お役立ちコラム

廃車の処分について

エアバッグ作動で廃車する必要があるの?損をしない処分方法

エアバッグ作動で廃車する必要があるの?損をしない処分方法

「事故でエアバックが開いてしまい、修理はどうすればよいのかわからない。」「エアバックが作動してしまったが、車を廃車にするしかないのだろうか。」とエアバックに関して、お悩みの方はいませんか。

このページでは車のエアバックが作動してしまい、どうすればよいのか困っている方に向けて、修理や処理方法などをご紹介していきます。修理費用や手放すことになった際の売却方法なども解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

エアバッグが作動する2つの条件

エアバックが作動するには2つの条件があります。それぞれで車の損傷具合も変わり、修理するか廃車してしまうのかの目安ともなりますので、確認しておきましょう。

車がなにかに衝突すると作動する

エアバック、特にフロント部分のエアバックは、車体前方の複数箇所に設置されているクラッシュセンサーが、衝撃や角度を感知して作動します。

基本的に時速20km~30km以上の速度で正面から衝突したときや、衝撃角30度以上から衝撃を受けたことをセンサーが感知したときに作動するようになっています。

事故以外でも作動することがある

あまり多くあるケースではないのですが、事故以外でも縁石や路肩に乗り上げてしまった際や、段差でのジャンプや着地などの衝撃で作動することがあります。搭乗者に強い衝撃がおよぶ場合にも作動してしまうためです。

修理にはもちろん修理代がかかってしまいますが、フロント部分の破損などがないため修理費用は事故のときと比べて安く済むことが多いでしょう。

エアバッグが作動したらどうすればいいの?

エアバッグが作動したらどうすればいいの?

エアバックが作動したまま運転することはできません。自己判断で処理することは避け、ディーラーや整備業者に状態を確認してもらうようにしましょう。エアバッグが作動した後におこなう作業には、以下のようなものがあります。

エアバッグの修理をする

エアバックは火薬を爆発させることによって素早く膨らませているため、修理の際は基本的に破損したパーツや機構をまるごと交換する必要があるのです。

近年の車は火薬の爆発によってシートベルトを巻き上げ、搭乗者を衝撃から守る機能なども組み込まれており、交換するパーツはさらに増えています。

交換修理が必要なパーツとしては、エアバッグ、エアバッグを制御するコンピューター、クラッシュセンサー、シートベルト、配線部分、破損したハンドルなどが挙げられます。

エアバッグは爆発物であり、精密機械でもあります。自分で修理や分解を試みようとせず、必ず業者に見てもらうようにしましょう。

衝撃で破損した箇所の修理をする

事故によってエアバッグが作動した場合は、車本体も損傷していることがほとんどなので、それらの箇所の修理も別途必要となります。ガラスやバンパー、大きな事故ではフレームやエンジンなどが代表的です。

また、路肩に乗り上げた衝撃でエアバッグが作動するなど、事故ではない場合でもエアバッグを開くための衝撃でどこかに不具合が生じているおそれがあります。そのため、車本体を修理する際は、エアバックも点検してもらうようにしましょう。

修理可能だが費用が高額になることがある

基本的にエアバッグは修理可能なのですが、運転席と助手席のエアバッグの部品だけでも10万円~30万円ほどの費用がかかってしまいます。

さらにこれは部品の費用ですので、実際は工賃や、ガラスやワイパーなどの修理費用もかかってしまうことから、費用は高額になってしまうこともあるでしょう。

フレームの損傷やエンジントラブルが発生した場合は、車の買い替えよりも高いお金がかかることも少なくありません。そういった場合は売却処分や廃車処分をおこなって、乗り換えるという選択肢もあります。

エアバッグが作動した車の処分方法

エアバックが作動した車の修理費用があまりに高額な場合、車を処分するという方も多いのです。この章では、車を処分する場合に保険会社、廃車、売却と、3つの処分方法について解説していきます。

保険会社に連絡して処分する

車両保険に加入している場合、必ず保険会社に連絡しましょう。保険会社に修理見積り金額を高額に査定してもらうことができれば、すべての破損部分を保険金で修理できるかもしれません。

ただし、年式や走行距離の長さなど、保険会社が設定している条件を満たさなければ高額な査定とはならず、保険金と自己負担での修理となります。このように保険金だけでは修理費用が賄えず、自己負担が発生する状態を「全損」と言います。

全損の場合、不足分を自己負担して修理するか、車を処分してしまうかを選択します。処分する場合は査定された保険金を保険会社から受け取ることができるうえ、事故車の所有権を保険会社へ渡して処分してもらうことが可能です。

