お役立ちコラム

車を手放すとどうなるの?損得は手放すタイミングや売り先で決まる!

車を手放すとどうなるの?損得は手放すタイミングや売り先で決まる!

 

自分の愛車を手放そうか考えると、いろいろな不安があると思います。

「車を手放したらどんな生活に変わるのか」

「車を手放すことで困ることはないのか」

なんて想像しますよね。

 

車を手放すということは、今までの「クルマがある生活」から「クルマがない生活」に変わるということです。一見するとクルマがない生活は不便に思われるかもしれませんが、実際はそう悪いことばかりでもありません。

 

クルマがない生活に変わる一番大きい変化は、車を所有することによるコスト(お金)が節約できることでしょう。

 

東京都武蔵野市の調査では、2000年以降、車の所有率はどんどん減少し、人口に対する乗車数が2000年は22.7%であったのに対し、2016年では17.4%となっています。車を手放すことへのメリットを、多くの人が感じつつあるようです。

 

しかし、手放すのであれば、一番お得な方法で手放したいですよね。今回は、車を手放すとどんなメリット/デメリットがあるのか、具体的にどんな方法で手放せば一番お得なのかをお伝えします。

 

これを読むことで、あなたは車を手放すかどうかを決められ、もし手放すとしたらどのような方法で手放せば一番お得かを知ることができます。車を手放してお金が増えたら、その分を好きなことに使うというのも想像が膨らみますよね。

 

 

車を手放すとこんなメリットがある

車を手放すことで、どんなよいことがあるのでしょうか。大きなところでは「お金」に絡むところですが、お金以外にもよいことがあります。

 

車の維持費を節約できる

車の維持費は、年間いくらくらいかかるかご存知ですか?車種や乗車する頻度・距離によって変わってきますが、例えば維持費が安いとされているコンパクトカーでかつディーゼル車でも、年間20万円以上かかると言われています。

 

車を手放すことで年間20万円以上も節約することができるのです。「20万円あったらなにができるかな…」と想像してみてください。夢がありますよね。

 

健康的な生活スタイルに変わる

車を所有しないことで、必然的に「歩く」ことが多くなります。車を所有していたころは、歩くことを避けてきたかもしれません。車を所有しなくなることによって、自然と歩くことが多くなり、結果的に運動不足が解消され、健康的な生活へと変えることができます。

 

交通事故を起こす心配がなくなる

車を運転しているときは、常に「交通事故を起こすかも」という可能性と隣り合わせです。しかし、車を運転しない生活に変化することで、少なくとも「車で交通事故を起こす」という可能性はゼロになります。

 

実際に車を手放すと感じるデメリットは?

実際に車を手放すと感じるデメリットは?

 

それでは、車を手放すことによるデメリットは何でしょうか。それは、「車で荷物や人を運ぶことができなる」ということです。

 

今までは買い物で買ったものを車で家まで運んだり、どこかに行くのに車を使っていたかもしれませんが、車を手放すとそれができなくなります。

 

しかし本当に車が必要なときは、タクシーやレンタカーを利用するという代替手段を利用することも可能です。

 

車を手放す最適なタイミングと方法

車を手放すことに最適なタイミングというものが存在します。その最適なタイミングで手放すことで、お得に手放すことできます。

 

最適なのは車検や税金支払い前

今まで当たり前のように支払ってきた車検代や自動車税。車検で5~10万円、自動車税は一番安い軽自動車でも1万円以上。安いものではありませんよね。せっかく車を手放すなら、そういった支払いをする直前が、お得に手放すことができる時期と言えます。

 

知ってる?車が高く売れる時期 

車が高く売れる時期に手放すことで、その他の時期と比較して高く買い取ってもらいやすくなります。車が高く売れるのは、9~10月と、1~3月です。特に1~2月は1年の中でも一番車が高く売れる時期です。せっかく車を売るなら、少しでも高く売れる時期を見定めて売りましょう。

 

車を手放す方法3つ

車を手放すと一言で言っても、方法は次の3つがあります。

あなたの車の状態に合わせて決めましょう。

 

1.譲る

友人や知人に自分の車を譲ることで、譲る際の価格はお互いに納得のいく価格にすることができます。

 

一見すると、他の方法に比べると手軽に行えそうですが、「各種手続きを自分たちで行う」「譲った後、車に何らかの問題が発生した場合、あなたの信用問題にかかわってくる」など、自己責任で行う必要があります。

車を知人に譲る際は話し合いの場を多く設け慎重に行い、お互いに気持ちよく譲りましょう。

 

2.売る

おそらく、この「売る」という方法が一番一般的なのではないでしょうか。

この場合の売り先は「ディーラー」「中古車販売店」「廃車買取業者」のいずれかとなります。いずれに売る場合も査定をしてもらい、その査定額に納得がいけば売却という流れになります。

 

3.廃車にする

もしあなたの車が、知り合いに譲れる状態ではなく、かつ廃車買取業者からも値段を付けてもらえない程古かったり、大きな傷やへこみがあった場合は、廃車にするという選択になります。

 

この場合、車を売ってお金を手に入れることはできませんが、今後の車の維持費を削減できるといったメリットは手に入れられるでしょう。

 

 

車を手放すときに損をしない方法!

