お役立ちコラム

廃車の処分について

車の買い替え時に廃車依頼すると手数料発生?負担ゼロで高く売る方法

車の買い替え時に廃車依頼すると手数料発生?負担ゼロで高く売る方法

 

車を買い替える際、維持費や駐車場などの問題から、多くの人が古い車を手放します。ディーラーに下取り価格が0円といわれたり、引き取るために手数料がかかってしまうといわれたりしても、廃車の手続きの面倒さから下取りを選ぶ人は多いのではないでしょうか?

しかし手放す方法次第では、廃車にする手数料がかかるどころか買い取ってもらうことができるのです。このページでは、車を買い替える際に最もお得に手放すことができるよう、費用や買取金額などからいくつかの業者を比較し、ご紹介します。

そのほか、廃車にする基準や手続き方法、業者を選ぶポイントなどもお伝えさせていただきますので参考にしてください。

車を買い替える!廃車の買取金額はいくら?

車を買い替える際、従来通りディーラーに下取りをお願いするだけでなく廃車専門の買取業者に依頼する方法があります。それぞれどの程度の費用や買取価格になるのでしょうか?

ディーラー・中古販売

ディーラーや中古販売業者は、中古車として再販するために車を買い取ります。そのため、年式が新しい車や走行距離の少ない車、人気の車種であれば下取り価格をつけてくれることでしょう。

しかし、走行距離が10万キロを超えていたり、発売から10年以上が経過していたりする車ですと、中古車としての価値がほとんどないため下取り価格はほとんどつきません。たとえ走らせる分には問題がなくとも価値がなければ、ディーラーは下取り価格をつけてくれず、廃車にするしかないというのです。

多くの場合、下取り価格がつかず、廃車手数料として1万円から3万円程度が請求されます。

廃車専門の買取業者

ディーラーや中古販売業者で、納得のいく下取り価格がついたらよいのですが、手放す車にそれほどの価値が残っていることはあまりありません。そんな車を廃車にする際は、廃車専門の買取業者に依頼します。

廃車専門の買取業者は、買い取った自動車を廃車にするのではなく、そのまま再販したり、解体したりします。解体して取り出したパーツを再利用したり、原料として販売したりすることで利益をあげます。そのため、車としての市場価値がないものでも、なんらかの価値を見出して買取査定をしてくれるのです。

たとえば、事故や水没などで完全に動かなくなった車や、パーツが使えなくなってしまった車であっても、鉄の塊として買取価格をつけてくれます。買取ってもらえないと思っていた車でも、数十万単位の査定額がつくこともあるようです。

「廃車」の共通項

「廃車」の共通項

では、ディーラーや中古販売業者に買取価格をつけてもらえず、廃車にするしかないといわれてしまうのはどんな車なのでしょうか。廃車の基準はいくつかありますので、紹介させていただきます。

事故車・不動車

事故車は単に事故をお起こし、外観にへこみなどの損傷が見られる車を示すのではありません。事故車とは、事故や経年劣化などにより骨格部位を損傷させてしまい、交換や修理をおこなったことのある車のことをいうのです。修理や交換によって問題が完全になくなっていても、査定の減額基準になってしまいます。

骨格部位は自動車公正取引協議会、日本自動車査定協会、日本中古車販売協会連合会によって細かく規定されています。傷のサイズやへこみなど、損傷具合によっては事故車とならない場合もあり、自分で判断するのは困難です。車の修理を依頼したことのある方は、事故車の基準に当てはまっているか業者に確認を取るのがよいでしょう。

不動車とは水没や事故、バッテリー上がりなどによって動かなくなった車や、車検が切れて走らせることができなくなった車のことをいいます。車検が切れている場合は車検事業者に車検をおこなうことができる工場まで運搬してもらい、車検を受けることもできます。

事故車・不動車は査定価格の減額対象として車の価値を減らす要因となり、廃車にするしかないことが多いのです。

古い・ボロボロ

車が古くなった、ボロボロになったという状態に明確な基準はありませんが、新車購入時から10年以上が経過しているものは古くなったと扱われることが多いでしょう。それだけ長く使用されてきた車ですと、ボディーの傷やへこみ、塗装の色あせが目立ち、内装の汚れやにおいも取れないことがあります。

自動車に使われている機械の故障リスクも高まりますので、一般的に下取り価格はつかないことがほとんどです。

多走行

昔は、「走行距離が10万キロを超えたら寿命」といわれていましたが、現代ではパーツ交換や定期的なメンテナンスによって、10万キロを超えても問題なく走らせることができます。しかしながらエンジンやそのほかのパーツなども次々と劣化してくるため、中古車市場では10万キロを超えた時点で下取り価格がつかなくなることが一般的です。

