解体は自分ではできません。解体をおこなうことができるのは、都道府県の許可を得た解体工場に限られています。カーナビやETCなどの後付けのパーツは自分で取り外しても違法ではありませんが、使用済み自動車のパーツを解体業者の許可なく取り外すことは違法とされています。

カーナビやETCは自分で取り外しが可能なので、次の車に乗り換えるさいに利用しようと考える方もいるかもしれません。しかし、メーカー標準装備のカーナビだった場合、新しい車種に対応できない可能性があるので注意が必要です。

また、取り外しが簡単なものではなく、配線が複雑で取り外しに手間がかかるものに関しては、失敗してしまうと故障してしまう危険もあるので気をつけましょう。そのなった場合、廃車の解体は業者に依頼する必要がでてきます。以下では廃車を解体する3つの方法を解説しています。

【方法1】解体工場に持っていく

廃車の解体にかかる手数料を安くしようとする場合、「廃車を解体工場へ直接持っていく」という方法があります。このときの費用相場は1~4万円ほどです。しかし、自分でナンバープレートを外し、廃車手続きまでしないといけない場合があるので、手間と時間がかかってしまい面倒かもしれません。

また、永久抹消登録は、平日しか空いていない陸運局で申請する必要があり、待ち時間もあるので退屈な時間を過ごすことになってしまうでしょう。また、まったく動かなくなってしまった自動車については、解体業者から引取費用を請求されることがあります。

【方法2】ディーラーに引き取ってもらう

困ったことがあったときはディーラーに相談するのもよいでしょう。ディーラーに廃車を依頼すると、廃車手続きを代行してくれるので、手間と時間がかかりません。

中古車として買い取ってもらえる場合もありますが、不動車なら廃車手続きに関する手数料、解体費用、車の引取費用などが含まれるので、費用相場は2~7万円ほどかかるようです。また、ディーラーは車の販売会社なので、廃車に関しては、廃車買い取りの専門業者へ依頼する場合もあります。その際、中間手数料が上乗せされる可能性もあるので、費用が高くついてしまいます。

【方法3】廃車買取業者に持ち込む

3つめの方法は、廃車買取業者に持ち込むというものです。廃車にかかる費用相場は基本的に無料となっているので一番おすすめです。廃車にかかるいっさいの手続きも代行しておこなってくれるので、手間もかかりません。

また、動かない車を無料で引き取ってもらえ、車の状態によっては有料買い取りもしてもらえる場合があります。なぜ無料なのかというと、廃車買取業者は廃車に特化した業者なので、廃車に関しても販売できるルートを持っています。日本製の自動車は世界的にみると高品質なので、海外市場に売却することで利益を得られます。

なぜ廃車が買い取ってもらえる場合があるの?

先ほど、廃車買取業者に持ち込むと専門の販路ルートを持っているため、廃車にかかる費用が無料になるということをご紹介しました。ここではなぜ廃車が買い取ってもらえるのかについて、もう少し詳しくみていきます。

中古車としての需要があれば、廃車になっても買い取ってもらえます。業者によっては、車種や車の状態をみて、解体するよりも中古車として販売したほうが利益を得られると判断した場合、廃車でも買い取りします。海外でも、日本の車は2年に1度車検を受けているので、中古車でも状態がいいと判断され需要があるのです。

また、中古車として再利用されなくとも、自動車の部品を買い取ってもらえる場合があります。自動車は約3万個の部品から作られており、日本製の自動車に使用されている部品は高性能なものが多いため、国内外で再利用されています。

また、自動車はステンレス・アルミ・鉄・胴など、総重量の約80%以上が金属でできています。業者はこれらの金属を自社で再利用するほか、別の業者に販売して利益を得ることもできるため、廃車でも買い取ってもらえるのです。

廃車買取業者はこうして選ぶ!

「廃車」と「解体」の違いは?解体は廃車買取業者への依頼がおすすめ

廃車が買い取ってもらえる理由についてはおわかりいただけたでしょうか。次は廃車買取業者の選び方について解説していきます。どこの業者に依頼するといいのか、業者選びのさいに困らないように事前にポイントを抑えておきましょう。

相見積りは必須

廃車買取業者を決めるさいは、必ず相見積りをとるようにしましょう。相見積りをとることで、費用を比較することができるだけでなく、契約内容の違いも明らかになります。焦らず、予算とも相談して、自分の納得できる見積りを提示してくれた廃車買取業者を選ぶようにしましょう。

実績を確認

廃車買取業者の実績も業者選びをするには見逃せないポイントです。実績があるということは、それだけたくさんの人から選ばれてきたという歴史があり信頼度が高いということなので、安心して依頼することができます。

スタッフの対応をみる

廃車買取業者だけでなく、すべての業者に対していえることですが、スタッフの対応が親切で丁寧か、ということも業者選びの判断基準となります。いくら費用が安くても対応が雑だと、のちのちトラブルが起きる可能性も否定できません。安心して気持ちよく利用することができそうな業者を選ぶようにしましょう。

できるだけ高く買い取ってもらう豆知識

廃車買取業者では、有料で廃車を買い取ってもらえるところもあります。長年愛用してきた車となると、できるだけ高く買い取ってもらって、次の車を購入する頭金となれば嬉しいですよね。最後になりましたが、できるだけ高く廃車を買い取ってもらうための豆知識をお伝えします。

12~3月の依頼を避ける

12~3月は廃車の買い取り額が低くなってしまう傾向があります。なぜならば、自動車税の支払い義務が発生する4月までに廃車にしてしまおうと考える人が多く、廃車買取業者にとって12~3月は繁忙期となるからです。廃車を高く売りたいなら、5~7月がおすすめです。この時期になると業者も繁忙期を過ぎて閑散期に入るので、廃車買取の値段交渉がしやすくなります。

自分の車のよさを伝える

廃車買取業者が廃車に対して査定額を決めるさいに重要になるのが「車検証」の存在です。業者側も廃車といっても車種情報がよくわからないものに関しては、金額をつけることがむずかしくなってしまいます。自分の車のよさをしっかりと伝えて、より査定額が高額になるように気をつけましょう。業者が知りたい車種情報をいくつかまとめましたので、参考にしてみてください。

  • ・車名
  • ・車体番号
  • ・型式
  • ・車検の有効期間
  • ・走行距離
  • ・燃料の種類
  • ・車の外装・内装の状態
  • ・乗車定員
  • ・車両総重量

まとめ

廃車=解体というイメージをもたれがちですが、じつは廃車といっても解体する必要がない場合もあります。また永久抹消登録をするさいは、事前に廃車の解体が必要ですが、解体には許可が必要なため自分ではできません。

そうなると、業者に解体を依頼する必要があります。一番費用も手間もかからないのは廃車買取業者に持ち込む方法です。廃車買取業者を選ぶさいは、「相見積り・実績・スタッフの対応」という3つのポイントをしっかり抑えておきましょう。

できるだけ高く廃車を買い取ってもらうためには、業者の繁忙期を避け、車検証などをしっかり準備しておくことが大切です。長年愛用してきた車が高く売れると、次の愛車となる車購入の頭金となるかもしれませんね。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。