お役立ちコラム

廃車の処分について

廃車同然でも下取り査定してもらえるの?値段がついても要注意!

廃車同然でも下取り査定してもらえるの?値段がついても要注意!

車を廃車処分にするとき、新たに購入する車のディーラーで「下取り査定」して値段がつくことがあります。そんなときあなたはどう思うでしょうか。「え!廃車同然なのに値段がついた。うれしい!」と思うのではないでしょうか。

廃車同然の車に値がつき、新車が少しでも安く買えるなら嬉しいですよね。でも、ちょっと待ってください。もしかしたら「下取り査定」は新車を購入してもらうためのエサかもしれないのです。

このコラムでは、「廃車」と「下取り」にどんな違いがあるのか、ディーラーでの下取り査定の裏側事情、廃車買取り業者との比較などをご紹介します。車を買い替えるときにお得になる情報が満載ですので、ぜひお読みいただき、参考にしていただければと思います。

「廃車」と「下取り」にはどんな違いがあるの?

今乗っている車を、これから購入するディーラーで下取りしてもらう、という以外にも、新しい車に買い替える方法は増えてきています。中古車買取り業者が増え、ディーラーよりも高く買い取ってくれるところも増えていますよね。インターネットで数社の見積りを一括で査定してもらえるサイトも広く認知されつつあります。

ですが、動かなくなった廃車同然の車を新車に買い替える場合はどうなるのでしょうか。廃車買取り業者で買い取ってもらうのか、ディーラーで下取りに出すのか、どちらが得になるのでしょうか。

ここでは「廃車」と「下取り」はどんな違いがあるのかを説明していきます。

廃車は問題を抱えた車を手放すこと

廃車は、これまで乗っていた車が動かなくなった場合などに所有者が車を手放すことです。車を解体して、車に乗るために所有者が登録した書類を永久抹消登録することで完了します。

下取りは新車購入を前提とした買取り

下取りは、ディーラーがこれから新車の購入をしてくれる人に対して、その人がこれまで乗っていた車を買い取ることです。下取りで出た利益は新車購入の一部に充てることができます。

廃車同然でも下取り査定で値段がつくことがある

廃車同然でも下取り査定で値段がつくことがある

ディーラーで廃車手続きを代行してもらう場合、手数料を取られてマイナスになってしまったというケースもあるかもしれません。ですが、最近は廃車同然の車でも下取りで値段がつくことがあるのです。

販売店が下取り査定で値段をつける理由

廃車同然だと思っていた車に、例えば5万円の価格がついたとします。「それだったらこのディーラーで下取りをお願いして新車にしてしまおうかな」と購入に至った人もいるでしょう。

ですが、ディーラーは下取り額をつけた分、新車の値引き額を少なくしたかもしれません。購入側には、ディーラー内で調整されている事情などわかるはずもないのです。

新車購入時の値引きゼロになる可能性がある

査定で値段をつけても、新車の値引きを減らしてしまえば販売店は損をしないですよね。つまり、内訳を変更するだけです。下取りしてもらう側はそれに気づかずお金を得したと勘違いしてしまうことがあるのです。

ディーラー側ではそもそも値引きは10万円までと決まっていたとします。古い車の下取り査定で5万円の値をつけたら、新車本体の値引きを5万円に下げれば、値引き10万円はそのままです。

さらに、下取りで10万円の値をつけたとしたら、新車本体の値引きをゼロにすればよいだけです。そんな風に裏側で操作されたとしたら、こちら側に実情はわかりませんよね。「下取りに値がつきますよ」というのはディーラー側の誘い文句にすぎない場合もあるのです。

廃車買取業者のほうが高く売れる?高額査定の理由

車を廃車にする人は、ディーラーや中古車販売業者など、次の車を購入するお店で下取りをする人がほとんどです。ですが、お得なように思えて実は損をしている状況だということに気づいている人は少ないのではないでしょうか。

ディーラーや中古車販売業者に下取りされた車は、結局は廃車業者に引き渡されます。ディーラー側は我々と廃車業者の間に入るだけで、廃車に必要な費用は我々に請求してくるのです。また、保険料などの還付金も、ディーラーや中古車販売業者に依頼した場合は戻らない場合が多いようです。