元の車両価格が高額な車や台数の少ない車などは、10万キロを超えても査定がつく場合がありますので、あくまでも走行距離は廃車の目安程度にお考えください。

廃車の手続き方法

廃車手続きをディーラーや中古買取業者に依頼すると、手数料を請求されることがほとんどです。手続きの方法を知っておけば自分で手続きをおこなうことや業者に依頼する際の参考にすることができます。

全体的な流れ

自動車を廃車にするために必要な手続きには、「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2種類があります。自動車を手放して、もう二度と乗らないという場合(一般的な廃車手続き)におこなうのは永久抹消登録です。自動車を解体したのち、必要書類を運輸局に持ち込んで申請することで永久抹消登録が完了します。

運輸局へ足を運んだ際に、自動車重量税や自動車税の還付申請などもおこなうことも可能です。普通車の場合、手続き完了日の翌月以降分の税金が月割りで還付されます。ただし、軽自動車の場合は自動車税が還付されないので注意してください。

しばらくすると手続きの際に提示した印鑑証明書に記載された住所に「還付通知書」が届きますので、認印と身分証明書を持参し、指定された銀行などで還付金を受け取りましょう。自賠責保険も還付を受けることができますので、ご加入の保険会社にお問い合わせください。

自分で廃車手続きする方法

自分で廃車手続きをすれば、ディーラーや中古車買取業者に手数料を請求されずに済みます。必要書類が多く、手続きは非常に面倒ですので、手間と費用を比較して検討してください。

最初に車を解体する必要があるのですが、自分で解体をおこなうことはできません。自動車リサイクル法によって、車の解体は業者に依頼しなければならないと定められています。解体許可を受けた解体業者のもとに車を引き渡し、解体してもらいましょう。

そのあと解体通知を直接業者から受け取るか、自動車リサイクルシステムのホームページで確認します。解体通知の「移動報告番号」と「解体報告日」を控えましたら、そのほかの必要物を揃えて運輸局に持ち込みます。

ただし、軽自動車の廃車手続きの際は、運輸局ではなく軽自動車検査協会へ提出してください。そのほか必要物とは、ナンバープレート、車検証、所有者印鑑証明、所有者の実印です。ナンバープレートはドライバーなどを用いて自力で取り外すことができます。

自動車の後部にあるナンバープレートの右上のネジには封が施されていますので、マイナスドライバーなどで破りましょう。そのあと、プラスドライバーですべてのネジを取り外すだけで、ナンバープレートの取り外しは完了です。

運輸局にいったらナンバープレートを返却窓口へ返したのち、自動車税の申告書と手数料納付書を取得し、記入します。車検の有効期間が一か月以上残っている場合は自動車重量税還付申請書も受け取りましょう。

書類への記入がすべて終わりましたら、申請窓口に提出します。無事に永久抹消登録が完了しましたら「登録事項等証明書」が発行されますので、受け取ってください。これで廃車手続きは完了です。

業者に廃車手続きを依頼する方法

これらの自分でおこなうには面倒な廃車手続きも、業者に代行してもらうことができます。費用がかかってしまうこともあるのですが、業者や手放す車によっては費用が無料になったり、むしろ手数料以上の買取金額をつけてもらえたりすることもあるのです。

依頼する際は廃車手続きを代行してくれる業者に電話で連絡を取り、必要書類を確認して揃えます。必要書類とともに業者の指定した場所へ車を持ち込み、引き渡しましょう。不動車など、動かすことができない場合はレッカーを手配してくれることもありますので、業者に相談してください。

業者に廃車手続きを依頼する場合の必要書類は、自動車検査証、印鑑証明書、印鑑証明書に登録された実印のみです。軽自動車の場合は印鑑証明書が必要なく、実印でなくても認印で手続きを進めることができます。

そのほか車検が一か月以上残っている場合は、還付金を受け取るための口座番号がわかる通帳などが必要です。地域や車の所有状態によって別途書類が必要となりますので、詳しくは依頼した業者に確認しましょう。

車の状態別!車の買取先の選びかた

車の状態別!車の買取先の選びかた

中古車として販売することが得意な業者、不動車でも解体することで価値を見出すことができる業者など、業者によって得意な車はさまざまです。自分の車の状態と見比べ、車の売却先として最適な業者を選びましょう。

事故車・不動車

事故車や不動車は中古車として再販することができず、ディーラーや中古買取業者に下取りを依頼しても値段をつけてもらえないことがほとんどです。そのため、車がたとえ走れなくても、パーツごとに査定し買取価格を出してくれる、廃車買取業者に依頼するのがよいでしょう。

