お役立ちコラム

廃車の処分について

廃車とスクラップは違う意味?車を処分する流れや高く売る方法

廃車とスクラップは違う意味?車を処分する流れや高く売る方法

「もう乗らなくなった車をどうにかしたい!」「廃車とスクラップの意味って何?」とお悩みの方にそれぞれのメリットや費用の違いなどを紹介していきます。

処分の方法もさまざまですので、処分までの流れもご説明していきます。たとえば、どの方法であればより手間がかからないのか、高く売れるのはどこなのか、なども詳しく紹介していきますのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「廃車」と「スクラップ」はどう違うの?

車を手放す方法はいろいろありますが、その中に廃車やスクラップという選択肢があります。では、そもそも廃車とスクラップとは、それぞれどういう意味なのでしょうか。まずはその違いについて確認していきましょう。

廃車は自動車登録を抹消して手放すこと

廃車とは自動車登録を抹消して車を手放します。これをおこなわないと、車を手放したあとでも自動車税を払わなくてはなりません。

車を手放したいと考えているときは、運輸支局で永久抹消登録手続きをおこなう必要があるということを、忘れないようにしましょう。また、車の保険に入っている場合は保険会社にも解約の手続きをする連絡を入れ、余計な保険料の支払いを防ぎましょう。

スクラップは解体処分すること

スクラップとは、車自体を解体処分することを意味します。専門の業者が車を解体し、壊れていない部品は再度利用したり、使えない部分はプレスして鉄くずとしてまた利用したりしています。ただし、スクラップをしただけでは廃車の手続きはおこなわれないので注意しましょう。

したがって廃車は自動車登録を抹消して手放すこと、スクラップは車を解体することを意味します。スクラップと廃車は全く違うことを指しているので、車を手放すときには気をつけましょう。では、実際に車をスクラップ処分するときの費用や処分の流れについてご紹介していきます。

スクラップ処分に費用はどれぐらいかかるの?

廃車とスクラップは違う意味?車を処分する流れや高く売る方法

実際に車を手放すとなったとき、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。かかる費用はどこに処分を依頼するかによって異なってきます。

ディーラーの場合

ディーラーに処分を依頼した場合は、10,000円~80,000円前後が相場です。レッカー代やスクラップ代、手数料を含めた料金がかかります。

スクラップ工場の場合

スクラップ工場に車の処分を依頼する場合、車を鉄資源として買い取ってもらうことになります。その買取価格の概算は、鉄の相場によって決まります。

自動車に使われている鉄の量は普通自動車ですと0.7トン、軽自動車ですと0.4トン程度といわれています。相場は常に変動していますが、普通車1台で20,000円~30,000円ほどの買取価格になることが多いようです。

ただし、この場合レッカーの手配や廃車登録手続きは自分でおこなう必要があります。また、車の引き取りに関して事務手数料などがかかってしまうこともあります。これによって、結局買取で利益を出すことができないことも多いでしょう。

廃車買取業者の場合

廃車買取業者は廃車を買い取る業者になりますので、基本的に処分費はかかりません。しかし、車を買い取り業者まで運転して行くことができない場合は、レッカーを代がかかります。

まだ、廃車買取業者のほとんどは、見積りや廃車の際に必要な費用を請け負ってくれます。そのため、面倒な手続きをおこなったり、手続き費用を払ったりする必要もありません。

車のスクラップ処分の全体的な流れ

それでは車を実際に手放す際の流れについて紹介していきます。これもスクラップ工場に持って行くのと廃車買取業者に持って行くのでは流れが異なりますので、実際にどのように違うのかそれぞれ説明していきます。

スクラップ工場に持ち込む場合

スクラップ工場に持って行く場合ですと自分で車をスクラップ工場まで持ち込み、解体やパーツの取り外しをしてもらったあとに運輸支局で廃車手続きをおこないます。直接持って行くのでお金になりやすいですが、その分自分でおこなう手続きがたくさんあったり車を持ち込む必要があったりするので気をつけましょう。

運輸支局は役所ですので、休日に手続きをおこなうことはできません。つまり平日の運営支局が開いている時間に手続きをおこなう必要があります。ですので、平日に時間がとれないという方にはスクラップ工場に持ちこむという方法はあまりおすすめしません。

廃車買取業者に依頼する場合

廃車買取業者に依頼する場合は、電話などでまずは連絡して車を引き取ってもらいましょう。買取業者では基本的に廃車の手続きもおこなってくれるため、運輸支局に行く必要がなくなります。また、引き取りや手続き費用が無料のところが多いので余計な費用をかけずに買い取ってくれます。

廃車買取業者に依頼すれば高く売れることもある

廃車買取業者に依頼すれば高く売れることもある

廃車買取業者に依頼した場合にはスクラップ処分やディーラーに持って行くより高く買い取ってもらえるなど、さまざまなメリットがあります。実際にほかにどんなメリットがあるのか、ひとつひとつ紹介していきます。

事故車、不動車などでも高く売れる可能性がある

車が事故車だから、動かない不動車だから、と買い取りを諦めていませんか?廃車買取業者では事故車や不動車も買い取ってもらえます。また、事故車や不動車だけでなく廃車や商業用自動車も買い取ってもらえますのでまずは一度、お問い合わせしてみることをおすすめします。

面倒な廃車手続きをプロに任せられる

自分でスクラップ処分するとなると車をスクラップ工場に持って行ったり、運輸支局にわざわざ手続きしに行ったりなど、さまざまな手続きを自らおこなわなければいけません。しかし廃車買取業者にお任せすれば、手続きも無料でおこなってくれるうえに無料でレッカーによる引き取りもしてくれます。

まとめ

廃車は「自動車登録を抹消すること」、スクラップは「車を解体すること」と、廃車とスクラップでは意味が大きく違ってきます。スクラップ処分をしようとすると、普通車であれば20,000円~30,000円で買い取ってもらえます。しかし、廃車手続きの費用などにより、結局手元に残ったとしても1万円程度になるでしょう。

スクラップ処分は、自分でスクラップ工場に車を持ち込む必要があり、そのあとに自分で書類を集めて運輸支局で廃車手続きをしなければなりません。しかし廃車買取業者ですと、連絡するだけで車を引き取ってくれるうえに、廃車の手続きなども無料でおこなってくれます。

廃車買取業者でしたら高く売れることもあるので、車を処分についてお困りの際はまずはお問い合わせください。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。