自分で手続きして廃車処分する

車両保険に加入していない場合は、自分で廃車処分をおこなうことも可能です。修理をおこなわず、もう二度と乗ることのない車ですので、運輸局で「永久抹消登録」という手続きをおこないましょう。登録のためには、自動車を解体し、多くの書類が必要です。

手続きには、時間や手間が多くかかるほか解体業者に依頼する費用、自走できない状態の事故車の場合、解体工場までのレッカー代もかかってしまいます。そのため、今回のようなケースではあまりおすすめできない方法です。

廃車買取業者に連絡して売る

事故車を買い取ってもらうのであれば、廃車買取業者に連絡するのも有効な手段です。廃車買取業者は自動車をそのまま再販するわけではなく、解体して取り出したパーツを再利用したり、原料として販売したりして利益を上げたりしています。

そのため、車としての価値がなくなってしまった廃車にも何らかの価値を見出し、買い取ってくれることがあるのです。

廃車買取業者を選ぶポイント

廃車買取業者を選ぶポイント

廃車買取業者はたくさんありますが、依頼する際はいくつかのポイントに気をつけなければなりません。ポイントを知らずに依頼をすると、高額な買取査定が期待できる車を安値で買いたたかれてしまったり、手続きが滞ってトラブルに発展してしまったりするおそれもあるでしょう。

複数の業者を比較する

廃車取引業者にも、カスタムパーツを高額で取り扱っている業者、車を鉄やアルミの塊と考えて高額査定をしてくれる業者など、それぞれ異なる強みがあります。一社のみの査定では、その業者が自分の車に高額査定を出してくれる業者か判断することは困難でしょう。

そのため、いくつかの業者に見積りを出してもらい比較をする、相見積りという方法がおすすめです。相見積りであれば、複数の業者の内容を比較して、より自分の希望に合った業者を見つけやすくなります。

接客対応をしっかりしてくれるか

大切に乗ってきた愛車を売却するのですから、気持ちよく取引ができる業者に売却したいと思うのは当然です。そんなときは、接客対応がしっかりしている業者を選ぶのがよいでしょう。

接客対応がよい業者であれば、こちらの希望や悩みをしっかりと考慮したうえで、最適なプランを提示してもらえる可能性が高いと言えます。

また、丁寧に話し合うことのできる業者でなければ、車の売却をトラブルなく進められないおそれもあります。車の状態などを詳しく聞いてもらえ、手続きについてしっかりと説明をおこなってもらえる、納得して売却できる業者を選ぶのもポイントです。

還付金の説明をしてくれるか

自動車を解体すると、保険会社へ支払っている保険料や自動車税など、一括で先払いしていたお金が残りの期間に応じて返金されます。そのため、還付金について説明してくれるかどうかも、信頼できる業者を選ぶ際のポイントだと言えるでしょう。

すぐに引き取ってくれるか

自動車を廃車にする際、すぐに引き取りに来てくれるということは重視すべきポイントです。すぐに引き取り、廃車手続きを進めてくれる業者でなければ、廃車手続きの完了日が翌月になってしまうことが考えられます。

そうすると、月割りで計算される還付金が減額されてしまうなどの問題も起こりえるのです。お得に廃車をしたいのでしたら、すぐに査定に駆け付け、素早く廃車手続きを進めることを約束してもらえる業者を選ぶようにしましょう。

手続き費用は無料か

廃車買取業者の中には、廃車手続き費用を無料にしてくれる業者が多くあります。せっかく高額査定を出してくれても、買取手数料や廃車手続き代行手数料などがかさんでしまっては意味がありません。

査定価格だけでなく、無料でレッカーを手配してもらえたり、手続きや査定を無料でおこなってもらえたりと、合計が一番お得になる業者を選びましょう。

廃車買取業者に高額査定してもらおう

エアバッグを修理せずに走り続けることは非常に危険ですが、修理費用はとても高額になりがちですし、乗り換えを検討される方がほとんどでしょう。廃車にする際にめんどうな手続きを自分でおこない、解体手数料を払ってまで廃車にするのはとてももったいないことです。

エアバッグの修理費用が高額になりそうでしたら、めんどうな手続きがいらず、どんな状態の車でも対応してくれる廃車買取業者に依頼することがおすすめです。その際は、見積りやキャンセル料、レッカー代や手続き費用が無料で、素早く対応してもらえる業者から相見積りを取りましょう。

とはいえ、どの業者が廃車を引き取ってくれる業者なのか、どの業者が条件に当てはまる業者なのかといったことはわからないと思います。そんなときは、弊社の廃車引取り手続き君の一括査定をぜひご利用ください。

一括査定フォームに車種や走行距離などの情報を一度打ち込むだけで複数の業者に情報が送られ、査定を受けることができます。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。

・利用規約 ・プライバシーポリシー