お役立ちコラム

愛車が廃車同然?見積もり査定金額を高くするポイント&手続きの流れ

 愛車が廃車同然?見積もり査定金額を高くするポイント&手続きの流れ

廃車をすると考えると、解体費用や運搬費用といった諸費用がかかるイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、廃車になるような自動車でも解体せずに売却できることがあります。売却すれば、解体費用がかかってしまうようなことはありません。

「廃車の見積もりをしたことがないから不安……」「どうしたら少しでも高く買い取ってもらえるのかな?」といった悩みや疑問を解決するために、この記事では廃車を売却するときのポイントをまとめて解説します。さらに、廃車見積もりの流れなどもご紹介しましょう。

廃車の見積もり査定金額はいくらになるの?

廃車の見積もりを依頼する前に、査定金額が大体いくらになるか把握しておくと目安にしやすいでしょう。この章では、廃車の見積もり査定金額についてご紹介します。

ディーラーや車販売店では廃車同然の車の見積もりは0円になることが多い

「以前、ディーラーに持っていったのに、査定金額がつかなかった!」いう方もいるのではないでしょうか。廃車をディーラーや車販売店で買取を依頼すると、「まだ乗れるのに……」という車であっても、査定金額がつかないことがあります。

一度、ディーラーに見積もりを依頼して値段がつかなかった車であっても、買取業者によっては査定額がつくかもしれません。人気のある車種によっては10万円近くまでになることもあります。一度値段がつかなかったからといって諦めず、ほかの業者へ依頼してみるのもいいでしょう。

廃車買取業者なら廃車同然でも高く売れる可能性がある

廃車同然の車でも業者によっては査定金額がつくことがあります。なぜかというと、車は解体後にドアミラーやマフラーなどといった部品を、趣味で車を改造する人や部品交換をする人に向けて売ることができるからです。

ディーラーや車販売店で査定金額がつかないのは、車全体の販売を中心にしているため、全体の状態が良好でなくてはならないためです。たとえば、自走することができないなどの理由で、車として機能しなくなったとしても、部品が破損していなければ業者は利益を得ることができます。

廃車の買取業者であれば、買い取ってもらえる範囲も広いので「こんな廃車も買い取ってもらえるの?」といったものであっても引き取ってもらえることが多いです。廃車買取業者のほかにも、自動車の解体屋や鉄くずを回収している業者、中古車買取専門店などで買い取ってもらえます。

廃車の見積もりで高額査定してもらうポイント

 愛車が廃車同然?見積もり査定金額を高くするポイント&手続きの流れ

見積もりを依頼するときに、3つのポイントを押さえておくと、より高く売れるかもしれません。この章は、廃車の見積もりを少しでも高く売るためのポイントをご紹介しましょう!

レッカー移動を依頼するよりは自分で車を持ち込んだ方が高額査定になりやすい

廃車を売るときに、運転することができない車の場合はレッカー車での移動を依頼する必要があります。レッカー車を依頼することで、自分で持ち込んで査定をしてもらうよりも、人件費などの手数料が発生するため、買取価格が安くなってしまいます。できるだけ持ち込んで依頼すると高く買い取ってもらうコツです。

また、動かなくなった車が直せる範囲であれば、すぐ廃車にせずに一度修理するのもおすすめです。日本製の車は高品質なので海外でも人気があります。見た目が少し悪くても、運転することができるようになるだけでとても需要が高まるのです。

売りにいくなら「5~7月」がおすすめ!

買取りに出すタイミングは、できるだけ売りにいく人が少ないタイミングを狙うのがポイントです。

最も廃車を売る人が多い時期は、毎年3月までの数か月間がピークになります。なぜなら、5月に支払わなければならない自動車税の支払い義務を避けたい人が多いからです。自動車税は4月1日までに自動車を所有していた人に支払い義務があるので、4月に廃車したとしても自動車税を払わなくてはなりません。

ここまで読むと「自動車税を払いたくないため、3月までに売りにいこう!」と思う方も多いでしょう。しかし、ピーク時は売りに来る人も多いため若干査定金額が下がってしまうこともあるので注意が必要です。

5~7月は買取りに出す人がぐんと減るので、売る人が少なくなり高く売れやすいでしょう。

洗車や清掃をしておく&再利用可能な部品を積極的にアピール

いくら廃車だからといっても、綺麗な状態のものは高く売れる傾向にあります。機能面に問題なくても、状態が悪いと買取金額が下がってしまうかもしれません。また、綺麗にしておくことで「持ち主はこの車を大事に使っていたであろう」という印象を与えることができ、より慎重に査定してもらえるでしょう。

また、カーナビやホイールなどは再利用可能であることが多いです。廃車を査定するのは機械ではなく人間の目ですので、再利用ができる部品は自ら査定員にアピールすると査定額が変わるかもしれません。

廃車見積もりの全体的な流れ

スムーズにおこなうため、廃車を売るまでの流れを簡単にチェックしておきましょう。ではさっそく、実際に廃車見積もりの流れについてご紹介します。

1. 廃車見積もりを依頼する

ネットや電話から依頼することが可能です。事前に車種や排気量、状態、メーカー、さらにあらかじめ知っておいてほしいことを伝えておきましょう。

2. 廃車見積もり査定金額が確定する

見積もりを依頼すると状況など考慮して査定金額が確定します。見積もりを承諾すると、買取金額、日程、場所を決める必要があります。電話やメールなどで業者と相談し、都合を合わせましょう。

3. 廃車の引き取り&必要書類を提出する

業者と相談して決めた場所で、廃車を引き取ってもらいましょう。支払い方法は、業者によって異なります。すぐに現金払いされることもあれば、後日銀行にて振り込まれる場合もあります。また、このとき事前に指定された必要書類を提出します。

4. 完了証明書を受け取る

廃車が完了したら、「完了証明書」を受け取りましょう。廃車買取業者から郵送で送られてくるので、到着を待ちます。届いたら廃車手続きの完了です。廃車されているかどうかは「自動車リサイクルシステム」のサイト内でチェックすることができます。

廃車買取業者に無料査定を依頼しよう!

 愛車が廃車同然?見積もり査定金額を高くするポイント&手続きの流れ

廃車の見積もりは、良心的に査定してもらいやすい廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。業者によっては査定やレッカー代、手続き代行費用、通話料などの諸費用を無料で提供しているところもあるのでチェックしておくといいでしょう。

買取業者によって条件は少しずつ違うので、廃車について不安なことがあれば業者に相談してみるのもよいです。

まとめ

これまで、廃車見積もりの流れや査定金額などについてご紹介してきました。

廃車の買取りをしてもらうのであれば、ディーラーや車販売店よりも廃車買取業者に依頼すると高く買い取ってもらいやすいです。また、査定に出す前に洗車や清掃をおこなっておくとさらに高値がつきやすくなりますよ。

廃車買取業者といってもそれぞれ特徴などが違うので、自分の条件にあった業者選びをする必要があります。そのためには複数の業者に依頼する「相見積もり」がおすすめです。相見積もりをすることによってどこの業者が一番高く売れるかどうかすぐに判断することができます。

ポイントをつかんで、廃車を少しでも高く売りましょう!

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。