お役立ちコラム

放置車両を撤去したい…廃車にするために必要となる手続きについて

 放置車両を撤去したい…廃車にするために必要となる手続きについて

 

自分の土地や駐車場などにいつまでも存在する放置車両ってありますよね。そのまま駐車されていても邪魔になるため、迷惑に思っている方も多いでしょう。しかし、そんな放置車両を処理するためにはひとつひとつ手順を踏んでいく必要があり面倒です。

 

そこで今回は、放置車両を撤去するための手順や、費用がかかってくる場合の相場などをご説明していきます。これを読んで、迷惑な放置車両の問題を解決するための参考にしてみてください。

 

 

放置車両を廃車にするための手順

自分の土地や駐車場に放置されている車両をいきなり処分してしまうと、その車の持ち主に訴えられてしまう可能性があります。そのため、どれだけ迷惑でも正式な手順で処理をおこなう必要があります。

 

車の所有者を調べる

まずは、管轄区域の警察に放置車両の所有者を調べてもらいましょう。警察は犯罪とは関係ない個人同士のトラブルに介入できないという決まりがあります。そのため放置車両の撤去をしてもらうことはできません。ですが、その放置車両が犯罪と関係する場合は保管するために移動してくれるかもしれません。

 

また、犯罪には無関係でも所有者に連絡してもらうことで、所有者が車を引き取りにきて解決することもあります。

 

撤去の要請をおくる

もしも車の所有者が引き取りしない場合は、内容証明郵便というものを使って、もう1度車の撤去を要求します。内容証明郵便とは法的な証拠力を持った郵便で、誰が誰に、いつ、どんな内容の手紙を出したのか、郵便局が公的に証明してくれます。

 

相手の住所がわからない場合は、管轄区域の陸運局に、ナンバープレートの登録番号と車台番号を伝えると、住所などが記された書類を手に入れることができます。

 

ナンバープレートの登録番号は、ナンバープレートに記載されている地名やひらがな、番号のことです。車台番号は、車1台ずつに設定してある番号になります。車台番号は車種によって刻印されている位置が違うため発見するのが難しいですが、その車の車検証などにも明記されています。

 

軽自動車の場合は、住所などが記載されている証明書の制度がありません。なので、軽自動車協会にゆき、情報開示の申請をおこなう必要があります。

 

司法判断をおこなう

住所を調べ、その住所に内相証明郵便での再度の放置車両引き取りの要求に応じない場合は、簡易裁判所で訴訟を起こしましょう。その結果勝訴を取得すれば車の競売手続きを裁判所に申し立てましょう。そして自分でその車を落札します。そうすることで、その車は自分のものになるので撤去することが可能となります。

 

放置車両を廃車にする場合は費用もかかってきます

放置車両を廃車にする場合は費用もかかってきます

 

実際に放置車両を廃車にする場合は、当然費用もかかってきます。では、いったいどの程度の費用が必要になるのでしょう?

 

費用の相場はどれくらい?

放置車両を廃車にする場合にかかる費用は、条件などにもよりますが大体の相場は1万円から2万円ほどのようです。ただし、鍵がなかったり、車内がゴミだらけやタイヤの空気が抜けているなど、車の状態が悪い場合は、その分だけ料金が高くなることもあります。

 

さらに、古い車種だとリサイクル料金が未払いのケースもあり、軽自動車で数千円、普通乗用車で数万円、外国車だと少し上乗せされ、費用に加算されてしまいます。

 

裁判を起こしたら、費用はもっと高額に

撤去そのものの費用もかかりますが、裁判を起こした場合は、さらに高額な費用が必要になります。たとえば弁護士に依頼した場合だと、高い依頼料が必要です。自分の手ですべての手続きをした場合でも数万円ほどの費用は必要になります。

 

放置車両の所有者に無断駐車の損害賠償を請求することもできますが、廃車するための費用が払えないから放置したという可能性もあります。その場合、賠償金の回収は難しいと考えられます。

 

そして裁判は、長期化すればするほど金銭的な負担が大きくなってきてしまいます。

 

放置車両を廃車として引き取ってもらうことは可能?

 

放置車両を廃車として勝手に引き取ってもらうことは、違法行為になってしまいます。放置車両とはいえ、車の廃車手続きなどはすべて、その車の所有者がおこなわなければいけないからです。

 

ですが、最近では無料で車両を引き取ってくれる廃車専門の買取業者なども存在します。放置車両の所有者はそういった情報を知らない可能性もあります。そのため、もしも所在が判明し連絡することができるのであれば、こういった業者を教えてみることをおすすめします。

 

高く引き取ってくれそうな業者を探そう

高く引き取ってくれそうな業者を探そう

 

放置車両を買い取ってもらう場合、当然高く引き取ってくれそうな業者に依頼したいですよね。しかしどうやって、高く引き取ってくれそうな業者を見つければよいのでしょうか?

 

まずは複数の業者から見積りをとろう

買取業者に依頼する場合、まずは複数の業者から見積りをとることをおすすめします。複数の業者からも見積りをとることで、それらの内容を比較することができ、どの業者が一番高く買い取ってくれそうかを判断することができます。

 

また、見積り書の内容をよく確認することも重要です。見積り内容が不透明な場合は、想定外の費用を請求されるという可能性もあります。そんなことにならないように、見積り書の内容について不明瞭な部分があれば、業者に質問するようにしてください。

 

もしも、返答内容がおかしいと感じた場合は、その業者は怪しいかもしれません。

 

条件によっては高価買取してくれることも

廃車買取はその車の車種や状態などの条件次第によっては、意外なほど高額な価格で買取してくれる可能性もあります。そのため、悲観せずに査定をしてもらいましょう。思わぬ高額査定で驚くことになるかもしれません。

 

まとめ

ここまで放置車両に対する対処方法について説明してきましたが、いかがでしたか?放置車両は放置されているとはいえ法的には所有者が存在しています。そのため、勝手に廃車処分するわけにはいけません。

 

そのため、持ち主の調査から始め、その持ち主に撤去の要請をおくり、それでも撤去に応じてくれない場合は裁判所に訴訟を起こす必要が出てきます。そこで勝訴すれば、車両の競売手続きを申請することができ、それを自分で落札することで廃車の手続きをおこなうことができるようになります。

 

しかし、裁判は精神的にも金銭的にも非常に大きな負担がかかります。そのため。放置車両を撤去するために、多額の費用を消費することになってしまいます。他人が放置していった車両を処分するために自分が大きな負担をしいられるのは面白くありません。

 

しかし現在では、廃車を無料で引き取ってくれる買取業者なども存在しています。そのため、もしも、放置車両の所有者に連絡が付くのならば、そういった買取業者のことを教えてあげることで、放置車両に対して対応してくれる可能性が高くなります。

 

放置車両の対処は非常に面倒です。そのため、放置が長期化しないうちに、所有者の所在を調べて、引き取りをおこなってもらえるように対処しましょう。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。