車を手放すときは、決められた手順で漏れなく手続きをしないといけません。そうしないと、車を所有しなくなったのに車を所有したままの扱いになったり、本来必要ない支払いをしなくてはいけないといった「損」をしてしまいます。

そのようなことがないように、必要な手続きを知って損をしないように手放しましょう。

 

まずは必要な手続きを知ろう

車を手放す際に必要な書類は以下の通りです。普通車か軽自動車か、また解体をするかどうかで必要な書類は変わってきます。

 

【普通車(登録自動車)】

・実印

・印鑑証明

・車検証

・ナンバープレート

・申請書

・手数料納付書

 

【軽自動車(届け出車】

・実印(認印でも可)

・車検証

・ナンバープレート

・軽自動車税申告書

 

これらの書類を持って、陸運局に出向いて車のナンバーを返却します。もし解体する場合は、これらに加えて以下の書類を準備してから解体するための届出をしましょう。

 

 

【解体をする場合(廃車にする場合)】

・リサイクル番号

・解体届書

・一時抹消登録証明書(軽自動車の場合不要)

・委任状(軽自動車の場合不要)

・住民票(軽自動車の場合不要)

・手数料納付書(軽自動車の場合不要)

 

これらの書類を持って解体屋に車を運びましょう。しかし、この時点で既に陸運局でナンバーを返却しているので、そのまま解体屋に自走することはできません。自走させて解体屋に向かうときは警察署へ出向き、臨時のナンバーを発行してもらいましょう。

 

このように自分で手続きをすると必要な書類が多かったり、わざわざ陸運局などに出向くことが面倒と感じる方も多いと思います。

 

そこで、オススメなのが、「廃車買取業者に売却する方法」です。廃車買取業者に車を売却すると、上記の手続きをあなたの代わりに業者が行ってくれます。あなたは業者に指示された書類(ほとんどは既に手元にあるもの)を揃えるだけで済むので、大変ラクです。

 

 

売る場合に損しないコツ

車の売り先としては「ディーラー」「中古車販売店」「廃車買取業者」の3つがあるとお伝えしましたが、この中で一番お得に手放すことはできるのは「廃車買取業者に売る」という方法です。

 

ではなぜディーラーや中古車販店に売ることはお得ではないのでしょうか。それは、ディーラーや中古車販売店では査定の際に満足のいく値段を付けてもらえることが少ないからです。また、ディーラーの場合は新車を購入する際の「下取り」という位置づけですので、新車を購入することが前提となってきます。

 

残るは廃車買取業者に売る方法ですが、この一番のメリットは以下の3つです。

 

もしあなたが車への深い知識を持っていなかったり、少しでも高く買い取って欲しいのであれば、廃車買取業者を利用することが、お得に車を手放す一つの方法と言えるでしょう。

 

高く買ってもらい面倒な手続きも任せる方法

廃車買取業者に車を買い取ってもらうことが一番お得であるとお伝えしました。廃車買取業者に車を買い取ってもらうことのメリットは以下の3点です。

 

1.全体的にオンボロな車であっても、部品ごとに価値を付けて買い取ってくれるため、査定の際に高値を付けてもらいやすい

 

2.ほとんどの手続きを廃車買取業者が代行してもらえるので、売り手であるあなたへの負担が少ない

 

3.査定や受け渡しの際に、あなたの自宅に業者が訪れてくれるためラクである

 

それでは、廃車買取業者にどのように車を売ればよいのでしょうか。

廃車買取業者と一言で言っても、この世には多くの業者が存在し、どの業者が高値を付けてくれるかは、査定してもらわないとわかりません。

 

一つ一つ査定を依頼してもいいのですが、せっかくなら効率的に査定してもらうために、インターネット上の廃車買取業者の比較サイトを確認し、査定してもらいたい業者を選ぶことをオススメします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。車を手放すメリットや、お得に手放す方法は伝わったでしょうか。もしあなたが車を手放すと決めた場合、売り先である廃車買取業者は数多くあります。インターネット上で比較検討し、納得のいく業者を選び、気持ちよくあなたの愛車を手放していただきたいと思います。

お役立ちコラム

廃車引取についてのお役立ちコラム

廃車引取手続き君をご利用いただいたお客様の声一覧へ

30代 男性
奈良県 30代 男性
免許をとって以降、あまり車に乗らなかったのですが、久しぶりに運転した際に事故を起こしてしまいました。不慣れで運転した自分も悪いのですが、廃車寸前となってしまった…
20代 女性
鹿児島県 20代 女性
私は免許をとってからずっと無事故無違反できていたのですが、先日ついに事故をしてしまいました。死角からでてきた車に気づかずに、交差点でぶつかってしまいました。 幸…
40代 女性
大分県 40代 女性
先日の豪雨で車が水没してしまいました。テレビの天気のニュースで水没してしまった車の映像を見かけますが、まさか自分の愛車がそんな目に遭うなんてショックでした。いつ…
40代 男性
秋田県 40代 男性
長年大切に乗り続けた愛車がついに寿命を迎えてしまいました。不具合は数年前からあったのですが、それでも愛着があり、走っていたので気に入って乗り続けていました。 そ…

よくあるご質問一覧へ

廃車引取についてのお役立ちコラム一覧へ

廃車をお考えのお客様に役立つコラムを配信していきます。廃車についての情報・知識はこちらからご覧ください。