古い・多走行・軽い事故車

古くなってしまった、多走行・過走行となってしまった車、修復や交換をしたものの事故車として判別される車は、中古買取業者か廃車買取業者に売ることができます。まだ走れるものの日本では価値がつかない車も、海外に販路をもつ中古買取業者なら、高値で買い取ってくれる可能性があるのです。

中古買取業者が納得のいく査定額を出してくれなかった場合や、そもそも買取をしてくれなかった場合は、確実に買い取ってくれる廃車買取業者に依頼しましょう。

比較的新車

車の状態がよい、新車として購入してから年数がそれほど経っていないなど、車にある程度の価値が残っている状態でしたら中古買取業者やディーラーに買い取ってもらえます。状態が悪くても乗り換えをおこなうのであれば、ディーラーが購入車と引き換えに下取りしてくれる場合もあるでしょう。

廃車買取業者を選ぶポイント

廃車買取業者に依頼する際、気をつけるべきポイントがいくつかあります。これらを知らずに依頼すると、価値のある車が不当な価格で買いたたかれてしまうことや、廃車手続きがスムーズにおこなわれず、トラブルに発展してしまうこともあるのです。

相見積り

廃車買取業者にも、カスタムパーツに高額査定ができる業者、事故車でも鉄やアルミの塊と考えて価値を見出してくれる業者など、それぞれ強みの異なる業者がいます。また、一社のみに任せっきりでは、その買取価格が適正かどうかもわかりません。

そのため、いくつかの業者の査定を受け、実際に見積りを出して比較する、相見積りという方法がおすすめです。その際は、見積りやキャンセル料が無料で、見積り後の契約を強制されない業者を選びましょう。相見積りは3社以上から取るのがおすすめです。

接客対応

車の売却をトラブルなく進めるには、丁寧に話し合うことができる業者でなくてはなりません。気持ちよく取引ができる業者かどうかは、相見積りを取る際の電話対応で見極めることができます。

売却するメリットや査定額を伝えてもらうことはとても大事ですが、それだけでなく手続きについてしっかりと説明をおこなう業者を選ぶとよいでしょう。言葉遣いや態度など、自分が納得して売却できる業者を選ぶのもポイントです。

無料レッカー・査定

買取業者を選ぶのですから、もちろん査定価格や必要な手数料は重要なポイントとなります。査定価格が高いだけでなく、無料でレッカーを手配してくれる業者など、必要な費用すべてを合計して一番お得になる業者を選びましょう。

最近では永久抹消登録手続きの代行も、無料でおこなってもらえる廃車買取業者が増えています。

即日対応・早期取引

廃車の手続きは、できるだけ早くおこなうほうがよいものです。素早く手続きをいってもらえなければ、手続き完了日が翌月になってしまい、月割りの還付金が減額されてしまうなどの問題が起こりえます。お得に廃車をしたいのなら、すぐに査定に駆け付けて、素早く廃車手続きをおこなうと約束してもらえる業者を選ぶべきです。

そのほか

初めて廃車買取業者に売却する方がほとんどでしょうから、トラブルや買いたたきを警戒し、不安に思う方が多いと思われます。そういった不安を解消するには、ホームページに買取実績やお客様の声などを掲載している業者を選ぶとよいでしょう。

実績を見ることでその業者に期待できるおおよその見積り金額が想像でき、口コミからはトラブルがなかったか、対応は親切だったか、手続きは素早かったかなどがわかります。不安を解消し、トラブルを回避するためには、依頼する前にホームページを確認しましょう。

実際に廃車買取業者に相談してみよう

車を買い替える際、ディーラーや中古買取業者に流されて手数料を支払い、廃車にするのはとてももったいないことです。古い車を手放す際や廃車にする際は、これまでの章を自分の車の状態や売却先選びの参考にしてください。

廃車買取業者に相談する際は、見積りやキャンセル料、レッカー代や手続き費用が無料で、素早く対応してもらえる業者から相見積りを取るのがおすすめです。とはいえどの業者が廃車を引き取ってくれるのか、条件に当てはまるのかといったことはわからないと思います。

そんなときは、弊社のサービスである一括査定をぜひご活用ください。一括査定とは、フォームに車種や走行距離などの情報を一度打ち込むだけで、複数の業者に情報が送られ、査定を受けることができる方法です。

一括査定ではレッカー代や書類代行の費用など、すべて無料とお約束いただいた業者のみに情報が送られますので、安心してご利用いただけます。査定結果の電話を待ち、まずは電話越しで廃車買取業者に相談してみましょう。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。

・利用規約 ・プライバシーポリシー