それでは、一番お金がかからない廃車の仕方をお教えしましょう。ずばり、廃車買取りの専門業者に買取りを依頼する方法です。以下、なぜ廃車買取り業者のほうが高く売れるのか、その理由を説明しましょう。

廃車同然でも部品に価値がある

業者は車を解体した後、パーツを再利用し部品を売って利益を得る仕組みになっています。ですから廃車同然の車や事故車、動かなくなった車でも高く売れる可能性があるのです。取り外したパーツは海外で使用されることもあり、日本で使われなくなったものでも需要は十分にあります。

廃車から部品を外す際の注意点

このように書くと、自分で車を解体してネットオークションなどで販売してみようと思う人もいるかもしれません。ですが、ここで注意しなくてはならないことがあります。2005年1月から施行された自動車リサイクル法により、個人が無許可で自動車を解体することは禁止になったのです。

自動車の解体を行う場合には、都道府県知事からの許可をもらう必要があります。無許可で解体してしまうと罰則の対象になることもあります。解体はやはり業者に依頼したほうがよいでしょう。

また、各自治体の正式な認可のある適正な業者を選びましょう。自治体の許認可を持っていない業者だと、結局は許認可工場に廃車をしてもらうことになるので、中間マージンが取られるという点が要注意です。

廃車を処分する流れ

廃車を処分する流れ

それではここから実際に車を廃車にする流れを説明しましょう。

業者に買取りしてもらう流れ

廃車買取り業者に依頼した場合、電話をすれば引取りにきてくれます。引取りの費用は無料です。しかし、買取りできる車と、できない車があることに注意する必要があります。

登録年数、走行距離、自走可能であることなどの条件が整っていれば、業者は買取り査定をし、値段がつくということになります。ですが、たとえ買取りしてもらえなくても、無料で引取ってくれますので値はつかなくても費用はマイナスにはならないということになりますね。

査定額がゼロだった場合は車を引取って終了、値がつく場合は手続きを無料で代行してくれます。抹消手続き完了後に買取り金額が振込まれ、完了となります。

自分で廃車手続きする方法もある

ここではどうしても自分で廃車したい人に、手続きの方法を説明します。

廃車には「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類があります。この車にはもう乗らないということでしたら永久抹消登録、乗るかもしれないけど、乗らない期間が長くなるということなら一時抹消登録です。

永久抹消登録をすれば、自動車税、自動車重量税、自賠責保険などの税金や保険の納付義務がなくなり、還付金として差額が戻ってくることがメリットとなります。

自分で手続きを行う際に必要な書類

  1. 印鑑証明書(発行後3カ月以内)
  2. 車検証
  3. ナンバープレート
  4. 手数料納付書
  5. 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
  6. 自動車税・自動車取得税申告書

1カ月以上車検が残っている場合はさらに、所有者のマイナンバーカード、重量税還付金を受け取る人の金融機関の口座番号などが必要です。また、自然災害により車がすでにない場合、盗難された場合などによってもさらに必要書類が異なってきますので、廃車前に確認を取るとよいですね。

自分で手続きを行う場合、解体費用、リサイクル料金などすべて持ち出しになってしまいます。書類を集めるだけでも手間がかかり、書類がそろっていない場合はまた取り直しになる可能性もありますよね。

廃車買取り業者に依頼すると、解体費用やリサイクル料金などは無料になるので、ぜひ一度相談されてはいかがでしょうか。きっと、あなたの廃車に最善の方法がみつかると思いますよ。

実際に廃車買取業者に相談してみよう

新しい車を購入するときに廃車同然の車をどうしたらいいのか、ディーラーや中古車販売業者に廃車を依頼する場合と、廃車買取り業者に買い取ってもらう場合を比較してみました。ディーラーで下取りの値がついたとしても、車本体の値引きを下げて調整するところもあるということを認識しておきましょう。

廃車買取り業者では値がつかなかったとしても廃車にかかる費用は無料です。ぜひ見積りを依頼してみてください。車は業者に依頼して廃車にする方法が一番お得になる可能性があります。この記事を読んで、参考にしてくださると嬉しいです。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。

・利用規約 ・プライバシーポリシー